Googleサジェストで表示されるキーワードを操作することはできる?

Googleサジェストのキーワード候補は、Googleが作ったアルゴリズムをもとに自動で表示されています。

Googleサジェストで表示されるキーワードをもとに、検索窓から検索をする人が多いため、そのGoogleサジェストキーワードを意図的に操作して表示させたいと考える方も多いかもしれません。

もしもGoogleのサジェストが操作可能なのであれば、自社のサービスの名前をサジェストキーワード候補に含めて検索ボリューム数を増やし、集客を加速させることもできそうですね。

また、あまり印象の良くないサジェストキーワード候補を意図的に削除したり変更することもできることになります。

 

実際のところ、Googleサジェストは操作可能なのでしょうか。

 

Googleサジェストで表示されるキーワードを操作することが可能なのか?

Googleサジェストで表示されるキーワードを操作することは、かなり難しいとされています。

どういった仕組みでGoogleサジェストのキーワード候補が決定されているのか、そういったGoogleサジェストの仕組みをある程度理解すると、Googleサジェストを操作することが難しいことがわかるかと思います。

Googleサジェストの仕組み

Googleサジェストの仕組みについてですが、基本的に以下の条件でサジェストに表示されるキーワードが決まるとされています。

  • 過去の検索回数の多いキーワード
  • 関連記事に含まれるキーワード
  • 話題やトレンドのキーワード
  • 検索者の1人1人に最適化されたキーワード

過去の検索回数の多いキーワード

検索ユーザーに実際に検索されている回数の多いキーワードが、Googleサジェストのキーワード候補に表示されます。

数ヶ月単位で、長期間に渡って検索ニーズがあるキーワード候補がピックアップされる傾向があります。

関連記事に含まれるキーワード

特定のキーワードに関連する言葉を含む記事やWebサイトの数が多いキーワード候補が、Googleのサジェストキーワード候補に表示されます。

逆に関連する記事が少ないキーワードについては、Googleのサジェストキーワード候補には表示されずらいです。

話題やトレンドのキーワード

長期間に渡って検索されているキーワードが、基本的にはGoogleサジェストのキーワード候補に選ばれることになります。

それとは別に、最近話題になったことに関するキーワードについても、Googleサジェストのキーワード候補に選ばれることがあります。

なぜかというと、そういうニュースの情報を検索者は求めることが多いからです。

SEO対策の本質なことを理解されている方であれば、Googleの気持ちを読み取りサジェストの仕組みを自ら推測することもできるでしょう。

検索者の1人1人に最適化されたキーワード

Googleサジェストに表示されるキーワードは、検索ユーザー1人1人によっても表示されるキーワード候補がかわります。

基本的に検索回数が多いキーワードがGoogleのサジェストキーワード候補に表示されますが、検索ユーザーの住んでいる地域や性別などの様々な個人情報によっても結果が変わるため、Googleのサジェストキーワード候補を意図的に操作することは難しいと考えられています。

 

では、意図しないとGoogleサジェストキーワードが表示される場合にそのキーワードを削除することはできないか?というと、けしてそういうわけではありません。

意図的に操作することは難しいですが、なるべく表示させないように対策することは可能だといえるでしょう。

Googleサジェストのキーワードで嫌な思いをしたことがある方も多いかと思います。

そういった方向けに、サジェスト汚染についてのノウハウや削除する方法についても以下に解説していきたいと思います。

Googleのサジェスト汚染とは何か

Googleのサジェスト汚染とは、Google検索のキーワード候補にネガティブなキーワードや評判が悪い印象がもたれるキーワードがGoogleの検索窓の下の関連候補に出ることを指しします。

名前などのキーワードを検索窓に入力したときに、「●● 詐欺師」といったような悪い印象を与えるネガティブなサジェストキーワードが表示されていると、「この人は過去に詐欺をしたのかな。信用できない人なのかな。」という印象をいだきますよね。

個人名だけでなく企業名で検索窓に入力したときに「●● ブラック企業」などのワードがサジェストに表示されていると、就職希望の人がそのサジェストをみただけで「この会社には就職したくないか。ブラック企業なのかな?」と考えてしまうデメリットがあります。

こういった、検索窓にキーワードを入力したときに印象を悪くするようなネガティブなキーワードをサジェスト欄に表示されてしまう現象の事を、「ネガティブワード=汚れ」と置き換えて「サジェスト汚染」と呼びます。

Googleのサジェストの仕組みを逆手にとって、意図的にサジェスト汚染を発生させる悪い人もこの世界にはたくさんいます。

 

誠実な個人や企業がそういった悪人に狙われて、もしもサジェスト汚染の被害あってしまった場合は、どういった対策をすればいいのでしょうか。

グーグルサジェストキーワードは操作することは難しいですが、ちゃんとした方法で対策することで削除することならできます。

Googleサジェストで表示されるキーワードを削除する方法

Googleサジェストで表示されるキーワードを削除する方法には、以下のような方法があります。

  • Googleに削除依頼を申請する
  • サジェスト削除に対応するSEO業者に依頼する
  • ポジティブワードを表示させる
  • 弁護士事務所に相談する

Googleに削除依頼を申請する

Googleサジェストで表示されるキーワードを削除する方法で、1番わかりやすいのがGoogleに削除依頼を申請する方法です。

注意点ですが、Googleに申請をすれば必ずGoogleサジェストキーワードを削除してくれるわけではありません。

Googleは「オートコンプリートポリシー」に違反しているサジェストワードに対しては削除対応してくれますが、それ以外は基本的に対応不可となります。

オートコンプリートポリシーの内容は以下の通りです。

露骨な性表現を含む検索候補
Google では、露骨な性表現や下品な描写を含む検索候補を削除します。ポルノ用語またはポルノに密接に関連する用語は、検索候補から排除されます。ただし性教育に関連する場合など、人体構造に関する医学用語または科学用語を含む検索候補は認められています。

集団および個人に対する差別的な検索候補
Google では、人種、民族、宗教、障害、性、年齢、国籍、従軍経験、性的指向または性同一性に基づいて個人や集団を中傷する、または侮辱する表現を含む検索候補を排除します。

暴力的な検索候補
Google では、あからさまな暴力描写を含む検索候補や、一般的に暴力を助長するような検索候補を排除します。

危険かつ有害な行為を助長する検索候補
Google では、現実的に危害をもたらす恐れのある危険な行為、または犯罪行為を奨励する検索候補を排除します。

参考:Google検索ヘルプ「オートコンプリート ポリシー

 

Googleサジェストキーワードを削除申請する際には、知らないと危険な注意点があります。

それは、基本的に何度も申請することができないという点です。

Googleサジェストキーワードを削除申請は最初の1回目でとても重要となります。

※何回も削除申請をGoogleにしてしまうと、Googleからは「既に一度回答しております」と返信が来るようになります。

Googleサジェストキーワードを削除申請はそこまで難しくないので専門家にお願いしなくてもできますが、確実に削除したい場合は弁護士に依頼した上で削除申請してもらうとより安全かもしれません。

最近は無料で弁護士に相談できるサービスも増えているので、その無料相談を利用してGoogleサジェストキーワードを削除可能かどうかを事前に確認してみることをおすすめします。

 

サジェスト削除に対応するSEO業者に依頼する

サジェスト削除に対応するSEO業者に、サジェストの操作を依頼する方法もあります。

ただ、冒頭でもお伝えした通りGoogleサジェストを操作することは難しいので、基本的にはGoogleサジェストの仕組みに沿って時間をかけて対策していく流れになるパターンが多いです。

時間だけでなく業者に依頼するコストもかかるため、また業者によってはまったく効果がでなかったり逆に悪影響を及ぼす可能性もあるので業者選びには注意が必要です。

ホワイトハットSEOを推奨するちゃんとしたSEO対策業者であればほとんど問題ないと思いますが、ラックハットSEOを推奨しているような悪質な業者に依頼すると後で後悔することなるのでお気をつけください。

ポジティブワードを表示させる

Googleサジェストで表示されるキーワードを削除する方法の中で、この「ポジティブワードを表示させる」という対策が1番おすすめの方法です。

ただしまずは自社でSEO対策を理解していないとこの対策はできないので、難易度が高いとデメリットがあるのも事実です。

Googleサジェストキーワードを削除したい、もとになっているキーワードをタイトルにいれて記事を書いたり、ポジティブな紹介をしてもらえるようなキャンペーンを実施したりして別のことで話題にすることで自動的にサジェストは更新されていきます。

手間も時間もかかりますが、SEO対策のノウハウを理解している方であればコストをおさえながらGoogleサジェストで表示されるキーワードを削除することが可能です。

弁護士事務所に相談する

悪影響を及ぼすサジェスト汚染の被害あい、どうしてもGoogleサジェストで表示されるキーワードを削除したい場合は弁護士事務所に相談しましょう。

ただ、明らかに権利を侵害に限られてしまうため、料金を支払う前にまずは無料相談などを受けることをおすすめします。

弁護士事務所に依頼すれば非弁行為の問題も気にすることがないので、各検索エンジンへ直接削除依頼を行うことが可能です。

ちなみに非弁行為というのは、「弁護士にしか認められていない行為を弁護士以外の者が報酬をもらって行うこと」です。

じつは検索エンジンへ削除依頼については、この非弁行為にあたる場合あるので弁護士以外に報酬を支払うことは違反行為になるリスクがあります。

 

最後に

Googleサジェストは操作すること可能なのか?その疑問にお応えするために記事を作成していきました。

Googleサジェストは操作することが難しいですが、削除することならできる可能性があります。

SEO対策のノウハウを理解している方であれば、操作したいサジェストキーワード候補に関連するキーワードをもとにコンテンツを増えしていけば、別のGoogleのサジェストキーワードに置き換えることができ、結果としてGoogleのサジェストキーワード候補を操作することが可能となります。

専門家にお願いする方法もありますが、もしも時間のある方はぜひSEO対策を習得して自らサジェストキーワードを操作してみてください。

 

関連記事

  1. エステ・サロンの集客でおすすめの方法とは?【役立つツールとその活用方法…

  2. Yahooショッピングに出店するメリットとデメリット

  3. ブランディングの意味と効果的な方法【成功事例から学ぶブランディング】

  4. コンテンツマーケティングとは何か?【具体的な実践方法も簡単に解説】

  5. Twitter集客の活用方法と成功事例【特徴やメリットについても解説し…

  6. 集客出来ない理由と改善方法をなるべくわかりやすく解説

  7. 集客できる飲食店のコツとは?【集客方法についても簡単に解説】

  8. インフルエンサーの選び方のポイントとキャスティング方法

PAGE TOP