Web集客の方法とメリット・デメリットとは?【向き不向きについても解説します】

集客には主にオンラインでい行うものとオフラインで行うものがあります。

一口に集客といってもさまざまな集客方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

現代では若い世代から年配の方に至るまで、実に多くの人がインターネットを利用しておりスマホの世帯保有率は75%にもなりました。

そんな中で、Webマーケティングは大きな影響力を持ち、ビジネスを大幅に左右するものになりましたね。

今回は、多様化するWeb集客の種類や方法、とメリット・デメリットをご紹介します。

どうすれば効率的に集客ができるのか、またどの広告を活用すればいいのか迷っているという方は是非参考にしてください。

 

 

Web集客とは?

Web集客とはWebサイトを活用してユーザーを集める集客の方法の事を指し、Webマーケティングと呼ばれる事もあります。

現代ではインターネットを利用する人が増えたので、大手SNSや検索サイトを利用しECサイトへ流す方法が非常に有効になっています。

これによりサイトへの流入率が増加し、結果としてサイトの認知度がアップしたりサービスや商品が広まりやすくなる効果が見込めます。

また、Web集客は低予算でターゲットを絞った広告配信が可能となるので、非常に効率が良く効果的なマーケティングを行う事が出来ると言えますね。

 

Web集客のメリット

Web集客のメリットはなんといても、的確なデータが取得できターゲットを絞り込んだ効率的な集客が行える点にあるでしょう。

その他にも、いくつかのメリットがあるのでご紹介します。

 

  • 無料のサービスを利用すればコストを抑えられる
  • 即効性や双方向性があり他の媒体とは違ったアプローチが可能
  • 膨大な人数のユーザーに一気に広告を流せる
  • 情報の価値が高まれば、コンテンツを有料化するなどして資産にできる
  • ユーザーの詳細が測定できるので嗜好や興味に合せた広告を配信できる

 

詳細が測定できるというのは具体的にどのような情報が取得できるかというと、誰がいつどんな事に興味を持ってサイトを訪れたのかというデータが取得できます。

Web集客以外では、実際にお客さんに尋ねたりアンケートを取らないと情報を取得できません。

データとして残したり集計を取る事が出来るのはWeb集客の強みですね。

 

Web集客のデメリット

一見メリットしかないように見えるWeb集客ですが、デメリットもあります。

Web集客を始める前にまずデメリットを知っておき、対策をとるようにしましょう。

 

  • 利用者が多い=ライバルも多い
  • 検索エンジンを駆使して集客を行うまでには専門的な知識が必要
  • 集客したあとのユーザーフォローに手間と時間がかかる

 

Web集客のデメリットはこのように、しっかりと集客できるようになるまでには勉強が必要になる事、時間がかかる事、手間がかかる事などが挙げられます。

ただし、逆に言えば時間や手間をかければデメリットはなくなりますから、非常に効率的な集客方法であるのは間違いありません。

現代はインターネット世代ですから、Web集客を行って集客しないのは損だと言えるでしょう。

 

Web集客に向いている商品やサービス

どの商品やサービスをWeb集客しても構いませんが、Web集客向けの商品やサービスというものがあるので解説しておきます。

Web集客で最も効果を発揮すると言われている広告は、人の悩みに直結する商品やサービスであり、特に人に言えないような悩みに関連する商品やサービスの集客は非常に効果的です。

このような商品やサービスはネットで購入する人が多いので、成約率が高くWeb集客及び販売に非常に向いていると言えるでしょう。

例えば、体臭や口臭、ウィッグやワキガといった悩みは簡単に周りに相談できるものでもありませんし、ドラックストアなどで購入するのも恥ずかしいという方が大半です。

 

逆に、Web集客に向いていない商品やサービスを考えてみましょう。

例えば、中学生向けの塾やクリーニングの広告をWeb配信したとして集客できそうでしょうか。

こういったものはまず、自分の家の近くなど身近なお店を探すので、Web集客を行っても集客が上手くいかない可能性が高いです。

 

世の中の人が何をインターネットで調べるか、どんな場所でどんなWeb広告を見たら興味を持つのか、考えてみれば分かるでしょう。

Webで検索される商品やサービス=売りやすい、また、その逆は売れにくいという事ですね。

 

Web集客の方法

Web集客の方法は大きく分けて以下の3つに分類することが出来ます。

  1. オウンドメディアによるWeb集客
  2. アーンドメディアによるWeb集客
  3. ペイドメディアによるWeb集客

なお、これらの3つはトリプルメディアと呼ばれており、効果的に活用する事でWeb集客での大きな相乗効果が期待できます。

それぞれのWeb集客の方法について詳しく見ていきましょう。

 

オウンドメディアによるWeb集客

オウンドメディアとは、自社で所有するサイトやブログなどのデジタル媒体や、カタログや会社案内などの紙媒体などを指します。

例えば、サイトやブログなどのメディアを活用したWeb集客の方法では、なるべく自社の宣伝要素を表に出さないという特徴があります。

また、特定のテーマに対して情報がまとめられており、「お問い合わせ」などといった形で集客につなげている場合が多いです。

 

また、メールDMを利用して法人企業宛てにEメールを配信する事で、効率的に営業を行う方法もあります。

輸送コストをかけずに自社の宣伝が出来るのは非常に大きな魅力でしょう。

 

報道機関に向けた情報提供や告知、発表などを行うプレリリースと呼ばれる手法は、有名な媒体に取り上げられることで一気に拡散する事が出来ます。

自社サイトを使えば無料で記載することができ、一度注目されれば大きな広告効果をもたらします。

注目を浴びるまでにはそれなりの工夫や時間がかかりますが、お金をかけずに配信できるのは大きなメリットですね。

 

アーンドメディアによるWeb集客

アーンドメディアとは、TwitterやInstagram、Facebookといった拡散型のメディアの事を指します。

これらのSNSを活用すれば無料で集客が行えると同時に、ユーザーの嗜好に合わせた配信が行えるので非常に有効的です。

Amebaブログやライブドアブログ、はてなブログなど、無料のブログサービスを活用して集客をしたり、最近ではSNSを活用した集客が非常に多くなっていますね。

 

特にTwitterには「リツイート」の機能がありますから、一度爆発的にリツイートされれば一気に何万人に宣伝することが出来ます。

写真や文字、動画を不特定多数の人に同時に配信できるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

このように無料で使えるサービスを駆使するだけでも、十分な宣伝効果をもたらすことが出来る時代です。

日本のSNS利用者数は人口一億人中の七千万人にも上りますから、その影響力は絶大です。

 

ペイドメディアによるWeb集客

ペイドメディアとは、Web広告や雑誌広告、CM広告などお金をかけて消費者に製品やサービスを認知させる目的のメディアを指します。

例えば検索エンジン連動型広告(リスティング広告)による集客方法は、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンに登録されたキーワードが検索されると、その検索結果と関連のある広告が表示される仕組みです。

ユーザーが興味のある事や商品に対して検索している際に効果的な広告を表示できるので、成約率の高いユーザーを獲得する事が可能になります。

また、地域も細かく設定できるので、自分が表示したい地域に限定して広告を表示させることもできます。

 

アフィリエイトによる広告の集客方法では、商品やサービスをサイトやブログで紹介し、興味をもったユーザーが広告をクリックする事で掲載先のWebページを表示させることが出来ます。

アフィリエイターと広告主が連携して記載される広告であるため、アフィリエイト広告と呼ばれており、一般的に成果に応じて報酬が支払われる成果報酬型の課金形態になっています。

アフィリエイターの書いた記事と関連する広告が掲載されるので、成約率の高いユーザーを商品ページやサービスのページに誘導できます。

 

その他、複数の広告媒体(ホームページやSNS、ブログ等)を集めて広告配信ネットワークを作り、それらの媒体に広告をまとめて配信するアドネットワークによる集客方法や、

インターネット上の情報を収集しまとめたサイトをキュレーションサイトと呼び、キュレーションサイト内の投稿記事と同じ形式で掲載するキュレーション広告

YouTubeなどの動画サイト内で表示されるTrueView広告、Yahoo!JAPANなど特定のサイトだけに記載する純広告による集客など、ペイドメディアによるWeb集客の方法は多岐にわたります。

 

Web集客はどこで学べる?

Web集客で早く効果を出したい、今すぐ集客したい、という場合はWeb集客コンサルタントに相談するのが一番手っ取り早いです。

ただし、Web集客は難しいとはいえ自分で勉強したり学んでいく上で確実に知識はついていきますから、まずは自分で挑戦してみても良いでしょう。

 

Web集客について自分で勉強したいという方は、以下の三つの方法がおすすめです。

  1. セミナーを受ける
  2. 本を読む
  3. オンラインサロンで学習する

 

セミナーを受ける

Web集客はセミナーを受けのが一般的だと思われがちですが、実はセミナーでは基礎的な部分しか話していません。

Web集客についてセミナーを受けるメリットは、モチベーションアップや情報の仕入れ、学習の時間を強制的に作る点にあるでしょう。

Web集客の学習は、セミナーを受けるよりもまず本やサイトで勉強したほうが効率的です。

本を読む

Web集客はまずは本で学習するのがおすすめですが、中には情報が古くなっている本もあるので注意しましょう。

中にはプロモーション目的として自費出版した本がありますが、そういった本の内容は薄いので気を付けましょう。

大体2000円以上の本であれば、Web集客についてそれなりの価値のある情報を手に入れられるでしょう。

オンラインサロンで学習する

オンラインサロンでWeb集客の学習をすれば、移動時間にも知識をつける事が出来ますね。

オンラインサロンのメリットはリアルタイムで情報を受け取る事が出来る事でしょう。

ただし、誰の講座を受講するかという点は大きいです。

 

最後に

Web集客の方法とメリット・デメリットとは?について、また、Web集客の向き不向きや学習の仕方について解説しました。

Web集客には実に色々な方法があり、それぞれ効果やメリットが違います。

商品やサービス、主要媒体などにあわせて広告を使い分けるようにすると良いでしょう。

 

また、1つの集客方法に固執するのではなく、色々な方法を試してみて効果のある集客方法を探すのがおすすめです。

効果的にWeb集客を行う事が出来れば、売上も確実にアップするでしょう。

 

 

 

関連記事

  1. 楽天で効果的なSEO対策と検索上位表示のための3つの施策

  2. Web集客の種類と優先順位【効果が高いのはどれ?いち早く成果を出すには…

  3. コンバージョン率(CVR)を上げる方法【考え方や対策を解説します】

  4. ネットショップで重要なSEO対策のポイント【メリットデメリットも解説し…

  5. 令和の時代を生き抜くD2Cマーケティングの手法について解説

  6. ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選【在庫管理のポイントも解…

  7. Yahoo!ショッピングの在庫管理システム11選【徹底比較】

  8. ブランディングの意味と効果的な方法【成功事例から学ぶブランディング】

PAGE TOP