ネットショップの運営に必要な知識とノウハウ【実施方法を細かく解説します】

近年ネットショップを立ち上げる人は増加傾向にあります。

ネットショップを簡単に立ち上げることのできるツールやサービスが普及し始め、ネットショップを持つことへのハードルが下がりました。

ネットショップ業界はそういった事で、初心者でも参入できる時代へと進化して来ています。

 

ネットショップの開設方法はこちらで解説していますので、まだ開設できていない方は参考にして下さい。

ネットショップを開設しただけでは、大きな集客は見込めません。

大きな集客を獲得するにはサイトを運営していかなければなりません。

ネットショップは作成して終わりではないのです。育てていくものだと思って下さい。

 

今回はネットショップの運営方法やノウハウを紹介していきたいと思います。

 

 

ネットショップのシステムブログ, ブロガー, オフィス, ビジネス, ノートブック, Macbook 空気, ポータブル デバイス

ネットショップの最大の特徴として、実店舗を持たなくても商品の購入がインターネット上だけで行えるという事です。

実店舗を持つことはメリットもありますが、デメリットも大きいです。

実店舗だと顧客がその場にいる人だけに絞られてしまうので、集客ができなかった場合かなりのリスクを伴います。

 

それに変わってネットショップでの販売だと方法次第では日本全国、はたまた海外へも集客が見込めます。

そしてインターネット上だと店舗代がかかりません。(ドメインやサバーのレンタル代はかかります)

スマートフォンの普及も大きな影響があります。スマートフォンがあれば何処にいても商品の注文が行える時代です。

利用客数も大幅に増えています。集客に力を入れることで流動的な顧客数を見込める事でしょう。

 

ネットショップの集客手法

ネットショップを開設したら、その次に集客を行う為の宣伝が必要となって来ます。

宣伝方法は様々な方法があります。一つ一つ紹介していきます。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とはアフィリエイターと呼ばれる宣伝主に自社製品やサイトを宣伝してもらう事です。

8netやバリューコマース等のアフィリエイトサービス提供会社に登録をする事で、アフィリエイターに宣伝してもらえるようになります。

アフィリエイトの宣伝力は高いのですが、初心者にはハードルも高いです。そしてコストもかかるので、ある程度知識や知名度が必要となります。

 

リスティング広告

リスティング広告は集客に即効性のある宣伝方法です。GoogleやYahoo!などで検索結果と連動して広告が上位表示され、ユーザーの求めているものへの関連性と紐づけられている為宣伝効果が高いです。

広告文を設定できるので、ユーザーの気持ちになって引きつける事のできる文を考えましょう。タイトルや説明文、URLは文字数制限があるので各媒体の公式サイトを確認しましょう。

リスティング広告は即効性がある反面、費用がかかってきます。

 

料金形態としては、クリックされて初めて料金が発生するシステムとなっています。この料金は自身で設定する入札価格と広告の品質によって決定されます。

広告掲載順位も入札価格やクリック数、広告の品質によって決められています。

 

SEO対策

ネットショップを運営する上で切っても切り離せない関係であるのがこの『SEO対策』です。

商品に関する事を記事にして集客を見込むコンテンツSEOや、特定のジャンルに特化したネットショップを作成しターゲットを絞って集客を行う方法、

ユーザーファーストかつ独自性のある優良サイトでファンを増やす方法、上位検索ヒットを狙ったキーワードの選出を重視する方法、SEO対策にも様々な方法があります。

 

ユーザーにいかに有利な情報を提供できるかが鍵となっています。

ただキーワードをたくさん入れる事が正解ではありません。

ユーザー目線に立ち、適切な文章、適切な写真やイラストの配置を心がけ見やすいサイトを運営する事が上位検索へと繋がっていきます。

 

SNSの活用メディア, 社会的なメディア, アプリ, 社会的ネットワーク, Facebook, シンボル, デジタル

TwitterやInstagram、Facebookなど、様々なSNSを有効活用する事で大きな宣伝効果を生み出す事ができます。

SNSの利用者数は年々増加傾向にあり、年配の方、大人、子供。老若男女問わず利用されています。

世界各国も同様、大多数がSNSを利用しています。

 

SNSほど宣伝する場として有益なところはありません。どんどん活用していきましょう。

その中でもInstagramの影響力は大きく、多くの企業もInstagramでの広告宣伝を導入しています

もちろん個人販売の方達も広告宣伝しています。宣伝方法としては3パターンあります。

 

一つ目は、ネットショップを既にお持ちのアカウントで宣伝する方法です。

この方法はお持ちのアカウントの知名度やフォロワー数に大きく左右されますが、ある程度フォロワーがいる方には必見です。

ネットショップ専用のアカウントが欲しいという方は、投稿を見てくれるフォロワーの獲得から始めなければいけませんが、特化したアカウントとなる為見やすく好まれるアカウントになる事でしょう。

その為には日々の更新や、写真の撮り方、独自性のある読みやすい文章、そしてハッシュタグを有効に使う事でフォロワーを獲得する事ができます。

 

二つ目は、企業側にお金を払ってInstagramのストーリーや投稿に広告を掲載してもらう方法。Instagram利用者はかなりの数いるので閲覧者も多く大きな広告塔となってくれる事でしょう。

三つ目は、二つ目に紹介した方法と似ているのですが、企業側ではなく、Instagram利用者に宣伝してもらう方法です。

Instagramにはインフルエンサーである、インスタグラマーという人たちが存在しています。

 

インスタグラマーとは、フォロワー(フォローしてくれている人)を多くもち影響力が大きい人たちのことを指しています。

そういったインスタグラマーたちに自社製品を紹介してもらう企業も多くなっています。

インスタグラマーも年齢関係なく大勢いるので、商品のニーズに合わせて紹介してくれるインスタグラマーを見つけてみるのも一つの戦略です。

 

ネットショップの品質や価格設定

品質はショップ運営に大きな影響を及ぼします。

いくら安くても品質が悪ければ顧客もリピーターも見込めませんし、信用を失ってしまいます。

ネットショップを運営するにあたって信用はもっとも大切にすべき点だと思います。

徹底した品質管理を心がけましょう。

 

他者との差別さを測るのに一目で分かるのは価格設定です。

他者と同じ商品や条件の場合、価格面で優位に立つ事ができればユーザーも獲得できます。

自身の利益を優先するのではなく、いかに顧客が着く設定なのか、リピーターが着く設定なのかを見極めて価格設定を行いましょう。

 

ネットショップの配送システム

配送管理も徹底しなくてはなりません。

商品が安くて品質も良いものを揃えているのに、商品到着までに時間がかかるショップでは、ユーザーは激減してしまいます。

 

在庫管理や仕入先とのコンタクトは気を抜かずに行いましょう。配送システムが悪いと信用問題に関わります。

品質、価格、配送システム、どれがかけてもいけません。

その三つをしっかりと徹底する事で、顧客満足度が上がりリピーターも見込める事となるでしょう。

 

多種多様な決済サービスを用意する

ネットショップにおける決済方法の手段は充実させておく事が重要です。

クレジットカードや後払い(コンビニ決済)、銀行振込、代引きシステムだけじゃなく、ペイペイ、楽天ペイ、Amazonペイ、などの導入をしておくとその分顧客が増加します。

他者との差別化も測れる為、たとえ同じ商品、同じ品質、同じ価格だったとしても売り上げは大きく変わってきます。どうやって買ってもらうかを考えることも忘れてはいけません。

 

集客率の高いWEBデザインGoogle, 検索エンジン, ブラウザー, 検索, インターネット, Www, Http, Web

集客する上でやはりサイトの見易さは重要になってきます。

シンプル過ぎても内容が薄いと判断される可能性があり、逆に情報を詰め過ぎても見にくいと判断される可能性もあります。

双方の良いところを取りつつバランスのとれたサイト運営をしなくてはなりません。

 

専門的なことを言うと、集客力のあるデザインはレイアウトを2カラム右サイドバーに設定、コンテンツの下にCTAを配置、アイキャッチ画像は分かりやすく伝わりやすいものにする、

SNSとの連携ボタンを配置、などがなされていたりします。

デザインが引き込まれるものであったり、分かりやすい内容でより洗練されたサイトを運営する事で、サイトを訪問してくれた人が満足し集客へと繋がります。

 

レスポンシブデザインに対応する

スマートフォンにも対応したレスポンシブデザインを導入させる事で集客をします。

Googleはパソコンのページを主体に上位検索への順位付けを行なっていましたが、モバイルページ主体へと進化させました。

スマートフォン等のモバイルからのアクセスが増加したからです。

 

それに伴い、ネットショップ運営者もスマートフォンに対応したレスポンシブデザインを導入させるさせる事でSEO対策を行なっていかなければなりません。

スマートフォンでサイトを見た時に、しっかりと情報提供がされているかが重要になってきます。

文字の羅列や文字のサイズもパソコンからでも、スマートフォンからでも見やすい設定にしておきましょう。

 

Googleがモバイルユーザーにとって見やすいサイトであるか判断する基準として『モバイルフレンドリー』というツールを提供しています。

モバイルフレンドリーのツールを使う事で、サイトの文字が大き過ぎないか、小さ過ぎないかを判断できたり、

文章の羅列が正確に反映されているか、余白が十分にあるか、などが確認できます。チャックしておきましょう。

 

モバイルフレンドリーツール-(Google Search Console)

 

スパムやハッキング対策を行うクレジットカード, 借方, 盗難, ペイメントカード, 南京錠, アイデンティティ, 泥棒, データ

インターネット上でネットショップを運営する際は、セキュリティーを強化する事は必須事項です。

顧客情報を取り扱う為、その点をおざなりにしてしまうと情報漏洩に繋がり、信頼を失うことになりかねません。

インターネット利用者は星の数ほどいます。

 

閲覧者が多いほど悪意のあるスパムやハッキングが行われる可能性が高くなります。

顧客を守り、自身も守りましょう。

スパムやハッキングに対応したツールやサービスは充実しているので、ご自身にあったプラン内容やツールを選んで万が一の時のために対策しておきましょう。

 

まとめ

今回の記事ではネットショップの運営方法、ノウハウについてご紹介致しました。

ネットショップは作成して終わりではなく、運営をしていかなくては集客は見込めません。

SEO対策や広告宣伝、セキュリティーにはしっかり力を入れてサイトを育てていきましょう。

 

上記でご紹介した方法を取りれて頂ければ、優良なサイト運営ができると思います。

初めはわからない事だらけかもしれませんが、根気強く取り組む事でユーザーからの信頼も得られるようになるでしょう。

何事も継続力が大切なので、集客が難しくても諦めずにサイトを育てていきましょう。

そうする事で必ずサイトは成長していきます。

 

 

 

関連記事

  1. ネットショップの開設場所おすすめ比較します【無料・有料別】 

  2. Yahoo!ショッピングに効果的なSEO対策【検索上位表示の為の6つの…

  3. Youtubeの集客・SEO対策の方法と成功させるコツ【どのように集客…

  4. 楽天RPP広告の効果と運用方法【最大限に効果を発揮させるには?】

  5. ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選【在庫管理のポイントも解…

  6. ネットショップの開設方法と基礎知識【WordPressを使った開設方法…

  7. ネットショップ作成サービスのおすすめ・比較

  8. Web集客の種類と優先順位【効果が高いのはどれ?いち早く成果を出すには…

PAGE TOP