ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選【在庫管理のポイントも解説します】

ネットショップを開設するのであれば、商品の在庫管理は欠かせません。

しかし、ネットショップの在庫管理の方法についてよく分かっていない方もいるでしょう。

ネットショップの在庫管理におすすめなのは「在庫管理システム」を使った管理方法です。

 

在庫管理システムを使えば、複数のネットショップの在庫をまとめて管理する事も出来ます。

これができれば、作業が非常に楽になり効率的になりますね。

 

ただし、ネットショップの在庫管理システムは数多くあるので、どれを使えばいいか迷ってしまう事と思います。

機能や料金もさまざまなので、どの製品が良いのか判断をするのは難しいでしょう。

そこでこちらでは、ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選と、在庫管理のポイントを解説します。

 

ネットショップの在庫管理についてお悩みの方は、是非最後まで読んでください。

 

 

ネットショップの「在庫管理システム」とは?

在庫管理システムとは、在庫の過不足などの最新の在庫情報を把握し、ネットショップの在庫管理を効率的に行うための手助けをしてくれるものです。

ネットショップで稼ぐためには在庫管理が非常に重要となります。

例えばせっかく売れ行きの良かった商品が在庫切れになってしまい、販売機会を損失してしまうのは非常にもったいないですね。

逆に、思ったよりも商品が売れず在庫を大量に抱えてしまうのも、大きなコストがかかってしまいます。

 

そこで、在庫管理システムを使えば一元管理(売上・仕入れ情報なども含め在庫を管理する事)が出来るので過小在庫や過剰在庫になるを防げます。

また、在庫の一元管理によって、ネットショップ運営にかかる作業時間も大幅に短縮する事が可能です。

 

ネットショップの在庫管理のポイント

ネットショップを運営する上で重要となる在庫管理では、いくつか注意したいポイントがあるのでご紹介します。

  1. なるべく費用を抑える
  2. 在庫が減る事を予測して仕入れる
  3. 在庫の回転率を上げる
  4. ミスによる失敗を減らす
  5. 正確な在庫数を把握する

 

なるべく費用を抑える

在庫管理には、在庫を保管する費用であったり、倉庫代であったり、人件費がかかってきますね。

ここで無駄な在庫を抱えていると、余分な費用まで支払う事になってしまいます。

ですので、なるべく在庫は必要最低限の数にとどめ無駄な費用を発生させないようにする事が大切です。

在庫管理にかかる費用というのは意識している人が少ないですが、その費用はばかになりません。

ネットショップで成功するためには、在庫管理にかかるコストもしっかりと計算する必要があります。

在庫が減る事を予測して仕入れる

在庫数が減ってから仕入れたのでは、仕入れている間に商品が売り切れになり販売機会を損失してしまう可能性があります。

せっかく大量に売れるチャンスだったのに、逃してしまったらもったいないですね。

在庫管理のポイントは、在庫数が少なくなったら仕入れるのではなく、在庫数が減る事(ニーズ)を予測して減る前に仕入れる事が大切です。

ただし、それにはしっかりと在庫が減るペースの把握が出来ていなければなりません。

過剰在庫や過小在庫を防ぐためにも、在庫管理をしいかりと行い正確な仕入時期と仕入数を求めるべきです。

在庫の回転率を上げる

在庫の回転率が低いと、商品を長期間倉庫に置きっぱなしにする事になります。

そうなると、前述したように無駄な費用を生んでしまうので、長期間倉庫に置かれる状況は避けなければなりません。

もし売れずに長期間倉庫に残っている商品があれば、売り切ってしまったほうが良いでしょう。

ミスによる失敗を減らす

時には、人的ミスやルーティン作業による損失が発生する事があるでしょう。

ネットショップの在庫管理において多いミスは、配送先間違いや出荷漏れなどが挙げられます。

もし新規のお客様であればそこで「もう二度とこのショップからは買わない」と思われてしまう可能性もありますね。

こうなると、リピーターを獲得するのは難しいでしょう。

もちろんミスを100%なくす事は不可能ですが、なるべく減らすためにも正確な在庫管理が必須になります。

正確な在庫数を把握する

現在のネットショップの状況を知るためには、まず正確な在庫数を把握する必要があります。

在庫数からは、商品の回転率や売れ行き、次回の仕入れの時期や仕入れの数の判断などが行えます。

そしてそこからは、例えば回転率の悪い商品を見つけたり、在庫数の減りが早い商品を見つけたりすることが出来ますね。

このように正確な在庫数を把握する事で、改善すべき点が分かるのでネットショップの売上アップと在庫健全化に繋がるでしょう。

 

ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選

数あるネットショップの在庫管理システムの中でも、おすすめのものを10選厳選してご紹介します。

それぞれの特徴も解説していくので、是非在庫管理システム選びで悩んでいる方は参考にしてください。

 

  1. ネクストエンジン
  2. アシスト店長
  3. まとまるEC店長
  4. CAM MACS
  5. アラジンオフィス
  6. BCPOS ECサイト在庫管理システム
  7. TEMPOSTAR
  8. CROSS MALL
  9. 助ネコ
  10. ZAICO

 

ネクストエンジン

ネクストエンジンの在庫管理システムは、国内シェア率ナンバーワンを誇るEC自動化プラットフォームです。

Hamee株式会社が提供しているシステムで、実際にHamee自身が運営しているECサイトの経験がネクストエンジンに活かされています。

複数の店舗の一括管理が可能で、在庫履歴機能では過去の在庫の動きも確認する事が出来ます。

サポート体制がしっかりとしているで、ネットショップ運営を始めたばかりの方におすすめです。

 

ネクストエンジンの公式サイトはこちら

アシスト店長

アシスト店長は、大手ネットショップのカートや運送会社、会計システムなどと連携しているので管理が非常に楽になります。

また、「アシストID」という独自のIDで商品の在庫を管理するので、店舗毎に違う「商品コード」を合わせる面倒な手間がありません。

在庫配分を設定するだけで各モールへ自動反映されるので、在庫調整時に手動で入力してミスしてしまう可能性もなくなり、理想的な在庫配分が可能となります。

より多くのシステムを連携させて、作業時間を短縮させたいという場合に最適です。

 

アシスト店長の公式サイトはこちら

 

まとまるEC店長

まとまるEC店長は、月額9800円~と格安で使えるネットショップの在庫管理システムです。

商品数に応じて月額固定費が変わる仕組みになっており、それ以外の費用がかからないのもポイントです。

申込月は無料で利用できるのもお得ですね。

機能は十分であるのに費用がかからないので、とにかくランニングコストを抑えたいという方におすすめです。

 

まとまるEC店長の公式サイトはこちら

 

CAM MACS

CAM MACSは、には非常にたくさんの機能が備わっていますが、その中でも必要な機能だけを選んで使用することが出来ます。

多くの在庫管理システムはパッケージ化されているので、自分で好きな機能を選んで費用を削減できるのは良いですね。

なお、CAM MACSは30日間無料でお試しができるので、試しに使ってみるのも良いでしょう。

無駄な機能に無駄なお金をかけたくないという方に最適です。

 

CAM MACSの公式サイトはこちら

 

アラジンオフィス

アラジンオフィスの在庫管理システムは、必要な機能だけをコンパクトにまとめたシステムなので見やすく使いやすいのがポイントです。

株式会社アイルが提供しているソフトであり、5000社以上の導入実績を持つ信頼機出るシステムだと言えるでしょう。

必要に応じてシステムは追加していく事が出来るので、最低限のコストで運用できます。

特に、ネットショップと合わせて実店舗も経営されている方におすすめです。

 

アラジンオフィスの公式サイトはこちら

 

BCPOS ECサイト在庫管理システム

BCPOS ECサイト在庫管理システムは、在庫を24時間365日自動で管理してくれます。

POSレジシステム・BCPOSと連携しているので、実店舗とネットの在庫管理を一元して行う事が可能です。

操作も非常に簡単なので、ネットショップの在庫管理が初めてという方でも安心ですね。

また、ASPなので複数人で在庫管理を行う事が出来ます。

BCPOSを利用されている方には特におすすめの在庫管理システムです。

 

BCPOS ECサイト在庫管理システムの公式サイトはこちら

 

TEMPOSTAR

TEMPOSTARは、独自のカスタマイズが魅力のネットショップの在庫管理システムです。

システムのバージョンアップを定期的に実施しているため、常に最新のシステムを利用する事が出来ます。

カスタマーサポート以外にも各種セミナーを実施しており、サポートが充実していると評判です。

在庫API連携でリアルタイム~5分間隔という業界トップクラスの間隔で更新されるので、より正確な在庫管理が可能となっています。

ebayなど、海外のネットショップにも対応しているので、出品したい方にはおすすめですね。

 

TEMPOSTARの公式サイトはこちら

 

CROSS MALL

CROSS MALLは、在庫更新・在庫振り分けも自動で行えるので、在庫数を適正に保ちつつも作業時間を減らすことが出来る在庫管理システムです。

自動更新のため、在庫が無いのに注文が入ってしまう「売り越し」を防止する事が出来ます。

クロスモールへの在庫登録はCSVで一括登録も可能なので、非常に楽です。

在庫の振り分けもすべて自動にしたいという方におすすめの在庫管理システムです。

 

CROSS MALLの公式サイトはこちら

 

助ネコ

助ネコは複数のネットショップからの在庫数をまとめて管理できるので、在庫も時間も有効活用することが出来ます。

在庫切れ前に発注タイミングがわかるお知らせメール機能があるので、ベストなタイミングで発注を掛けることが可能です。

助ネコに登録されている実在庫数とは別にモールに反映させる在庫数を設定する事で、売り越しやいたずら注文を防げます。

オプション契約も充実しており、使いやすい在庫管理システムを利用したい方におすすめです。

 

ZAICO

ZAICOは、無料から使えるクラウド型のネットショップの在庫管理システムです。

シンプルで低コストで運用できるのが魅力で、アプリからもログインする事が出来ます。

freeeと連携すれば、在庫管理がワンステップで行えるのもポイントですね。

見やすく直感で操作できる在庫管理機能をお求めの方に最適です。

 

最後に

ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選と、在庫管理のポイントを解説しました。

在庫管理がいかにネットショップの運営において大事であるか、理解していただけたでしょうか。

 

在庫管理を正確に行う事で、ネットショップの現状を知る事ができ改善させていく事が出来ます。

もちろん手動で管理する事も出来ますが、24時間365日休まず働く在庫管理システムには勝てないでしょう。

在庫管理をシステムに任せれば大幅に作業時間を短縮することが出来ます。

是非、ネットショップに在庫管理システムを取り入れて売上アップを目指してください。

 

 

 

 

関連記事

  1. Facebook広告の運用方法と活用事例【効果や種類を解説します】

  2. Web集客の方法とメリット・デメリットとは?【向き不向きについても解説…

  3. ネットショップの運営に必要な知識とノウハウ【実施方法を細かく解説します…

  4. SNS広告の種類や費用を徹底比較しました【YouTube,Facebo…

  5. Yahoo!ショッピングの在庫管理システム11選【徹底比較】

  6. 楽天で効果的なSEO対策と検索上位表示のための3つの施策

  7. ネットショップの開設方法と基礎知識【WordPressを使った開設方法…

  8. ネットショップのSEO対策の方法

PAGE TOP