Amazon広告の始め方と設定方法【仕組みを詳しく解説します】

Amazonは日本最大級のオンラインストアであり、日常生活に欠かせないあらゆる商品やサービスを提供しています。

また、Amazonの出品数は年々増えており、あらゆるジャンルの商品が毎日出品されています。

 

そんな中で、Amazonに新規出品をしたものの商品が埋もれてしまって売れないというのはよくあることです。

せっかくAmazonの集客力を活かして販売をしようと思っても、商品ページにアクセスがなければ売れる事はありません。

Amazon販売の新規出品において、Amazon広告の活用は欠かせないのです。

 

Amazon広告の始め方と設定方法を解説します。

これからAmazon広告を運用したいと思っている方は、是非参考にしてください。

 

 

Amazon広告とは?

Amazon広告(Amazon Advertising)とは、ユーザーの関心を引き働きかけるための広告ソリューションです。

Amazonに訪れているユーザーは基本的に「何かを購入したい」という目的があって訪れているため、購入意欲が高いのが特徴です。

 

なのでAmazon広告を活用する事で、購入意欲の高いユーザーに対して効果的なアプローチが可能となります。

Amazon広告を活用する事は、他のライバルや企業を出し抜くチャンスなのです。

 

Amazon広告の仕組み

広告配信と聞くと何やら難しく感じますが、Amazon広告の仕組みはかなりシンプルです。

Amazon広告の仕組みは、だいたいリスティング広告(ユーザーが検索したキーワード(検索語句)に連動して掲載される広告で)と同じなので、

広告配信初心者の方にも理解していただけるかと思います。

 

Amazon広告の仕組みとリスティング広告の共通点については、ざっくりと以下のようになります。

  • クリック課金型
  • キーワードで細かなターゲティングが可能
  • オートターゲティングとマニュアルターゲティングが選べる
  • 入札単価の調整が可能

 

特にキーワードを指定するのは非常に重要で、検索されたキーワードによって検索結果の下や検索結果の上部、商品詳細ページなどに広告が表示される仕組みです。

Amazonでは前述したように購入意欲の高いユーザーが多いので、検索結果の1ページ目しか見ない人がほとんどです。

そのためAmazon広告を活用して、新規出品した商品を上位結果に表示させる必要があります。

 

いかにキーワードを細かく適切に設定して、広告費用を節約しながら商品を表示させることができるかがポイントになります。

 

Amazon広告の種類

Amazon広告の運用を開始するためには、まず運用する広告の種類を選ぶ必要があります。

Amazon広告の種類は以下の7つに分かれています。

  1. スポンサープロダクト広告
  2. スポンサーブランド広告
  3. ストア
  4. ディスプレイ広告
  5. 動画広告
  6. カスタム広告
  7. Amazon DSP

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

 

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は商品検索結果ページや商品詳細ページに掲載される広告で、商品の認知度を高めるのに効果的です。

商品の認知を高める事で、お客様が商品を見つけて購入する可能性をアップしてくれます。

 

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、ブランドロゴ・カスタム見出し、および最大 3 つの商品を掲載した広告です。

検索結果の上部に表示され、ブランドや商品ポートフォリオの認知度を高めるのに効果的です。

 

広告主が販売している商品に似た商品を探しているユーザーにアプローチができるので、ユーザーの購入意欲が高い状態で注目を集めることができます。

 

ストア

ストアは、ブランド専用の複数ページにわたる無料ウェブサイトを作成し、ブランドと商品を宣伝できる広告です。

ストアは無料で作成できますが、Amazonブランド登録に登録しベンダーを招待した出品者のみが利用する事ができます。

 

なお、ストアでは商品ラインナップ、関連商品、おすすめ商品を紹介できます。

お客様専用の amazon.co.jp のウェブアドレスを取得できるので、Amazon内の広告からお客様を誘導する事も可能です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、AmazonおよびAmazon以外のサイトで、購入客にアピールし興味を持たせることができる広告です。

AmazonのWebサイト、アプリ、デバイスの他、Amazonが所有していないサイトやアプリでも、ディスプレイ広告を表示可能となっています。

 

関連性の高いオーディエンスにリーチする事ができるので、無駄な広告費用をかけずに運用できるのもポイントです。

なお、ディスプレイ広告はAmazonで商品を販売している企業も、販売していない企業も購入可能です。

動画広告

動画広告は、ブランドや商品のストーリーを伝えるのに最適な広告です。

商品との関連性が高い買い物客にコンテンツが表示される仕組みとなっており、様々な環境でアプローチをかけることが可能です。

Amazonのウェブサイトなどに表示されるため、信頼と品質の高い環境でブランドメッセージを表示できるのもポイントでしょう。

カスタム広告

カスタム広告は、ウェブサイトでのデジタル広告から輸送箱まで、Amazonが提供するさまざまなタッチポイントを活用して統合されたブランドを演出できる広告です。

Amazonで商品を販売しているかどうかにかかわらず、商品またはブランドを宣伝する事ができます。

カスタム広告については担当者が個別にサポートしてくれるので、広告運用が初めてでも安心して運用できます。

Amazon DSP

Amazon DSPは、広告主がディスプレイ広告と動画広告をプログラムの運用形式で購入できる、デマンドサイドプラットフォームです。

Amazonサイトやアプリにおいて、Amazonが直接取り引きする掲載枠や第三者 Ad Exchange を通じた掲載枠に、運用型広告を掲載する事ができます。

なお、Amazonで商品を販売している広告主だけではなく、販売していない広告主も利用可能となっています。

 

Amazon広告の始め方

Amazon広告を始めるためには、Amazonアカウントの取得が必須です。

アカウント取得後の主な流れはいかになります。

  1. Amazonアカウントを取得する
  2. Amazonへ出品を行う
  3. Amazon広告を設定する

ここで確認したいのが、Amazonに商品を卸している卸業者もしくは、Amazonに出品している小売業者のどちらに当てはまるかです。

これにより出稿の方法が変わってくるので、必ず確認するようにしましょう。

 

Amazon広告の設定方法

どのAmazon広告を運用するか決めたところで、続いてAmazon広告の設定について解説していきます。

Amazon広告の設定方法は広告の種類によって異なるので、こちらでは一番メジャーな「Amazonスポンサープロダクト広告」について解説していきます。

  1. セラーセントラルにログイン後、広告>広告キャンペーンマネージャーをクリックする
  2. キャンペーンの種類を選択する
  3. キャンペーンを作成する

 

セラーセントラルにログイン後、広告>広告キャンペーンマネージャーをクリックする

まず、セラーセントラルにログインします。

上部のメニューある、広告>広告キャンペーンマネージャーをクリックします。

 

キャンペーンの種類を選択する

どの広告を利用するのか、キャンペーンを選択します。

(こちらではAmazonスポンサープロダクト広告を選択し、解説していきます。)

 

キャンペーンを作成する

1日の予算や広告掲載の開始日と終了日、ターゲティングをオートにするかマニュアルにするかなどを設定します。

広告掲載の終了日については、1年中売れる商品であれば設定の必要はありません。

しかし、季節と関係ある商品の場合は無駄な広告費用が発生してしまうので、必ず設定するようにしてください。

 

オートターゲティングとマニュアルターゲティングの違いは?

キャンペーンを作成時の設定項目である、オートターゲティングマニュアルターゲティングの違いについて説明します。

まず、オートターゲティングはAmazonが広告の商品に類似したキーワードと商品をターゲティングし自動で表示する仕組みです。

オートターゲティングを使用すれば、簡単かつ迅速にキャンペーンを作成できるのがメリットでしょう。

 

これに対しマニュアルターゲティングは、特定のキーワードおよび商品にターゲットを設定できます。

また、キーワードに対し広告商品に関連するカテゴリー、商品、ブランド、または機能を選択できるのでかなり絞り込んだ広告配信が可能です。

ターゲティングの経験が豊富な場合は、マニュアルターゲティングを選んだ方が広告費用を節約できるでしょう。

 

Amazon広告の管理方法

Amazon広告は、出稿したら終わりではありません。

出稿後も以下の3つの操作が必須となります。

  1. 入札額の調整
  2. キーワードの追加・削除
  3. キャンペーン・広告グループの停止

 

入札額の調整

設定した入札額を調整します。入札額が大きいほど広告が表示される割合も多くなります。

キーワードの追加・削除

足りないキーワードを追加したり、不要なキーワードを削除します。

広告費用の節約につながります。

キャンペーン・広告グループの停止

不要になったキャンペーンや広告グループ(同じ一連のキーワードおよび商品を共有する広告をグループ化したもの)を停止します。

 

Amazon広告で成功するためのポイント

Amazon広告の運用を開始したからといって、売り上げが必ずしも伸びるとは限りません。

適切な広告配信を行っている事はもちろん、以下の対策も必須となります。

  • 商品ページの最適化
  • 適切なターゲティング

 

商品ページの最適化

Amazon広告を運用する前に、大前提として商品ページを最適化しておくことが挙げられます。

いくら広告を表示させてもアクセスを集めても、商品ページが充実していなければ購入してくれる人は増えないでしょう。

商品画像、商品説明、商品サイズなどを書く事はもちろん、内容を充実させ購入意欲がわくような商品ページを準備してから広告運用を始めて下さい。

 

適切なターゲティング

Amazon広告で何よりも大切なことは、適切なターゲティングを行う事です。

例えば、帽子が欲しいと思っている人のところにおもちゃの広告が表示されても、買ってもらえないのは当然でしょう。

検索結果に近い商品や、関連商品を表示させるように心がけましょう。

 

最後に

Amazon広告の始め方と設定方法、仕組みを詳しく解説しました。

Amazon広告の種類は7種類と、多いのでどれを使ったらいいのか悩んでしまう事と思います。

種類については、Amazon広告の種類と特徴【仕組みや運用のコツもご紹介します】の記事で詳しく解説しているので是非参考にしてください。

 

どの広告を運用するかによって、その効果は大きく変わってきます。

また、Amazon広告では商品によって、広告を組み合わせながら出稿するという方法も有効なので是非挑戦してみてください。

 

関連記事

  1. Amazonの商品紹介コンテンツを作成する方法【2020年最新版】

  2. Amazonの出品アカウントを複数作成する方法【メリットや注意点を解説…

  3. Amazonの販売手数料・出品手数料【Amazon出店にかかる費用を解…

  4. Amazonスポンサーブランド広告の最適化戦略

  5. Amazonスポンサープロダクトの効果的な運用方法と9つのコツ

  6. Amazonでアパレル商品を出品して稼ぐ方法【仕入れ先や注意点も解説し…

  7. Amazonの売上げを上げる5つの方法【売上を劇的に上げるためにやるべ…

  8. Amazon輸出ツールアマトピアのおすすめの機能

PAGE TOP