店舗集客のコツとは?【オンラインで出来る手法まとめ】

コロナウイルスの影響により、店舗集客が難しくなっているいまだからこそ、集客方法を見直し今後の対策を考えていきましょう。

この記事では、店舗集客のコツを紹介していきます。

後半では飲食店やエステサロンの店舗集客のコツも簡単に紹介していますので、興味のある方はぜひ最後まで確認していってください。

店舗集客のコツとは?

業種や目的によっても異なりますが、店舗集客を成功させるためのコツはたくさん存在します。

広告費をかけて店舗集客をする場合でも、広告を出稿する場所によってまったく費用対効果が変わるため、広告の運用1つにしてもコツがあります。

また、まったくお金をかけずにSNSなどの無料ツールを活用して店舗集客を行う場合でも、どのSNSを利用するべきか、またはその運用方法にもそれぞれコツがあります。

このように店舗集客を成功させるためのコツは1つだけでなくたくさん存在しますが、すべての手法において共通する本質的なコツもあります。

その本質的なコツとは、「差別化」をすることです。

オンラインで集客をする際は特に、この本質的なコツを意識していなければなかなか集客はうまくいきません。

それぞれの手法別に、この「差別化」を意識して解説をしていきます。

 

店舗集客で役立つオンライン集客手法

店舗集客で役立つオンライン集客手法を大きくまとめると以下の3つです。

  1. SNSを活用した集客
  2. 有料広告を活用した集客
  3. SEO対策を活用した集客

SNSを活用した集客

SNSを活用して店舗集客をするコツは、まずはどのSNSを利用するべきかを最初にしっかりと分析をして決定することです。

SNSにはFacebookやInstagram、TwitterやLINE公式アカウントなどなど、たくさん種類がありますがこれらすべてのSNSを利用する必要はありません。

むしろ、なにも戦略無しにすべてのSNSをなんとなく活用したとしても、思うように店舗集客をすることはできません。

どのSNSを活用するべきなのか?ここで、差別化を意識してみましょう。

もしかしたら、ターゲット層がたくさん利用しているSNSは別にあるかもしれませんし、これから新しく流行るSNSが登場するかもしれません。

ライバルがすでにたくさんいるSNSを活用するよりも、まだライバルが少ないSNSを活用してでシェアをとった方が集客がうまくいきやすくなることもあります。

ただしそのSNS自体の利用者数があまりにも少ないと集客は難しいので、最初は有名なSNSを選択する方が無難ではあります。

たとえライバルな多い有名なSNSを活用したとしても、その中で差別化をすることで集客することはできます。

 

また、SNSを活用して店舗集客をする際は、ぜひ口コミを意識するようにしましょう。

SNSの投稿をする際に、「友だちに共有したい」と思ってもらえるような内容をなるべくいれるようにすることで、誰かがシェアしてくれるかもしれません。

企業が運営するSNSでは、どうしても堅い言葉使いになってしまいなかなか拡散させることが難しくなるので、それぞれの担当者別にSNSを作成して個人感のある投稿をすることで反応率を高めやすくなるので、こういった運用ノウハウもSNSを活用して店舗集客をするコツといえるでしょう。

有料広告を活用した集客

有料広告を活用して店舗集客をするコツは、ターゲット層をしっかりと絞りなるべく見込み客にだけ広告をみてもらうように対策することです。

有料広告という少しハードルが高いと感じてしまう方も多いかもしれませんが、有料広告の種類は年々増えており低予算で広告を利用できる媒体も多く誕生しています。

なぜ低予算で広告を出すことができるかというと、性別やお住まいなど、そういった属性別にターゲット層を絞って広告を出すことができるからです。

Facebook広告やInstagram広告、Amazonのスポンサード広告やLINE公式アカウントの友達追加広告などなど、低予算で広告を利用する事業者がどんどん増えています。

しっかりと広告を運用をすることができれば、その費用対効果はものすごく良くなります。

この有料広告を活用した集客においても、差別化を意識することがコツとなります。

たとえばGoogle広告を利用する場合でも、キーワードの選び方1つで費用対効果が激変します。

ライバルが多いキーワードで広告を出してしまうと、その広告費は高くなるだけでなく集客も思うようにいきません。

なるべくターゲット層を明確化して、そのターゲット層に届きやすいキーワードを絞って広告を出すことができれば、少ない広告費用でも店舗へ集客することができる可能性があります。

SEO対策を活用した集客

SEO対策を活用して店舗集客をするコツは、GoogleMAP(グーグルマップ)を活用したSEO対策と、ブログやYouTubeなどのコンテンツを活用したSEO対策を分けて運用することです。

GoogleMAP(グーグルマップ)を活用したSEO対策とは、基本的にMEO対策とよばれます。

MEO対策は何かを簡単にまとめると、Googleマップに登録された情報を広める対策のことです。

そのため、ご自身の店舗情報がGoogleマップ上に表示されていなければ対策することができませんので、まずは集客したい店舗の情報がGoogleマップに登録されているかどうかを確認する必要があります。

MEO対策をすると、検索結果の上位に店舗情報を表示させることができ、そこから来店につなげることができます。

※GoogleMAP(グーグルマップ)を活用したSEO対策の1つであるMEO対策をすることで、たとえば「代々木 飲食店」「渋谷 カフェ」のように「場所 ●●」と検索した時に上位表示させることができます。

MEO対策と、ブログやYouTubeなどのコンテンツを活用したSEO対策のやり方はまったく違うので完全に分けて考えるようにしてください。

※MEO対策では、基本的にGoogleマイビジネスに情報を更新することで対策をします。

Googleマイビジネスは、Google 検索やGoogleマップなど、さまざまな Google サービス上にビジネスや組織などの情報を表示し、管理するための使いやすい無料ツールです。
引用元:Google マイビジネスについて

ブログやYouTubeなどのコンテンツを活用したSEO対策では、基本的にwordpress(ワードプレス)というブログサービスを利用して対策する流れとなります。

wordpress(ワードプレス)を利用する際は、サーバーとドメインが必要となるため必ず費用が発生するデメリットがあります。

必ずしも有料のブログサービスを利用しなければならないというわけではありませんが、SEO対策が1番強いのはやはりwordpress(ワードプレス)なので、本気でコンテンツマーケティングを実践したい方は迷うことなくこのwordpress(ワードプレス)の導入をおすすめいたします。

※コンテンツマーケティング:ブログ記事などをコンテンツをたくさんオンライン上に公開し、そのコンテンツをweb集客の入り口にするマーケティング手法のこと

どうしても無料のブログサービスを利用したいという方におすすめなのが、note(ノート)というブログサービスです。

こちらは他の無料ブログサービスの中でも、特にSEOに強いブログサービスとなっています。

ただし、アフィリエイトができないなどのルールもあるので、目的によっては利用できないのでご注意ください。

ちなみに有名な無料ブログサービスであるアメブロも、アメブロが運営しているアフィリエイトサービス以外のアフィリエイト案件については禁止されています。

それぞれのブログサービスにルールがありますので、ビジネスでブログを活用する際はぜひしっかりと利用規約などを事前にご確認ください。

店舗集客のコツを業種別で簡単に解説

店舗集客のコツを業種別で簡単に解説していきます。

  • 飲食店の店舗集客のコツ
  • エステサロンの店舗集客のコツ

飲食店の店舗集客のコツ

飲食店へ集客するためのコツについて、以下の2つを簡単に紹介します。

  • 口コミ
  • テイクアウト

口コミ

FacebookやTwitterなどの拡散性が強いSNSから生まれる口コミは、飲食店などの店舗集客を成功させるためにとても重要です。

その口コミを発生させるために、なるべく意外性のあるクーポンを用意したり、お店の外観や内容をオシャレにしたりすることがコツとなります。

「Instagramで友だちにシェアしたい」と思ってもらうためには、どういった外観にすればいいのかをぜひ時間をかけて考えてみてください。

お店の外に面白いマスコットキャラクターを置くだけでも口コミを発生させるきっかけになりますし、スタッフの掛け声をとても謎めいた特殊な掛け声にすることで、話題を作ることができるかもしれません。

テイクアウト

「店舗集客のためのコツがテイクアウト」だと矛盾しているようですが、テイクアウトをするためだけに店舗へ来店する人も多くいます。

コロナウイルスの影響は大きく、消費者の行動が大きく変わっているため、その変化を敏感に察知できなければ店舗への集客が難しくなるでしょう。

たとえテイクアウトだとしても、1度でも来店してもらえばリピーターになってもらえる可能性が生まれます。

その際に役立つ無料ツールは、LINE公式アカウントです。

LINE公式アカウントは2019年4月から完全無料で作成して利用できるようになっています。

驚くべきはその機能の豊富さです。

オンライン上で利用することができるクーポンや、高性能なショップカード機能もすべて無料で利用することができます。

テイクアウト目的で来店してくださったお客様に対して、LINE公式アカウントへの友だち追加をお願いすることで、その後にLINEで直接アプローチをすることができるためリピーターになりやすくなります。

エステサロンの店舗集客のコツ

エステサロンの店舗集客のコツで、1番おすすめの方法を1つご紹介します。

それは、YouTubeを活用して店舗集客する方法です。

美容関係は特にYouTubeと相性が良いですが、エステサロン経営者の方で有名なYouTuber(ユーチューバー)は少ないので、チャンスがまだまだ眠っているといえるでしょう。

すでに有名な美容系のインフルエンサーとコラボなどをするだけでも、集客できる可能性があります。

ただし注意点ですが、店舗の場所が東京や大阪などの大都市でない場合は、どんなにYouTubeの視聴回数が増えたとしても店舗への集客は大きく見込めません。

エステサロンの店舗集客のためにオンライン集客の手法を活用する際は、店舗の場所が大きく影響することを忘れないでください。

人口が少ない地域の場合には、LINE公式アカウントのタイムラインを活用した集客や、Facebookを活用して地元の仲間に届くように対策する方が費用対効果が良くなることが多いです。

最後に

この記事では、店舗集客のコツを紹介しました。

オフラインの集客よりも、オンラインの集客の方がライバルが圧倒的に多くなります。

そのため、しっかりと差別化したうえで対策をしなければ集客はできません。

ぜひ今回ご紹介した店舗集客のコツである「差別化」を意識しながら店舗集客を実践してみてください。

関連記事

  1. Yahooショッピングに出店するメリットとデメリット

  2. コンバージョン率(CVR)を上げる方法【考え方や対策を解説します】

  3. ネットショップ初心者におすすめの開業先と必要な準備

  4. Googleサジェストで表示されるキーワードを操作することはできる?

  5. ネットショップの開設場所おすすめ比較します【無料・有料別】 

  6. 集客出来ない理由と改善方法をなるべくわかりやすく解説

  7. ブランディングの意味と効果的な方法【成功事例から学ぶブランディング】

  8. エステ・サロンの集客でおすすめの方法とは?【役立つツールとその活用方法…

PAGE TOP