AmazonのSEO対策と検索上位表示の為の6つの施策

Amazonで商品を売ろうとした場合、どんなに良い商品を売ろうとしても検索上位に表示されないと難しいですよね。

他の沢山ある商品に埋もれてしまい、無いのと同じことになってしまいます。

今回はそんな売れない状況を避け、売れる状況を作る為に検索上位に表示される方法をお伝えしたいと思います。

 

 

Amazonの検索エンジン「A10」とは

インターネットで何かを調べる時、調べるものが分かるキーワードを入力してGoogleなどでみんな調べていると思います。

調べた結果、ページの1番上にあるところを見に行く人が多いでしょう。

ではなぜ、1番上のページを見に行くのかといえばそれは、調べたキーワードに一番近いことが書かれているからです。

 

検索した人が早く知りたいことに辿り着けるようにシステムが組まれているからこそ、みんな知りたいことをすぐに知ることが出来るようになっています。

そのシステムが「検索エンジン」です。

Amazonの商品購入では、8割以上が検索からのアクセスとなっており、検索したキーワードに沿った商品が上位に表示されます。

 

このようなAmazonの商品検索エンジンのことを「A10」と呼びます。

Amazon検索エンジンの目的は「特定のキーワードを検索すると、ユーザーの欲しい良質な商品に辿り着くこと」です。

ここから先はこのAmazonの検索エンジン「A10」で重視されていることやそれに伴った具体的な施策を紹介していきます。

 

AmazonのSEO対策と検索上位表示の為の6つの施策

AmazonのSEO対策として、情検索表示の為にできる事はなんでしょうか。

以下の6つの施策について詳しく解説していきます。

  1. 直近の販売件数を上げる
  2. ★×5のレビューを集める
  3. ユニットセッション率を高くする
  4. セッション数を上げる
  5. 検索キーワードを盛り込む
  6. 在庫に余裕をもつ

 

直近の販売件数を上げる

Amazonで検索上位に表示されるためには、直近の販売件数がとても重要になってきます。

ここで大事なのは「販売個数」ではなく「販売件数」です。

1人のユーザーから沢山買ってもらうよりも、沢山のユーザーから1個ずつ買ってもらった方が検索の上位に表示されやすいです。

 

「直近」の期間に関してはAmazonで非公開になっていますが、沢山のデータを見た結果、およそ一週間程度だと考えられてます。

この期間中に、販売件数を多くすれば良いというわけですね。

 

商品の値段を安くして一時的に販売件数を上げるためには、一時的なセール価格で普段より安く販売することで、大量に売ることが出来ます。

ただし、安すぎると警戒される場合もあるので、同じような商品で売れやすい価格を調べて少し値段を下げるなど気をつける必要があります。

安過ぎず高過ぎずを考えながら、価格の設定をしましょう。

 

そして、検索の順位が上がったことが確認できたら、利益を上げるために元の価格に値上げしましょう。

検索順位が上がれば売れ筋ランキングも上がります。

商品を検索するときに使うであろうキーワードで検索して、上位6位以内に入ることが出来れば検索結果の1ページ目に表示されるようになります。

 

1ページ目に表示されれば、それだけで見てくれるユーザーが多いということです。

まずはそこを目指して販売件数をあげて行くと良いでしょう。

 

Amazonで新規出品する際、この方法は当たり前のように行われています。

なので、これだけで売れ行きが良くなるというわけではありません。

売り上げを上げて行くには他の方法と組み合わせてやっていく必要があるので注意してください。

 

★×5の商品レビューを集める

レビューで★の数がが「0個」と「1個」では大きな差があります。

レビュー数が10個以上集まったら、今度は★5の良質なレビューを多く集められるようにしていきましょう。

 

レビューが沢山集まっても、★1や★2が多くて★5が無いと検索順位には反映されません。

レビュー数が少なくても★5が多いと、上位に反映される可能性が上がるのです

 

ですが、ただ待っていてもレビューはなかなか上がらないものです。

そこでこちらではお客様にお願いしてレビューを書いてもらうおすすめの方法を2つご紹介します。

  • メールでレビューをお願いする
  • 手書きでお礼の手紙を書いて商品と一緒に送る

 

メールでレビューをお願いする

商品を買ってくれたお客様に、感謝を伝えるメールを送ります。

商品購入のお礼を伝えた上で、商品のレビューをお願いする方法です。

メールの文面に商品のレビューが出来るURLを記載しておくと、レビューを書くためにわざわざページを調べる手間が省けるのですぐに書いてもらえる確率が上がります。

「商品ページ」ではなく、「レビューページ」を記載するようにしましょう

 

メールを送るときは良いレビューを書いてもらおうと強要するのではなく、あくまでも商品について感想を聞くような文面にすると良いでしょう。

最近では自動でメールを送れるツールもあるので、上手く活用してみてください。

 

また、Amazonではレビューについて禁止されていることもあるので、注意して誘導文を作るようにしてください。

  • 無理やりレビューを書いてもらうように強要する
  • 金銭や報酬でレビューを書いてもらう
  • プレゼントや割引などを交換条件にレビューを書いてもらう
  • ★5のレビューで返金対応をする

などは禁止事項となっているので、くれぐれも行わないように気をつけましょう。

 

手書きでお礼の手紙を書いて商品と一緒に送る

心のこもった手紙というのは、人を動かす強い力を持っています。

商品購入の感謝の気持ちを書いて送ると、高い評価のレビューとして返ってくる可能性が大きく上がります。

手間が掛かるので、やっている人は少ないですが、その効果は絶大です。

売り上げが伸び悩んでいたり、新規商品を出品してすぐなど、購入者が少ない時に行うと効果的です。

 

ユニットセッション率を高くする

ユニットセッション率とは、商品ページが見られている数と商品購入の割合のことです。

Amazonの検索順位の決定にはこのユニットセッション率がとても重要視されているのです。

 

商品ページに何か問題があると、ユニットセッション率は低くなることが多いです。

なので、その問題点を明確にし、改善することで売上も検索順位もあげることが出来ます。

 

沢山見てくれる人はいるのに購入する人が少ないのはなぜなのか、注意深く他の売れている商品のページと見比べて見てください。

例えば商品ページに以下のような問題はありませんか?

  • 商品ページの表示の仕方(メイン画像や商品タイトルなど)に問題がある
  • 商品自体に問題がある
  • 価格が適正では無い
  • レビューが他より悪い

このように問題点がわかれば、それを上手く調節・改善することでユニットセッション率をあげることができるでしょう。

 

また、商品紹介コンテンツやFAB( Amazonが商品の発送や顧客対応をしてくれるサービスです)を使うことでユニットセッション率を上げることも可能です。

 

セッション数を上げる

商品ページにどれだけアクセがあったのかを表す指数をセッション数と言います。

セッション数が一定以上あってこそ、 Amazonから「人気がある商品」だと認識されるのです。

なので、セッション数が上がれば検索順位も上がりやすくなります。

 

セッション数を上げるためには、スポンサープロダクト広告や、Googleアドワーズ、Facebook広告などの部広告に出稿してアクセス数を稼いでいくことも重要となります。

是非、検討してみて下さい。

 

検索キーワードを盛り込む

商品に合ったキーワードを盛り込むと、ユニットセッション率を高めることにも繋がります。

Amazonのサジェストキーワード一括DLツールを使うことで、効率よくキーワードを選出することが出来ます。

 

検索したい単語を入れると Amazon内で検索されることが多いキーワードが自動で表示されます。

Amazonのページの検索部分に商品に関連する単語を入れると横に関連した上位検索キーワードが出るので、それを参考に自分の商品ページに活用しましょう。

関連して出てきた単語を一度で全部ダウンロードすることもできるので、とてもオススメの機能です。

 

Amazonでは商品タイトルの文言やキーワードが商品ページ内で一番重視されるので、シンプルなタイトルにしていると検索に引っかかりにくくそれだけで大きく損してしまいます。

逆に沢山キーワードを入れすぎても見づらくなってしまうので、程よいバランスで入れるようにしましょう。

Amazonでは頻繁に商品タイトルを変えていると、商品名の編集をロックされてしまい、編集出来なくなる事もあるので注意して行いましょう

 

セラーセントラル内の商品情報の編集画面に検索キーワードの欄があります。

ここには商品の購入者が検索しそうなキーワードを順番に入れるようにしましょう。

関連度の低いキーワードで、本来表示されないはずの商品が検索結果に出てくると、Amazonの売り上げに悪影響を及ぼすことになります。

 

そうなるとAmazonからのページの評価が落ちてしまいますので、

検索に引っかかるようにキーワードを入れ過ぎるのではなく、適切なキーワードを入れて確実に購入される商品ページを目指すことが重要です。

 

設定したキーワードがちゃんと反映されているか確認するためには、Amazonの検索ページで「ASIN」と「チェックしたいキーワード」を入力して検索してみましょう。

もし、検索結果で「1件」と表示されれば、カタログの上でキーワードが聞いている証拠です。

 

ランキングの順位は見るデバイスやブラウザ、ユーザーによっても変わることがありますので、あくまで、キーワードが効いているかを確認するためのものです。

日頃から自分の商品が商品の上位に上がっているかはしっかりと確認しておく必要があります。

 

在庫に余裕を持つ

在庫がなくなってしまうとSEOが落ちてしまいます。

陳列している商品がなくなると、売ってる人からすると商品を買ってもらえる機会が減ってしまうことになるので、在庫は常に余裕を持って準備しておくのが良いでしょう。

 

商品を買いたいと思ってわざわざ検索したのに入荷待ちでは買う事もできず、急いでいる場合だと別の出品者の商品を買うことになり、購入者からの評価も下がってしまいます。

例え検索順位が1位だったとしても、買う商品が無ければ2位の商品が繰り上げで売られるようになってしまうのです。

それでは折角対策してきた事も水の泡になってしまいます。

在庫に余裕を持てる資金がない場合は、まずは資金を調達する方法から問題を解決するようにしましょう。

まとめ

今回は AmazonSEO対策 検索上位表示の為の6つの施策をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

難しく思いがちなSEO対策ですが、今すぐにでも出来そうなことは沢山ありました。

 

ポイントをおさらいすると、

  • 一週間程度の期間、販売件数をあげる
  • 量より質の高い商品レビューを集める
  • ページ内の問題を改善してユニットセッション率を上げる
  • 広告を出してアクセス数を稼ぐ
  • 適切なキーワードを盛り込む
  • 在庫に余裕を持てるように準備する

という事でした。

 

これらの施策を講じていけば、付け焼き刃ではない、「長く通用する」ノウハウが身につくはずです。

これから出品する人も、すでに出品している人も、この6つを意識して Amazonの検索上位に表示され、売り上げアップを目指しましょう。

 

 

関連記事

  1. Amazon広告運用セミナーの開催

  2. Amazon輸出ツールアマトピアのおすすめの機能

  3. Amazonスポンサーブランド広告の特徴と活用方法とコツ

  4. Amazonの売上げを上げる5つの方法【売上を劇的に上げるためにやるべ…

  5. Amazonの販売促進に効果的な集客方法【売上げを伸ばす集客のコツ】

  6. Amazonに個人で出品する方法【必要な費用や店舗名について解説します…

  7. 【Amazon広告】マニュアルターゲティングの効果的な使い方

  8. Amazon広告の費用対効果を高めるコツ【効果的な運用方法を解説します…

PAGE TOP