Web集客の種類と優先順位【効果が高いのはどれ?いち早く成果を出すには】

Web集客を行う上で、なるべく効果が高く早く成果が出る方法で集客したいと思うのは当然でしょう。

そして欲を言えば集客費用も抑えたいところですね。

 

こちらでは、現代のインターネット広告の状況と種類から、それぞれのWeb広告の特徴やメリットについて解説し、効率的な集客を行うために効果的な優先順位を考察します。

どのWeb広告を使おうか迷っている、いまいち種類が分からないという方は是非参考にしてください。

 

 

Web広告の分類

現代においてWeb広告は昔に比べて種類が増えて、さまざまな名前で呼ばれるようになりました。

かなり複雑になってきているので、難しく感じたり違いがよく分からないという方も多いでしょう。

 

まずは一度Web広告について整理するために、以下の3つに分類して考えていきたいと思います。

これらを理解しておくことで、「どんな広告なのか」が整理できるはずです。

 

  • 広告種別
  • 配信種別
  • 課金種別

広告種別

広告形態によって分類される「広告種別」には、

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • アフィリエイト広告
  • SNS広告
  • ネイティブ広告
  • ネイティブ広告
  • 動画広告
  • 記事広告

などが含まれます。

配信種別

広告の配信方法によって分類される「配信種別」は、

ディスプレイ広告をさらに細かく考えたとき、純広告やYDNに代表されるアドネットワーク、DSP、SSPなどの事を指します。

課金種別

課金種別」は、広告の掲載料の課金方法で分類する方法です。

  • クリック課金型
  • 期間保証型
  • インプレッション保証型
  • 成果報酬型

などに分ける事ができます。

 

Web集客の種類

Web集客の分類方法について理解したところで、次は実際のWeb集客の種類について解説します。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

  1. リスティング広告
  2. リターケティング広告
  3. SNS広告
  4. 記事広告・準広告
  5. メルマガ広告
  6. アフィリエイト広告
  7. オーディエンスターゲティング広告

 

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果にユーザーが検索した際に、キーワードに連動して掲載される広告です。

GoogleAdwords」や「Yahoo!プロモーション広告」を利用するのが一般的です。

この2つは検索広告とディスプレイ広告の2つを兼ね備えているので、使いやすく利用者が最も多いです。

 

検索キーワードをこちらで指定すると、検索キーワードで検索したユーザーに自分のサイトを表示させたり、指定したサイトの広告枠に自分の広告を掲載できます。

例えば、肩マッサージ器を販売している場合は「肩 マッサージ器」などのキーワードで指定しておけば、かなりの確率でサイトを開いてもらったり、注文が入るでしょう。

広告費よりもこういった宣伝効果によって売上が上回るのであれば、利用する価値がありますね。

 

リターケティング広告

リターケティング広告は、リスティング広告と併用して利用される事の多いWeb集客の方法です。

インターネット広告の配信方式のうち、広告主のWebサイトを訪問したことがあるユーザーの行動を追跡し他サイトの広告枠上で同じ広告主の広告を表示させる方法で、もう一度サイトに訪問させるように促します。

例えば、商品を買い物かごに入れたものの結局買わなかったユーザーなどに効果的ですね。

リスティング広告同様に、「GoogleAdwords」や「Yahoo!プロモーション広告」を利用するのが一般的です。

 

SNS広告

SNS広告は、TwitterやInstagram、FacebookやLINEなど、SNSの配信面を利用して宣伝を行う方法です。

最大の特徴と言えるのは、SNSの特性を生かした正確なターゲティングが行える点です。

基本的にSNSの利用ユーザーは年齢や性別、趣味などのプロフィールを記載している場合が多いですね。

これらの情報を元にすれば、かなり正確な数値を把握できるはずです。

興味や関心に基づいた広告を表示させることが出来るので、広告効果も非常に高いものになるでしょう。

 

記事広告・準広告

記事広告・準広告とは、もともと集客力のあるサイトに自分の広告を表示してもらう方法です。

自分で広告を配信するのではなく、あくまでも第三者が宣伝してくれるので、商品のリアルな評価やサービスを伝えることができ、信頼を得やすいと言えます。

特に「実際に使用してみた」といったブログは非常に効果が大きいので、体験記事を作成してもらうのも良いでしょう。

 

また、記事広告を提供しているメディアは比較的ドメインが強いので、検索エンジンでも引っかかりやすく上位検索に上がりやすいです。

自社サイトを作成して広告を記載するよりも、よっぽど宣伝効果があるでしょう。

 

メルマガ広告

メルマガ広告は、自分が紹介したい商品やサービスに関連するメールマガジンを配信している配信者に、広告の表示を依頼する方法です。

メルマガの種類は実に豊富で、さまざまなジャンルのメルマガがあります。

また、中には配信人数が数万人もいるメルマガもあり、そこに広告を表示する事ができれば十分な効果を生むでしょう。

 

また、即効性という面でも効果が高く、Web広告の中でもナンバーワンです。

もちろん、媒体の規模にもよりますが、メルマガが配信された直後はクリック数が一気に増えて、3日間くらいはアクセス数も増加します。

最大の効果を発揮させるためにも、配信してもらうメルマガ選びが重要となりますね。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、基本的に成功報酬型の広告であり、ユーザーが広告から何かしらアクション(商品の購入など)を起こした場合に広告費が発生します。

広告主は商品購入や会員登録など成果地点を決め、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に広告を出稿します。

ASPのメディアネットワークには、ポイントサイトや比較サイト、口コミブログなど、さまざまなメディアが集まっているので、自分が紹介したい商品やサイトにあったメディアで広告を表示させることが出来ます。

 

クリックだけなど、成果につながらないアクションに対しては課金されないため、無駄な費用を省くことが出来るメリットがあります。

 

オーディエンスターゲティング広告

オーディエンスターゲティング広告は、「広告枠」に対して広告を配信するのではなく、サイトへの訪問履歴や商品の購入履歴などユーザーのデータに基づき「人」に対して配信する方法です。

サイトへ訪問したユーザーの情報の事をオーディエンスデータと呼び、このオーディエンスデータはクッキーからサイトでの閲覧・行動履歴など膨大な量の情報を取得したものになっています。

もちろん個人情報は載っていませんから、個人を特定する事は不可能です。

 

このオーディエンスデータと、自社サイトから得られる顧客の情報を組み合わせて解析すれば、より正確なデータが取得できターゲットを絞った集客が行えるでしょう。

 

Web集客の優先順位

数あるWeb集客の方法の中で、一体どれから試したらいいのか分からないという方は多いでしょう。

このWeb集客の優先順位を間違えると、せっかくお金をかけて集客をしても思っているような成果が出なかったり、改善しないという事態になり兼ねません。

 

まずWeb集客で試すべきは、基本となるリスティング広告やリターケティング広告です。

ネットショップをオープンした場合は特にこの2つを並行して配信し、アクセス数を増やす事から始めるのがおすすめです。

アクセスが増えた後、アクセス解析をしてサイトの販売力などを計算し、どんどん改善していくという流れになるでしょう。

 

もし、リスティング広告やリターゲティング広告を配信しても売上が思うように上がらない場合は、他のWeb集客の方法を試したところで効果が上がる可能性は低いです。

この場合集客方法というよりも、サイト自体に何か問題がないかを疑った方が良いでしょう。

Web集客というよりも、その土台となっているページを改善する事が優先です。

 

リスティング広告やリターケティング広告の次に実践したいのが、アフィリエイト広告です。

アフィリエイト広告はある程度の固定費用がかかるため、販売力が高まってから考えたほうが良いでしょう。

これらの広告を目いっぱい配信しても、まだ予算に余裕があるという場合はオーディエンスターゲティング広告を配信して、ブランドに対する共感や信頼などを通じ顧客を獲得するのがおすすめです。

 

Web集客でいち早く効果を出すには?

Web集客は即効性のある方法でも、成果が出るまでにそれなりの期間がかかります。

ここからは、Web集客でいち早く効果を出す工夫をご紹介します。

 

  1. イベントを用意する
  2. 専用のWebページを作成する
  3. Facebook広告を活用する

 

イベントを用意する

イベントを用意する事で、商品やサービスへの注目度がアップします。

イベントとは言え本格的なものである必要はなく、あくまでも「春の大セール!」であったり「新規入会キャンペーン」でいいのです。

どこかの会場を借りてイベントをするなんて必要はないので気持ちを楽にして、イベントの開催を検討してみるのも手でしょう。

専用のWebページを作成する

様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示されるする、サイトを含むWEBページ全般をランディングページと呼びます。

ランディングページは通常のサイトやブログとは別に作られた専用ページなので、イベントが終了したら削除するものです。

イベントを開催するのであれば、このような専用のページを作成する事で、お客さんに分かりやすく内容を伝えることができまう。

チラシなどと近い感覚で考えていただけると、分かりやすいかと思います。

 

Facebook広告を活用する

イベントとランディングページを用意したら、呼び込むためには告知が必要になります。

リスティング広告の代表であるGoogleアドワーズなどは、既に大手に独占されている確率が高いので初めはなかなか注目されません。

それに比べてFacebook広告であれば、比較的安価で広告を配信する事が出来るメリットがあります。

また、Facebook広告は広告を表示させる人を絞って配信する事が出来ます。

まずは自分の身の回りの人の友達くらいまでに広告を流せば、誰も知らないところに流すよりも効果が期待できるでしょう。

そこからどんどん認知されたり、検索されるようになれば、Web集客も上手くいくはずです。

 

このようにちょっとした工夫次第で、Web集客の効果をより高めることが出来ます。

 

最後に

Web集客の種類と優先順位について効果が高いのはどれか解説しました。

基本はリスティング広告から優先すると良いと解説しましたが、もちろんそれは商品やサービスにもよります。

自社のターゲットが最も多く集まるところに優先順位をつけて予算を投下するのがベストです。

また、全てのWeb集客の方法を行う必要もなく、効果的で必要な広告だけを投下すべきです。

それには、施策を取捨選択し決定する力も必要となりますから、やはり経験が必要になってくるわけですね。

なるべく効果的で低予算でWeb集客が行えるように工夫していきましょう。

 

 

 

関連記事

  1. 初心者向けSEO対策のやり方・基本・ポイント【今すぐ実践できる!】

  2. 令和の時代を生き抜くD2Cマーケティングの手法について解説

  3. ネットショップの仕入先・商品の探し方

  4. インスタ集客の方法と事例をご紹介します【なぜInstagramは集客に…

  5. ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選【在庫管理のポイントも解…

  6. ネットショップのSNS集客の方法【特徴やメリットも解説します】

  7. ブランディングの意味と効果的な方法【成功事例から学ぶブランディング】

  8. Yahoo!ショッピングの在庫管理システム11選【徹底比較】

PAGE TOP