Amazon商品ターゲティング広告の活用方法【向いている商品の特徴は?】

2018年にAmazonが行ったアップデートで、ASINをターゲティングしたスポンサープロダクト広告(商品ターゲティング広告)を掲載する事ができる機能が追加されました。

今までもAmazonの商品詳細ページに広告を掲載する事はできましたが、あくまでもキーワードターゲティングによるものであり、ユーザーが検索したキーワード等に基づいて表示されていました。

 

分かりやすく説明すると、例えばユーザーが「ワンピース」と検索して、検索結果に表示された商品の一つをクリックしたとします。

この場合、Amazonのアルゴリズムによって他のワンピースや関連するレディースファッションの商品の広告が表示されるわけです。

これに対して商品ターゲティング広告の場合は、特定の商品(ASIN)に対してターゲティングを設定する事が出来るので、例えば売れているライバル出品者のワンピースの商品ページに自社のワンピースの商品の広告を掲載できるのです。

 

このように商品ターゲティング広告を活用すれば、マーケットシェアを奪い売り上げをアップさせるだけでなく、認知度のアップにもつながります。

結果として大きく売り上げアップに繋がると予測できるでしょう。

 

こちらでは、Amazon商品ターゲティング広告を上手に活用し、Amazon販売を促進するための方法をご紹介します。

是非参考にしてください。

 

 

 

Amazon商品ターゲティング広告とは?

Amazon広告の一つであるスポンサープロダクト広告には、「キーワードターゲティング」と「商品ターゲティング」の種類の方法があります。

今回ご紹介する商品ターゲティング広告とは、スポンサープロダクト広告の種類の一つです。

 

前述でASINに対してターゲティングする事が出来ると述べましたが、ASINだけではなく自分で指定したカテゴリに対しても紐づけで広告を表示できます。

実際に商品ターゲティング広告がどこに表示されるのか見てみましょう。

 

  • 検索結果画面
  • 商品カタログ画面

 

検索結果画面

商品ターゲティング広告の表示場所は従来のキーワードターゲティングと同じで、スポンサープロダクト枠に表示されます

どのようにして露出されるのかというと、指定したASINが検索窓に検索され結果が表示されたときに、スポンサープロダクト枠に表示される仕組みになっています。

ただし、キーワードターゲティングやオートターゲティングと同じ枠であるため、広告の品質スコア(広告の全般的な品質)によって表示されたりされなかったりする場合があります。

商品カタログ画面

2つ目の表示場所は、商品詳細ページの下部にある「この商品に関するスポンサープロダクト」の部分です。

本来はオートターゲティングの際に表示される場所なのですが、商品ターゲティングであればASINを指定して特定の商品に対して広告を表示できるので、商品詳細ページにもピンポイントで表示が可能なのです。

なお、ASIN毎に「入札単価」を設定でき入札単価が高ければ高いほど、商品詳細ページに広告が表示される確率も高くなります。

 

Amazon商品ターゲティング広告の効果

商品ターゲティング広告は特定の商品が検索されたときにだけ広告が表示される仕組みになっていますが、実際にはどれくらいの広告効果があるでしょうか。

 

例えば、競合商品のである「デニムショートパンツ」のASINを指定してターゲティングし、自社商品の「ベルト」を5種類ほど広告として表示させるように設定したとします。

これはワンピースを購入するときに、同時にベルトを購入したいというユーザの意欲を狙った作戦です。

 

商品ターゲティング広告はキーワードターゲティング広告などと同様に、CPC(クリック単価)によって、広告が表示される割合が変わってきます。

なので、商品ターゲティング広告を確実に表示するためにも、クリック単価をAmazon内でのキーワードターゲティング広告のクリック単価と同額にするとします。

同額くらいに設定にしないと結局広告がほとんど表示されなくなってしまい、広告効果を十分に得られないので注意しましょう。

 

このように「この商品を買うならこれも一緒に買いたくなるのではないか」などと考えて工夫し、商品ターゲット広告を運用した結果、

商品ターゲティング広告のコンバージョン率(CVR)はキーワードターゲティング広告よりも高くなる傾向にある事が分かっています。

アイデア次第では、商品ターゲティング広告の方がキーワードターゲティング広告よりも2倍ほどの効果を発揮するのです。

 

もちろん、活用の仕方次第ではキーワードターゲティングよりも効果が出ない可能性はあります。

しかし、Amazon商品ターゲティングを上手に活用できれば、今までかかっていた広告費用よりも安く、売り上げも確実に上げていく事が出来るのです。

 

商品ターゲティング広告に向いている商品の活用方法

商品ターゲティング広告には向き不向きがあるので、商品ターゲティング広告の効果を最大限に発揮する事が出来る活用方法を3つご紹介します。

 

  1. 広告クリック単価が低い
  2. 他の商品よりも安い商品
  3. ある商品と一緒に消費される商品

 

広告クリック単価が低い

CPC(クリック単価)がすでに高騰していて市場が飽和状態にあるような商品には、商品ターゲティング広告は向いていません。

この状態で新しく商品ターゲティング広告を始めても、はっきりとした効果は得られず広告費用が無駄になってしまう可能性があるでしょう。

逆に、広告クリック単価がまだ低い商品であれば、キーワードターゲティングよりも効率よく、簡単にユーザーを呼び込むことができます。

無駄な広告費をかけないためにも、必ず確認するようにしてください。

他の商品よりも安い商品

価格競争力があり他の商品よりも安い商品は、商品ターゲティング広告を活用するのが有効です。

特に似たような商品が数多く出回っているっけれど自社商品の方が安い場合は、商品ターゲティング広告を使うべきです。

特に有名なブランドの商品ページに直接広告を掲載する事で、大きな効果を得られるはずです。

ユーザーは安ければ安いほど商品に興味をもって詳細ページを開いてくれます。価格が安いという事はAmazon販売において非常に有利なのです。

 

ある商品と一緒に消費される商品

前述した例のようにショートパンツと一緒にベルトの広告を表示させるなど、「ある商品と一緒に消費される商品」は商品ターゲティング広告に適しています。

意外と商品の中にはセットで売れそうな商品がたくさんあります。

スノーボードウェアであればゴーグルだったりニット帽子だったり、グローブであったりとたくさん考えられますね。

このように関連する商品や一緒に消費される商品を狙って、商品ターゲティング広告を表示させると効果が高くなります。

あなたの商品にも興味を持ち商品ページを開いてもらう機会を増やしてくれるわけですね。

 

Amazon商品ターゲティング広告を始める前にやるべき3つのこと

Amazon販売を促進させるために、また、商品の認知度を高めるためにも、商品ターゲティング広告は欠かせない事が分かりました。

では実際にどのようにして商品ターゲティング広告を始めていくのか、Amazon商品ターゲティング広告を始める前にやるべき3つのことを解説します。

 

  1. Amazon内でキーワード検索をする
  2. 検索結果の上位の商品をチェックする
  3. 商品ターゲティング広告のキャンペーンを作成する

 

Amazon内でキーワード検索をする

いきなり商品ターゲティング広告のキャンペーンを作成するのではなく、まずはどのキーワードで表示させたいのかを考えましょう。

そしてそれらをいくつか考えたうえで、Amazon内でキーワードを検索してみてください。

あなたの商品はどのくらいの位置にあるでしょうか。

 

探すのが困難な場合は、「Arrows10」などを利用して自分の商品がどのような検索キーワードで表示されるのかを調べる事もできます。

自分の商品がどのようなキーワードで検索されどれくらいの位置にあるかをしっかりと把握するようにしましょう。

 

検索結果の上位の商品をチェックする

思い浮かんだキーワードで何個か検索してみたら、それぞれの検索結果の上位の商品をチェックしASINを控えておきましょう。

Web Scraper」や「ZonASINHunter」などのツールを利用すれば、Amazon検索結果画面からASINを抽出してCSVファイルにエクスポートする事も可能です。

検索結果上位の商品をいくつかリストアップできたら、その中に関係のない商品が混じっていないか調べ混じっている場合は除外しましょう。

 

例えば「レディース Tシャツ」で検索したにも関わらず、メンズのアイテムが混じっている事があります。

このような商品は商品ターゲティングから除外すべきなので、全て取り除き必要な商品だけを残してリストアップしてください。

 

商品ターゲティング広告のキャンペーンを作成する

ASINリストが完成したら、商品ターゲティング広告のキャンペーンを作成していきます。

Amazon商品ターゲティング広告のキャンペーンの作成方法は以下の手順になります。

 

  1. Amazonセラーセントラル>スポンサープロダクト広告を開く
  2. マニュアルターゲティングを選択する
  3. 広告を出したい商品を選択する(自身が出品している商品)
  4. 商品ターゲティング広告を選択する
  5. 「カテゴリー」又は「個々の商品」を選択する
  6. 広告を表示させたいカテゴリーや商品を入力する

カテゴリーで商品ターゲティングを行う場合は、カテゴリーから選択する事になりますが、カテゴリーを選択しただけではあまりにも範囲が広すぎてしまいます。

なので「絞り込み」を行って対象範囲を絞り込みましょう。

 

絞り込みでは、ブランドや価格帯、レビューの星の数、配送方法(プライム配送かプライム対象外か)を指定できます。

例えば商品に関連がありそうで、ユーザーが興味を持ちそうなブランドがあれば指定したり、同一価格帯に絞るなどが効果的です。

レビューの星の数が少ない商品に広告を表示させても効果が見込めないので、レビューが3以下の商品は外してしまってよいでしょう。

あなたが商品ターゲティング広告を配信したい商品に合わせて絞り込みの設定を行ってください。

 

除外キーワードがあればそれらも設定し、最後に「キャンペーンの作成」をクリックすれば設定完了です。

 

最後に

Amazon商品ターゲティング広告の活用方法について、向いている商品の特徴を解説しました。

商品ターゲティング広告は、ASINを指定してピンポイントで広告を表示させることが出来るのが魅力でした。

 

競合商品の商品ページに自社商品の広告が掲載されれば、商品を見てもらえる回数も増え売り上げがアップするはずです。

セットで売れそうな商品を広告で出したり、他の出品者よりも比較的価格が安い場合は、特に商品ターゲティング広告がおすすめです。

中には商品ターゲティング広告が向いていない商品もあるので、今回の記事を参考にしっかりと見極めて、参考にしていただければ幸いです。

 

関連記事

  1. Amazonの売上げを上げる5つの方法【売上を劇的に上げるためにやるべ…

  2. AmazonのSEO対策と検索上位表示の為の6つの施策

  3. Amazonに個人で出品する方法【必要な費用や店舗名について解説します…

  4. Amazonの販売手数料・出品手数料【Amazon出店にかかる費用を解…

  5. Amazonの販売促進に効果的な集客方法【売上げを伸ばす集客のコツ】

  6. Amazonスポンサーブランド広告の特徴と活用方法【最適化のためのコツ…

  7. Amazon広告運用セミナーの開催

  8. Amazonに出店するなら小口出品と大口出品どっち?【違いについて詳し…

PAGE TOP