• EC

Amazonスポンサーブランド動画広告の活用法

Amazonスポンサーブランド動画広告とは

Amazonスポンサーブランド動画広告は、Amazon広告の一部であり、ブランドが自社の製品をプロモーションするために使用できる広告形式の1つです。

スポンサーブランド動画広告は、Amazonの検索結果ページや製品詳細ページなどの場所に表示される動画広告です。ブランドのロゴ、製品のハイライト、ストーリーなどを含むことができます。

ブランドは、ターゲットとする顧客セグメントに基づいて広告をターゲティングできます。これにより、広告が関心を持つ可能性のある顧客に効果的に表示されることが可能です。

広告を制作する際には、魅力的なビデオコンテンツを作成する必要があります。製品の特徴やメリットを強調し、顧客に価値を提供する内容が重要です。

広告キャンペーンの予算や入札額を設定することができます。入札額は、広告表示の競争相手となる他の広告主と競り合う際の重要な要素です。

スポンサーブランド動画広告のキャンペーン効果を測定し、広告の成果を追跡することができます。CTR(クリックスルーレート)、売上増加、ROAS(広告費用対売上高)などの指標を用いてキャンペーンの最適化を行うことが重要です。

2020年12月に日本でスポンサーブランド動画広告が解禁されましたが2023年時点でも利用する人がそれほど多くないため相対的に非常に高いパフォーマンスを発揮することが出来ています。

弊社ではYoutube用やFacebook向けのCM動画を他社向けに制作していた時代があり動画広告に関しては一般的な物販セラーよりはるかに詳しい立ち位置にいます。
Amazon広告に関しては現状競合が少ないため簡単に結果を出すことが出来ていて十分なデータが取れていませんがそれでも多くのセラーに役に立つことだと思うので共有しておきます。

広告単価というのはオークション制であり強豪が存在することでクリック単価が上がっていくためスポンサーブランド動画広告用の動画を用意できていない企業が数多くいる今スポンサープロダクトでAcos20%程度のキーワードでもスポンサーブランド動画広告ではACos5%以内も簡単に取れる状況となっています。

Facebook広告が昔静止画の広告枠のみ募集していて途中から動画広告が解禁された時代も非常に効果が高かったのを思い出します。

当時画像を用いた広告ではクリック安価30~40円程度であった広告が動画広告を出した際にクリック単価が2円でした。

Amazonスポンサーブランド 動画広告でも同じ状況が起きています。

ただしこの状況がいつまでも続くわけではないのと、広告だけでなく商品ページに動画を用いることが出来る時代もそう遠くないので今のうちにAmazonスポンサーブランド動画広告の競合が増えても勝てる動画の作り方を解説します。

スポンサーブランド動画広告はどのように作ればいい?

動画の長さ

動画の長さは6~45秒となっていますが最後まで再生されることは稀です。

Amazonの推奨は30秒になっていますが他のSNS広告などにも活用することを考えると15秒尺で考えた方がいいです。30秒でさえフル尺で見るユーザーはあまり多くありません。

動画広告の構成

動画広告の基本的な構成は、魅力的で効果的なメッセージを伝えるために以下の要素を含むことが一般的です。ただし、広告の形式やプラットフォームによって要素や制約が異なる場合があります。以下は一般的なガイドラインです。

  1. ストーリーテリング: 広告は物語を持つことで、視聴者に感情を呼び起こすことができます。魅力的な物語やナラティブを通じて、製品やブランドの魅力を伝えましょう。

  2. 導入部: 動画の最初には、視聴者の注意を引くための導入部を設けます。短い時間内で興味を引くことが重要です。

  3. ブランドの紹介: 広告の中でブランドのロゴや名称を明確に表示し、ブランドのアイデンティティを強調します。

  4. 製品のハイライト: 広告の中で製品の特徴やメリットを強調しましょう。視聴者に製品がどのように役立つかを示すことが重要です。

  5. 価値提案: 製品が顧客に提供する価値や利点を明確に伝えることが重要です。なぜその製品が他と異なるのかを示すことで、視聴者の関心を引きます。

  6. コール・トゥ・アクション (CTA): 広告の終わりには、視聴者に具体的な行動を促すコール・トゥ・アクションを含めましょう。例えば、「今すぐ購入」「ウェブサイトを訪問」「詳細を見る」などです。

  7. 視覚効果: 視聴者の注意を引くために、ビジュアルや映像効果を活用しましょう。カラフルな映像、アニメーション、グラフィックスなどが効果的です。

  8. 音楽と音響効果: 音楽や音響効果を使用して、広告の雰囲気や感情を補完しましょう。選んだ音楽や効果音が広告の雰囲気を強化する役割を果たします。

  9. ターゲットオーディエンス: 広告の内容やトーンを、ターゲットとする顧客層に合わせてカスタマイズしましょう。視聴者が共感しやすい要素を取り入れることが重要です。

Amazon広告の場合は一般的な動画広告とは異なり商品の購入にそのまま繋げることが重要であるため構成は以下のように微妙に異なります。

王道構成例

  1. ブランドロゴの表示
  2. 疑問の提示
  3. ベネフィットの提示
  4. 根拠の提示
  5. 商品の提示

です。まず広告は1秒で飛ばされるケースも多いのでブランド認知を上げるために1秒でロゴを示します。

その後は画像や商品ページの構成でも使われるように〇〇でお困りではありませんか?と言った形の疑問の提示、から商品の紹介まで滑らかにつないでいきます。

もちろんこれはあくまで一例で紹介は出来ませんが他にも成果が取れるパターンというのが6つほどあります。

ヒントとしてはどのパターンでも共通するのはいきなり「こう役立ちます」と商品のベネフィットを伝えるのではなく、まずはメッセージを自分に関係のある事として捉えてもらうため共感できる悩みや課題またはインサイに触れる内容をロゴの次のカットに持っていきましょう。

外から見ているとアニメーションやCGを使ったお金をかけている動画が効果を出しているように見えても実際には違うのが面白い所です。

効果の高い動画クリエイティブを作るには

ここまで紹介したのはあくまで理論であるため実際にはA/Bテストを行う必要があります。

広告は外注すると1本5万円~で、制作会社に任せると1本20万円~と比較的高いため何パターンも用意するのは難しいかもしれませんがそれでも2パターンは欲しい所です。

また動画製作者はマーケティングを分かっているわけではないためきちんとディレクションをしないと見栄えの良い動画広告が作れても結果に結びつくことはありません。

インハウス化するのが一番ですが動画編集者を雇ったり育てるのは難度が高いため、今回紹介した構成だけでも頭に入れて実践の中で試して行ってください。

動画は構成、コピー、演出の3要素で決まりますが前2つは動画製作者側に任せるのではなく担当者が出来るようになっておきましょう。

関連記事

  1. Amazon広告用AI自動運用ツールアマトピアの特徴紹介

  2. 越境ECとは?【おすすめのプラットフォーム7選を比較します】

  3. ネットショップの在庫管理システムおすすめ10選【在庫管理のポイントも解…

  4. ネットショップの開設方法と基礎知識【WordPressを使った開設方法…

  5. 【Amazon広告】マニュアルターゲティングの効果的な使い方

  6. 海外Amazonで販売する方法【グローバルセリングについても解説】

  7. Amazonの出品アカウントを複数作成する方法【メリットや注意点を解説…

  8. ネットショップのSNS集客の方法【特徴やメリットも解説します】

PAGE TOP