ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違い

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いについてまとめていきます。

SEO対策を行うことで継続的に集客ができるようになるため、SEO対策を請け負う業者の費用は基本的に高額となります。

しかし、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いの知らなければ、その高額な費用が水の泡になってしまうリスクがありますので、ぜひこの記事で理解を深めていただければ幸いです。

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違い

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いは、簡単にまとめるとGoogleのルールに従ってSEO対策をしているか、そうでないかの違いです。

ブラックハットSEOについては、Googleのルールに従わずにグレーゾーンを狙ってSEO対策するのに対して、

ホワイトハットSEOについては、Googleのルールに従ってSEO対策する手法といえます。

昔であればブラックハットSEOの手法を行うことで、時間をかけずに簡単に検索エンジンで上位させることができましたが、現在はGoogleの検索エンジンは進化しているのでグレーゾーンがせまくなりブラックハットSEOが難しくなっています。

現在だと、ブラックハットSEOをするとGoogleからペナルティーを受けて、サイトが検索エンジンで上がらなくなるのでリスクが伴います。

ブラックハットSEOよりもホワイトハットSEOの方が安全で長期的にみても効果を期待できるので、時間はかかるリスクはありますが、ホワイトハットSEOを実践することをおすすめします。

ブラックハットSEOとはどういう意味なのか?

ブラックハットSEOとは、簡単にまとめるとズルをして検索エンジンの上位表示を狙うSEO対策のこと。

Googleの検索エンジンが推奨しない不正な方法を利用して、検索順位を上げるテクニックのことを指して、ブラックハットSEOということが多いです。

Googleの検索エンジンの歴史は長く、その歴史に伴ってSEO対策のやり方も時代ともに変化してきています。

じつは昔であれば、ブラックハットSEOでも効果を期待することができました。

ブラックハットSEOはグレーゾーンを狙って順位を上げる手法ですが、最近ではそのグレーゾーンがせまくなり、ブラックハットSEOでの効果は期待できなくなってきています。

つまりブラックハットSEOとは、検索エンジンが登場した頃に有効だといわれ使われてきた、古いSEO対策のノウハウであるともいえるでしょう。

昔のGoogleの検索順位の決定方法について

昔のGoogleの検索順位の決定方法については、今と比べるとものすごく単純でした。

検索されたキーワードが、そのブログ記事のページ内にどのくらいの割合で含まれているか、そういった小手先のテクニックだけでGoogleの検索エンジンで上位表示させることができる時代があったということです。

そのため、HP(ホームページ)やブログ記事の中に狙いたいキーワードを詰め込んだユーザーからみてわかりずらい質の低いページだとしても1ページに表示することができたのです。

当時は、他の人のサイトの文章をコピペして貼り付けたものを大量生産したりする業者も多く、ブラックハットSEOのやり方を高額なコンサルティングで教えたり、ノウハウをまとめて高額な情報商材として販売するコンテンツマーケッターも多くいました。

ブラックハットSEOの手法について

ブラックハットSEOの手法について、それぞれのやり方を簡単に解説していきます。

※ちなみに、現在はこれらのブラックハットSEOの手法を実践すると、Googleからペナルティーを受けて検索エンジンで上位表示できなくなるのでおすすめしないやり方です。

  • ワードサラダ
  • クローキング
  • 隠しテキスト
  • 隠しリンク
  • お金で買う被リンク
  • コピーコンテンツ

ワードサラダ

ワードサラダとは、文法的には間違っていなくても、意味がめちゃくちゃな文章のことです。
※例えば、「検索エンジンは難しいけど、私は旅行が大好きです。そういえばそろそろ忙しいです」といったようなかんじです。

この文章は文法的には正しいですが、意味がめちゃくちゃな文章だといえます。

自動ツールなどで文章を大量生産しようとすると、こういった良く意味がわからない文章が作成されることがあります。

たとえば、Google翻訳で英文を日本語に直してそのまま記事として公開しても、それはワードサラダになるのでブラックハットSEOといえます。

昔Googleの検索エンジンは、そのワードサラダをスパムと認定できないことも多かったですが、最近はAIの進化のおかげもありGoogle検索エンジンは進化してワードサラダをスパム認定することができるようになっています。

有料の自動化ツールは現在でもたくさんありますが、文章の構造が正しいからといってペナルティーを受けないと思っていた方は注意が必要です。

Googleからの評価は悪くなり結果としてペナルティーを受けて検索エンジンで上位表示できなくなってしまうおそれがあります。

 

クローキング

クローキングとは、そのサイトにアクセスしている人によって、表示されるHTMLの内容を変えることを意味します。

※IPアドレスやユーザーエージェント名によってページの内容を変更するパターンが多いです。

ブラックハットSEOにおけるクローキングについては、検索エンジンからアクセスしてきた場合にだけ、特定のキーワードが多く含まれるHTMLを返すことによって、検索エンジンの評価を高めようとする行為のことを基本的に指します。

こうしたクローキングの行為はユーザーに被害をもたらす危険性があり悪質なので、Googleにバレた場合にはそのサイトは検索エンジンで上がらなくなります。

隠しテキスト

隠しテキストとは、簡単にまとめると、ユーザーからみえないけどGoogleの検索エンジンにのみ伝達する目的で隠してあるテキストのこと。

サイトに訪れたユーザーがブラウザ上でサイトを閲覧したときには表示されず、検索エンジン側のみに影響が出るよう隠してあるテキストのことを指します。

昔は隠しテキストを挿入するだけで1ページ目にサイトを表示させることができたので、こういったスパムみたいな行為を行う人が急増していました。

現在はもちろん、この隠しテキストを利用したブラックハットSEOには効果はなく、逆に悪影響を及ぼすことになるのでおすすめできない手法となります。

じつはこの隠しテキストについては、意識的にやっていなくても無意識的にやってしまっている方が多いのが特徴的です。

たとえば、意図せずに隠しテキストのブラックハットSEOを行ってしまうケースで多いのが、見出しタグを隠してしまっているパターンです。

間違って見出しタグをいれてしまい、そのままにしておくと評価に多少なりとも影響する可能性があります。

最近のSEO対策の評価基準としては見出しタグは昔ほど重要視されていない印象ですが、今だに見出しタグをいれることでSEO対策の効果があるのは事実です。

見出しタグは全て表示させるようにし、余力があれば装飾まで行ってユーザーが閲覧しやすくなるようすることをおすすめします。

 

隠しリンク

隠しリンクについては、隠しテキストと内容はほとんど同じとなります。

隠しリンクにと隠しテキストの違いは、隠れているものがテキストかリンクかの違いです。

隠しテキストよりも隠しリンクの方がユーザーに被害をもたらす可能性が高いため、こういったブラックハットSEOをしても検索エンジンには基本的にあがることありません。

隠しリンクを使ったブラックハットSEOのやり方の例

  • テキストリンク部分だけ背景色と同じ色にする
  • テキストリンクの装飾を変更しテキストと見分けがつかないようにする
  • ある画像の一部分だけをリンクに変更する

 

お金で買う被リンク

ブラックハットSEOというと、このお金で買う被リンクをイメージする方も多いかと思います。

現在でも被リンクをもらうことはSEO対策で有効に働きますが、費用を支払って被リンクをもらうとGoogleからペナルティーをもらいます。

自然な形で被リンクをもらった場合のみ、SEO対策で効果を発揮しますが、不自然な被リンクについては悪影響を及ぼすリスクがあるので注意が必要です。

昔は特にこの被リンクがSEO対策で効果があったため、意図的に被リンクを作り出しGoogleの検索エンジンで上位表示する業者もたくさんありました。

現在でもたまにこういったブラックハットSEOの手法を使用している業者があるくらい、影響力の大きいやり方ですが、現在はやはりおすすめできない方法となります。

 

SEO対策はユーザー目線で考えることが何より重要となります。

たとえ被リンクを高いお金で買ったとしても、そのサイトがユーザー目線でみたときに価値の薄いサイトであれば検索エンジンで上位させることは難しいです。

そういった小手先のテクニックが通用する時代は終わっているので、今後SEO対策をする予定の方はこれから解説するホワイトSEOを実践することを心からおすすめいたします。

ホワイトハットSEOとはどういう意味なのか?

ホワイトハットSEOとは、1言でいえばブラックハットSEOの逆です。

つまり、Googleが推奨する方法でSEO対策をおこなう手法です。

「Googleスタートアップガイド」に記載されている項目を実践するかたちです。

この「Googleスタートアップガイド」にはたくさんの項目がありますが、すべてを完璧に理解していなくてもユーザー目線で考えることを意識すれば、だいたいのことホワイトハットSEOに当てはまります。

 

最後に

Googleの検索エンジンはどんどん進化していますが、現在もまだ完璧というわけではありません。

そのため、その抜け道を狙う業者もありますが、一時的に検索上位に上がるだけですぐ下がる可能性が高いので業者を選ぶときはホワイトハットSEOを実践している業者を選びましょう。

ブラックハットSEOをしている業者かどうかを判断するためには、まずGoogleのガイドラインを理解しておくことが近道です。

Googleのガイドラインに反する対策

 

ブラックハットSEOを実践するとGoogleからペナルティーを受けるだけではなく、他のコンテンツにも悪影響を及ぼすことになるのでGoogleのガイドラインに反する対策はしないようにすることを心からおすすめいたします。

関連記事

  1. Googleサジェストで表示されるキーワードを操作することはできる?

  2. コンバージョン率(CVR)を上げる方法【考え方や対策を解説します】

  3. Web集客の種類と優先順位【効果が高いのはどれ?いち早く成果を出すには…

  4. ネットショップの開業方法と必要な準備【始め方を丁寧に解説します】

  5. インフルエンサーマーケティングとは?【メリットやポイントも解説します】…

  6. ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選【在庫管理のポイントも解…

  7. Twitter集客の活用方法と成功事例【特徴やメリットについても解説し…

  8. SEO対策を外注するときにかかる費用の相場について

PAGE TOP