Googleサジェストとは何か?どういう仕組みで表示される?【無料ツールも紹介】

ブログ集客などでキーワードを選ぶ際に、Googleサジェストのことを知っているととても効率よくキーワードを選ぶことができます。

SEO対策をしてコンテンツマーケティングを行っている方は、Googleサジェストの仕組みがどうなっているのか、どういう基準でGoogleサジェストのキーワードが選ばれているのか、1度は疑問に思ったことがある人も多いことでしょう。

 

いったいどういった仕組みでGoogleサジェストは表示されているのでしょうか。

この記事ではGoogleサジェストの仕組みについてまとめていきます。

Googleサジェストとは?

Googleで調べようと思って検索窓にキーワードを入力すると、下に自動で候補キーワードが表示される仕組みになっています。

Googleサジェストとは、この検索窓に自動で表示される候補キーワードのことを指します。

※Googleサジェストは別名で「オートコンプリート」と呼ばれることがあります。

Googleで検索を行う際に下の箇所に検索候補(サジェスト)を表示させることで、検索者がほしい情報や調べたい情報をスムーズに見つける手助けをしてくれるメリットがあります。

ちなみにサジェスト機能は、GoogleだけでなくAmazonや楽天などのECサイトでも実装されている機能です。

検索者にとってとても便利な機能なのでこのサジェストをもとに検索すること検索ユーザーも多いです。

そのためSEO対策時にキーワードを選ぶ際にも、このサジェストキーワードを中心にキーワードリサーチをすると、月間ボリューム数が多いキーワードをみつけることができます。

とくにGoogleサジェストは、SEO対策を意識したブログ集客などのコンテンツマーケティングを行っている方にとっては、とても価値のある大切なキーワード候補といえるでしょう。

 

Googleサジェストの仕組みについて

Googleサジェストが表示される仕組みは、1つの要素だけではなく様々な要素が影響しています。

基本的には検索者ユーザーが興味のある話題や、過去に多く検索したキーワードなどの歴史など、様々なことが影響してキーワードが表示されているとされています。

Googleサジェスト機能の仕組みを大きく分けると、過去の検索ボリュームをもとに表示される仕組みと、過去の検索履歴をもとにして表示される仕組みの2つの仕組みに分類することができます。

  • 過去の検索ボリュームをもとに表示されるGoogleサジェストの仕組み
  • 過去の検索履歴をもとにして表示されるGoogleサジェストの仕組み

過去の検索ボリュームをもとに表示されるGoogleサジェストの仕組み

過去の検索ボリュームをもとに表示されるGoogleサジェストについては、たとえば「●● さ」「●● し」と検索窓に入力すると、そのワードから始まる検索ボリュームの多いGoogleサジェストのキーワードが表示される傾向があります。

検索者がGoogleの検索窓に入力した検索キーワードに対して、候補キーワードが自動で表示されます。

※Googleサジェストのキーワードは、Googleのアルゴリズムによって自動で作成されます。

実際に検索されたキーワードがサジェストの候補となるため、Googleサジェストのすべては検索者が1度以上実際に検索しているキーワードをもとに抽出されることを意味します。

 

Googleサジェストは検索ユーザー全員に、同じGoogleサジェストキーワード候補が表示されるわけではありません。

なんと、検索した場所や言語の種類によっても、異なるGoogleサジェストのキーワード候補が表示される仕組みになっています。

このようにGoogle検索では検索ユーザー1人1人に最適化されたサジェストを表示することで、より検索ユーザーの満足度をあげてずっとGoogle検索を使い続けてもらえるように日々その仕組みが改良改善されています。

MEO対策をする上でも同じことがいえますが、Googleの検索結果は場所で変わるのでターゲット層の地域を意識してキーワード候補を選定をすることが、コンテンツマーケティングを行ううえではとても重要となるでしょう。

 

過去の検索履歴をもとにして表示されるGoogleサジェストの仕組み

過去の検索履歴をもとにして表示されるGoogleサジェストの仕組みとは、過去にその検索者が実際に検索したキーワードを検索履歴をもとに、Googleサジェストを表示させる仕組みを意味します。

過去に検索したキーワードをユーザーに提示することでより検索の時間を短縮させることにつながり、効率よくGoogle検索ができるメリットがあるため、ユーザー目線で考えたときにとても便利な仕組みといえます。

またGoogleサジェストは、過去に自分が検索した関連キーワードをサジェストの一部として表示される仕組みになっています。

つまり、Googleサジェストは過去の検索履歴をもとに自動で候補キーワードを決定することがあります。

GoogleChrome(グーグルクローム)の場合は、過去の検索履歴を削除する場合は設定から詳細へ進み、プライバシーとセキュリティという項目を選択してから「閲覧履歴データ消去する」を選択することで過去の検索利益削除することができ、Googleサジェストにも表示させないようにすることが可能です。

その他にも、世間的に話題になっているキーワードや人気のキーワードはGoogleサジェストに表示されやすい仕組みになっています。

こういった話題になっているGoogleキーワードは1日ごと変化することも多いです。

無料で利用できるツール「Googleトレンド」を利用すると、話題のキーワードを簡単にチェックすることができるのでおすすめです。

 

Googleサジェストをリサーチするための便利ツール

Googleサジェストのキーワードは月間ボリューム数が多い可能性があるため、SEO対策をしてコンテンツマーケティングをする際には無視することができません。

Googleサジェストをリサーチする際は、手動でも1つ1つキーワードを入力することでリサーチすることができますがこれでは効率が悪くリサーチ時間が膨大になってしまいます。

そこで役に立つのが、Googleサジェストをリサーチするための便利ツールです。

面倒な作業を一瞬でおこなってくれるGoogleサジェストツールの中で、おすすめのツールを紹介します。

  • 「ラッコキーワード」( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))
  • グーグルサジェストキーワード一括DLツール
  • Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

「ラッコキーワード」( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

おすすめのGoogleサジェストキーワードツールは、ラッコキーワードです。

昔はgoodkeyword(グッドキーワード)というサジェストツールがとても人気がありましたが、最近はgoodkeyword(グッドキーワード)もラッコキーワードと統合されているため、これからはサジェストキーワードツールといえばラッコキーワードが1番おすすめのツールだといえるでしょう。

このラッコキーワードというツールは、毎月無料で簡単に利用することができるキーワードリサーチツールです。

サジェストを取得したキーワードを入力してリサーチ開始することで、一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる大変便利なツールです。

Googleサジェストのキーワード候補はもちろん、他にもYouTubeのサジェストやAmazonのサジェストなどなど、様々なサイトのサジェストキーワードをまとめてリサーチすることができる優れものです。

■取得情報
Googleサジェスト、Bingサジェスト、Youtubeサジェスト、Google動画サジェスト、Google画像サジェスト、Googleショッピングサジェスト、楽天サジェスト、Amazonサジェスト、Yahoo!知恵袋、教えて!goo、Googleトレンド、ラッコM&A(売り出し中サイト)、中古ドメイン販売屋さん(販売中ドメイン)

グーグルサジェストキーワード一括DLツール

グーグルサジェストキーワード一括DLツールとは、Googleのサジェスト機能で表示されるキーワード候補を1回の操作で一度に表示させるだけではなく、csvのファイルでまとめてダウンロードすることが可能なツールです。

※グーグルサジェストキーワード一括DLツールは完全無料で毎月利用することができます。

グーグルサジェストキーワード一括DLツールを運営している会社は、株式会社アドエイトという会社です。

この会社はグーグルサジェストキーワード一括DLツール以外にも、ヤフーサジェスト キーワード一括DLツール、ビングサジェスト キーワード一括DLツール、アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール、ユーチューブサジェスト キーワード一括DLツールをそれぞれ別サイトで運営しています。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)とは、chromeの拡張機能として無料で提供されているツールです。

サジェストキーワードだけでなく検索キーワードのボリュームや広告掲載したときの平均クリック単価(CPC)の目安なども、簡単にリサーチすることができるのが特徴的です。

キーワードの月間ボリューム数を調べるときには基本的にGoogleが提供している「キーワードプランナー」を利用する方が多いですが、そのキーワードプランナーよりもUbersuggest(ウーバーサジェスト)の方が直ぐに知りたい情報を取得できるという声もあるくらいキーワードリサーチツールとしての機能が優れています。

ちなみにこのUbersuggest(ウーバーサジェスト)は海外で誕生したツールとなのでサイトも英語表示となりますが、日本語でも検索することが可能です。

※Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は海外マーケターの「Neil Patel」氏が開発したツールです。

 

最後に

この記事ではGoogleサジェストの仕組みについてまとめました。

SEO対策してコンテンツマーケティングをする上で、Googleサジェストはかかせない情報といえます。

ブログ集客をする際に記事の内容を決めますが、そのときのキーワードリサーチ時にこのGoogleサジェストを活用することでリサーチの時間を大幅に削減することができます。

1つ1つ手動でGoogleサジェストのキーワードをリサーチすることも可能ですが、この記事でもご紹介したサジェストキーワードツールを利用することでまとめてサジェストキーワードをリサーチすることができるのでおすすめです。

そのまとめてリサーチサジェストキーワードをコピーして、Googleキーワードプランナーに張り付けて需要調査をいっき開始することもできるため、SEO対策をしてコンテンツマーケティングを行っている方はぜひGoogleサジェストをリサーチ時に活用してみてください。

関連記事

  1. インスタ広告の運用方法と活用事例【特徴やポイントを解説します】

  2. SEO対策を外注するときにかかる費用の相場について

  3. 初心者向けSEO対策のやり方・基本・ポイント【今すぐ実践できる!】

  4. Yahooショッピング広告の種類と効果的な活用方法

  5. 楽天RPP広告の効果と運用方法【最大限に効果を発揮させるには?】

  6. LINE集客のコツを業種別で解説【公式LINEは無料で利用可能】

  7. SEO対策のコンサルティング費用の相場について【失敗しないためのコツも…

  8. ネットショップの開設方法と基礎知識【WordPressを使った開設方法…

PAGE TOP