Youtubeの集客・SEO対策の方法と成功させるコツ【どのように集客に繋げるのか】

近年、YouTubeの利用ユーザー数が急上昇しており、またユーチューバーと呼ばれる職業も誕生しました。

YouTubeを知らないという人はいないほど、その認知度も高いですね。

 

YouTubeはブログやサイトのように文字や画像を伝えるだけのツールとは違い、動画によって視聴者を刺激し商品やサービスに興味を持たせることが出来る最強のツールと言えます。

アクティブユーザー数は世界で10憶人もいると言われており、毎分100時間という膨大な量の動画が投稿されています。

そんなに動画が投稿されているのであれば、自分の動画なんて見てもらえないだろうと思うかもしれませんが、

あなたの目的はあくまでも集客のためのYouTube活動のはずなので、ユーチューバーのようにたくさんのアクセスを稼ごうとしなくて良いのです。

 

そう考えれば、なんだか自分でもYouTubeで集客ができそうな気がしませんか?

こちらでは、Youtubeで集客する方法とコツについても解説します。

これからYouTubeで集客をしたいと考えている方は是非参考にしてください。

 

 

YouTubeはどのように集客に繋がるのか

YouTubeは動画サイトである事は知っていると思いますが、それがどのように集客に繋がるのかいまいちイメージが沸かないという方もいるでしょう。

YouTubeで集客をする場合、動画をあなたの見込み客に見てもらえるよう誘導する事が第一となります。

そして、その動画を視聴した人が商品やサービスに興味を持てば、サイトやブログ、ランディングページなどに誘導する事が出来ます。

YouTubeで集客を行う場合はアクセス数にこだわるのではなく、どれだけ成約が見込めるお客さんに見てもらえるかが重要となります。

 

また、なぜ動画である必要があるのかという点ですが、最近ではすべてのメッセージが読まれない傾向になっているため、いずれは全てが動画コンテンツへと変わるだろうと言われているからです。

読むよりも見る方が楽なのは、誰しも感じる事でしょう。

 

さらにチラシやランディングページなどのテキストも、順番通りに読まれないようになってきました。

読者は自分の気になるタイトルや見出しだけを見るようになったわけですね。

ですので、こちらがいくら丁寧に順番で説明したところで、思ったように読んでもらえるわけではないのです。

これに比べて動画の場合は伝えたい順番でそのまま伝えることが出来るメリットがあります。

 

YouTubeで集客する3つの方法

ここからは具体的なYouTubeで集客する3つの方法をご紹介したいと思います。

後ほど解説するYouTubeで集客するコツを意識する事で、より効果的な集客が可能になっているので、是非参考にして売上アップを目指してください。

 

  1. YouTubeチャンネルを作成する
  2. YouTube内検索で引っかかりやすい動画をアップする
  3. クリックしてもらえるように工夫する

 

YouTubeチャンネルを作成する

YouTubeでは「チャンネル」といって、動画をまとめて置いておく場所があります。

また、視聴者が今すぐ見たい動画や、後から見たい動画を見つけやすくなる場所でもあります。

特にYouTubeの集客ではではファンの数や再生数の数が重要となってくるので、無料で作れますから是非チャンネルを作成しましょう。

なお、YouTubeチャンネルを作成する場合は、個人アカウントで作成するよりもブランドやサービス名でアカウントを作成したほうが良いです。

個人情報を保護するという面だけではなく、お店や商品、サービスの名前が認知されやすくなるとともにブランディングに特化したチャンネルが出来上がります。

YouTube内検索で引っかかりやすい動画をアップする

実は、YouTubeは世界第二位の検索エンジンを誇るサイトであり、Googleなどと同じようにYouTube内の検索結果は検索キーワードによって上位検索される仕組みになっています。

なので、作成した動画を上位に表示させることができれば、たくさんのユーザーに動画を見てもらえる可能性が高くなるわけですね。

再生回数やファンが獲得できればさらに集客力もアップします。

 

このことを知っているのと知らないのでは、YouTubeでの集客効果に大きな差が出るのは間違いありません。

では、動画を上位に表示させるためにはどのようにしたらいいのかというと、一番簡単なのはタイトルや説明欄、タグに検索を狙いたいキーワードを入れる事です。

ただしキーワードを詰め込みすぎて不自然なほど長いタイトルは逆効果になる事があるので気を付けましょう。

 

クリックしてもらえるように工夫する

商品やサービスが売れるかどうかは、ほとんどタイトルで決まるとまで言われていますが、YouTubeでの集客も同じことが言えます。

YouTubeの集客では、まず動画の一覧画面で表示される小さな画像であるサムネイルがポイントになるので、そこでユーザーを惹きつけることが大切です。

サムネイルはかなり小さなサイズなので、動画を作成する場合は小さくても画像が目立つかどうかを確認するようにしましょう。

 

また、先ほど再生回数にこだわる必要はないと述べましたが「動画を多くのユーザーに見てもらう」という点からいうと、再生回数も重要になってきます。

ユーザーが動画を選ぶ際には、再生回数を参考にする事も多いので、多ければ多いほど動画が再生してもらいやすいからです。

再生回数を増やすためには、既存客や見込み客に動画を拡散してもらえるような工夫が必要となります。

TwitterなどのSNSを活用して、上手く動画再生回数を伸ばしていきましょう。

 

YouTubeで集客を成功させる6つのコツ

YouTubeに動画をアップしたものの、なかなか再生されず思ったように集客が出来ていないという方もいるでしょう。

また、再生回数はそここそこあるものの、売上や集客に繋がらず悩んでいる方もいるかもしれません。

 

YouTubeで集客を成功させるにはコツがあります。

以下の6つのコツを知っているだけで、より集客力が上がるはずなので是非意識してみて下さい。

 

  1. 集客のターゲットを絞る
  2. 動画の長さを5~10分以内にする
  3. 1つの動画に1テーマにする
  4. タイトルに重要なキーワードを入れる
  5. 説明欄もしっかりと書く
  6. 広告を貼らない

 

集客のターゲットを絞る

YouTubeで集客をする際は再生回数にこだわった動画を作成するのではなく、ターゲットが求めている情報をまとめた動画を作成すべきです。

そのためには、まずターゲットをしっかりと絞り込むことが大切になります。

具体的には「どんな人を集客したいのか」「どんな人に利用して欲しいか」等を事前に決めておく必要があるでしょう。

 

ターゲットを大雑把にしか決めていないと、例えば「女性」をターゲットにしたとしても50代と20代の女性ではかなり考え方が違いますね。

求めているものや好みもだいぶ変わってきますから、細かなターゲティングが必須なのです。

ターゲットをしっかり絞り込んでターゲットに印象を与えられるような動画を作成しましょう。

 

動画の長さを5~10分以内にする

YouTubeで集客をする場合は、動画の長さを5~10分以内にするのもポイントです。

あまりにも長い動画は途中で離脱されてしまったり、見てもらえない可能性が高くなります。

もちろん人気のユーチューバーなどは話が別です。

 

まだファンが獲得出来ていない状態(認知度がない・チャンネル登録数が少ない)場合は、ユーザーが求めている情報でなければ見てもらえません。

視聴者は手っ取り早く情報を手に入れたいと思っているので、だらだらと長い動画は視聴されないでしょう。

1つの動画に1テーマにする

1つの動画に何個もテーマを入れていると、動画の目的が分からずユーザーに印象を与えることができません。

編集が面倒くさいから、何本も動画を載せるのが大変だからと複数の話を一本の動画に盛り込むのはやめたほうが良いでしょう。

 

全体で「10分に収めればいいんではないか」と思う方がいるかもしれませんが、ターゲット層が絞れていない時点で集客の効果はイマイチでしょう。

例えば「猫背の直し方」という10分の動画で、まず骨の説明をして次に筋肉の説明をして7分後に猫背の直し方のストレッチを紹介し始めたらどうでしょうか。

ほとんどの人は途中で見るのをやめてしまい、結果猫背解消のための製品やサービスが売れていきません。

 

たった数分だと思うかもしれませんが、この数分が視聴者にとっては非常に大きなタイムロスになるため、待ってもらえないのです。

 

タイトルに重要なキーワードを入れる

動画のタイトルを適当に決めていては、YouTubeで集客をする上で非常にもったいないです。

YouTubeに投稿されている動画とタイトルは、YouTube内の検索エンジンとGoogle検索の対象になっているため、タイトルに重要なキーワードを含める事で検索されやすくなります。

ターゲットとするユーザーがどのような言葉で検索をするか、キーワードを考えてタイトルに含める事で集客力がアップするでしょう。

 

どういう動画なのかを説明するだけではなく、その動画を見るメリットが伝わるようなタイトルにすると効果的です。

ただし、記号や過剰な煽り文句はSEO対策には無効なので注意しましょう。

説明欄もしっかりと書く

動画制作に力を入れるのは良いですが、説明欄が充実しているか否かで集客力が大きく変わります。

説明欄を適当に書いたり、1行だけ書くだけでは非常に損しているでしょう。

 

具体的には以下のような事を説明欄に入れておくと、YouTubeでの集客においてより効果的です。

  1. 動画の内容を分かりやすく説明する
  2. 動画を観た人を他のサイトへと誘導する
  3. Google等からの検索コンバージョンを増やす

広告を貼らない

YouTubeでは広告を貼る事で視聴ごとに報酬がもらえる仕組みがあります。

YouTubeで集客しながらさらに広告で稼げるならお得だと考える方がいるかもしれませんが、報酬を目当てに広告を貼るとかえって逆効果になるので注意が必要です。

 

例えば、途中で広告CMが入るだけでユーザーが動画を観るのをやめる可能性が高くなりますし、YouTubeの広告報酬は1再生あたり0.1円ほどなので、よっぽど再生回数を稼がなければ報酬を得られません。

報酬狙いで広告を貼って本来の目的である集客が疎かになるよりも、最後までしっかりと見てもらえる動画を制作する事の方が大事です。

 

最後に

Youtubeで集客する方法や成功させるコツ、どのように集客に繋げるのかについて詳しく解説しました。

コツを少しでも意識するだけでも、視聴回数を増やしたり成約率アップに繋がります。

再生回数にこだわるのではなく、動画を観た人がどれだけ商品やサービスを購入してくれるのかに注目し、どんどん改善させていきましょう。

YouTubeが主流となっている現代では、動画集客の効果は非常に大きくなっていると言えます。

是非チャレンジしてみて下さい。

 

 

関連記事

  1. 楽天の在庫管理ツールおすすめ10選【徹底比較します】

  2. 令和の時代を生き抜くD2Cマーケティングの手法について解説

  3. インスタ広告の運用方法と活用事例【特徴やポイントを解説します】

  4. ネットショップ初心者におすすめの開業先と必要な準備

  5. ネットショップの開設方法と基礎知識【WordPressを使った開設方法…

  6. Facebook広告の運用方法と活用事例【効果や種類を解説します】

  7. ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選【在庫管理のポイントも解…

  8. SNS広告の種類や費用を徹底比較しました【YouTube,Facebo…

PAGE TOP