Amazonの出品アカウントを複数作成する方法【メリットや注意点を解説します】

Amazon販売におけるアカウント停止や凍結のリスクを減らすために、出品アカウントを複数作成したいと考える人は多いでしょう。

また、「売上をさらに伸ばしたい」「出品している商品のジャンルごとに店舗を分けたい」、という理由で複数アカウントを作りたい方もいるかもしれません。

 

Amazonの規約では、基本的に複数の出品アカウントを所持する事を禁止しているため、2つ以上のアカウントを作成するのは規約違反となります。

しかし、追加のアカウントを必要とするビジネス上の正当な理由がある場合に限り、例外を認めています。

なので、Amazonの出品アカウントを複数作成する事は可能というわけです。

 

こちらでは、Amazonの出品アカウントを複数作成する方法について、メリットや注意点を解説します。

Amazonで複数の出品アカウントを運用したいという方は、是非参考にしてください。

 

 

「複数の出品アカウント」に関するAmazonの規約

まず、Amazon販売において迷ったときは、規約やヘルプを確認するようにしましょう。

複数の出品アカウントを所持することについても、下記のようにAmazonの規約にしっかりと記載があります。

複数の出品用アカウントの運用:

複数の出品用アカウントを運用し、維持することは禁止されています。追加のアカウントを必要とするビジネス上の正当な理由がある場合は、本規約の例外適用を申請してください。

参考:出品者の禁止活動および行為、ならびに順守事項

 

基本的には1個人1アカウントしか作成してはいけませんが、正当な理由がある場合は申請をする事で複数アカウントを持つことができる、と記載があります。

ただしこの正当な理由に関しては詳しい記載がなく、審査の方法なども公開されていません。

「事業部や部署ごとにアカウントを分けたい」という理由の場合は、審査に通る可能性が高いでしょう。

 

審査についての詳細が分かっていないため難易度は高いかもしれませんが、アカウントの運用歴が長くパフォーマンス指標も良好であれば受けてみて損はないでしょう。

 

Amazonの出品アカウントを複数作成する方法

Amazonでは原則として1つのアカウントで運用しなければなりません。

しかし、規約に違反せずにAmazonの出品アカウントを複数作成できる2つの方法があります。

  • 家族名義で出品者アカウントを作成する
  • 法人名義で出品者アカウントを作成する

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

 

家族名義で出品者アカウントを作成する

まず一つ目は、家族名義で出品者アカウントを作成する方法です。

もし今同居しているご家族の方がいるのであれば、父母・妻・子供などの家族名義を使用してAmazonの出品アカウントを作成できます。

 

既に所持しているアカウントと同じ情報でも問題ないのか?」という事ですが、既存アカウントと同じでも問題がない情報と、そうでない情報があるので必ず確認しておきましょう。

 

【既存アカウントと同じでも問題がない情報】

住所、電話番号、IPアドレス

【既存アカウントと同じだとアカウントを作成できない情報】

メールアドレス、運営責任者名、銀行口座名義、クレジットカード情報

 

既存アカウントと同じだとNGな情報が家族名義で作成したアカウントに含まれていると、アカウントが停止される可能性もあります。

なので、十分に注意が必要ですね。

また、家族名義で作成した出品アカウントでも住所が同じ場合はAmazonのアカウントスペシャリストから確認の連絡が来ることがあります。

 

なお、Amazonの出品者アカウントの作成には年齢制限がないので、18歳未満の家族の名義でも作成する事は可能ですが、

アカウントの作成時に登録が必須であるクレジットカード情報の登録で躓く事になるので、デビットカードを発行しておく必要があります。

デビットカードの申し込みも年齢制限がある会社も存在するので、基本的に未成年の方がAmazonのアカウントを作成するのは難しいでしょう。

 

法人名義で出品者アカウントを作成する

2つ目の方法は、法人名義で出品者アカウントを作成する方法です。

法人化している場合は、個人の出品アカウントと法人の出品アカウントの、2つのアカウントを作成できます。

なお、この場合も既存アカウントと同じでも問題がない情報と、そうでない情報があるので必ず確認しておきましょう。

 

【既存アカウントと同じでも問題がない情報】

住所、IPアドレス

【既存アカウントと同じだとアカウントを作成できない情報】

電話番号、メールアドレス、運営責任者名、銀行口座名義、クレジットカード情報

 

法人名義でAmazonの出品アカウントを作成する場合、既存の出品アカウントと住所が同じでも問題ありません。

法人登記の住所を自宅にしているケースはよくあるため、認められているというわけです。

ただしこの場合も、Amazonのアカウントスペシャリストから確認の連絡が来ることがあります。

 

Amazonの出品アカウントを複数作成するメリット

Amazonの出品アカウントは規約上、原則として1個人につき1アカウントまでしか所持してはいけません。

複数の出品アカウントを持つことはそれなりのリスクがありますが、それでも多くの人が複数アカウントを運用しているのは、それ以上のメリットがあるからです。

 

ここからは、Amazonで複数の出品アカウントを運用する事でどのようなメリットがあるのか、具体的に解説していきます。

  • アカウントの削除や凍結に対するリスクヘッジ
  • 複数の出品アカウントを持つことで専門店化が可能
  • 商品販売の回転率がぐんと高くなる

 

アカウントの削除や凍結に対するリスクヘッジ

Amazonの出品アカウントを一度削除してしまうと、登録していたメールアドレスで再作成する事ができなくなります。

メールアドレスに紐づけされていたアカウントは、すべての機能とサービスが利用できなくなります。

 

また、Amazonでは規約違反やアカウントパフォーマンスの低下により、アカウントが停止したり最悪の場合は凍結する可能性があります。

凍結されてしまった場合は、同じ名義でアカウントを再作成する事は不可能なので、2度とAmazonで販売する事ができないと言えます。

もちろん、日ごろから規約違反やアカウントを健全に保つことを意識すべきですが、気を付けていても停止や凍結のリスクは必ずあります。

 

何かの手違いでアカウントが停止したり凍結したとしても、別のアカウントを持っていれば収入が0になる事はありません。

アカウントの削除や凍結に対するリスクヘッジとして、複数アカウントを所持するメリットは十分にあるでしょう。

 

複数の出品アカウントを持つことで専門店化が可能

Amazonで商品を販売するときはいろいろなジャンルの商品を扱うよりも、ゲームならゲーム、家電なら家電、アウトドアならアウトドアだけ、というように、

専門店のように出品する商品のカテゴリーを絞った方が、購入者の信頼を得ることができます。

 

なので、可能であれば1カテゴリー毎にアカウントを分けるのがベストです。

複数アカウントを作成しカテゴリー毎に取り扱う商品を決めれば、専門店化が可能になります。

 

商品販売の回転率がぐんと高くなる

Amazonの出品アカウントを複数作成する最大のメリットともいえるのが、相乗り出品時のカートボックス獲得率が上がるという点です。

例えば同じ商品に出品しているライバル出品者が7人いたとします。

この時、アカウントを1個しかもっていないとカートボックスが獲得できる確率は1/7です。

 

しかし、アカウントを2個持っていれば同じ商品に出品する事で、カートボックスが獲得できる確率が1/4にアップします。(8人中2人が自分のアカウントであるため)

出品者数が多いように見えるので、他のライバルが参入しにくくなるというメリットもあります。

 

Amazonの出品アカウントを複数作成するときの注意点

Amazonで複数の出品アカウントを作成する事はリスクもありますが、その分メリットもたくさんありました。

ここからは、Amazonの出品アカウントを複数作成するときの注意点について詳しく解説していきます。

 

既存アカウントと同じ情報を使って作成しない

前述でも解説したように、例え法人名義のアカウントでも家族名義のアカウントでも、同じ住所を登録するとアカウントスペシャリストから詳細の確認くる場合があります。

なので、複数の出品アカウントを作成するときは、既存アカウントとなるべく同じ情報を使わない方が良いでしょう。

 

メールアドレスや名義、クレジットカード情報や銀行口座情報はもちろん、電話番号や住所を別にする事で、同一人物のアカウントだと疑われる可能性が下がります。

 

同一環境から複数のアカウントにログインしない

Amazonが同一人物が複数の出品アカウントを持っていると判断する基準として、IPアドレスを見ているという話が濃厚です。

IPアドレスを見れば、同一環境から複数の出品アカウントがアクセスしている事は当然分かりますから、疑われるリスクが高くなるでしょう。

IPアドレスやMACアドレスもアカウント毎に変えたほうが安心です。

 

出品時の文面も全く同じは危険

例えば同じ商品に2つのアカウントで出品するとして、まったく同じ文面でコンディションを書くのは危険です。

出品した商品のSKUや文面を見て同一人物だと判断される可能性があるので、アカウント毎に変えるようにしましょう。

現段階では、出品している商品や商品ジャンルなどで同一人物と判断されることは少ないようなので、同じ商品に出品する事自体は問題ありません。

 

複数の出品アカウントを作成するにあたっての疑問

最後に、Amazonで複数の出品アカウントを作成するにあたってよくある疑問について、解説していきたいと思います。

 

  • 購入用アカウントと出品用アカウントの両方を作成した場合、複数アカウントの所持になるのか
  • 会社で運用しているアカウントについて、部署ごとであればAmazonの複数アカウントを作成しても良いのか

 

購入用アカウントと出品用アカウントの両方を作成した場合、複数アカウントの所持になるのか

購入用のアカウントと出品用のアカウントは同じでなくても問題ありません。

ただし、いずれも1個人につき1アカウントと決まっているので注意しましょう。

会社で運用しているアカウントについて、部署ごとであればAmazonの複数アカウントを作成しても良いのか

部署ごとに複数の出品アカウントを運用する事は可能です。

ただし、この場合Amazonへ申請を行い許可をもらう必要があります。

勝手にアカウントを分けると規約違反となり、アカウント停止や凍結の可能性があるので注意しましょう。

 

 

最後に

Amazonの出品アカウントを複数作成する方法について、メリットや注意点を解説しました。

複数の出品アカウントを運用する事で、アカウント停止や凍結のリスクヘッジや専門店化ができるというメリットがありました。

 

Amazonの規約を守っていれば複数のアカウントを持つことは可能なので、まずは複数アカウントの申請をしてみる事をおすすめします。

 

関連記事

  1. Amazonの売上げを上げる5つの方法【売上を劇的に上げるためにやるべ…

  2. Amazon輸出ツールアマトピアのおすすめの機能

  3. Amazonスポンサープロダクトの効果的な運用方法と9つのコツ

  4. Amazon商品ターゲティング広告の活用方法【向いている商品の特徴は?…

  5. 2020年最新のAmazon出品制限・出品規制ブランド品は?【解除方法…

  6. Amazonスポンサーブランド広告の最適化戦略

  7. Amazonに個人で出品する方法【必要な費用や店舗名について解説します…

  8. Amazonの商品紹介コンテンツを作成する方法【2020年最新版】

PAGE TOP