ネットショップのSNS集客の方法【特徴やメリットも解説します】

ネットショップの集客のためにSNSの運用を始めたものの、「フォロワーが増えない」「売上が上がらない」という方が非常に多いです。

SNSは現代の集客において欠かせないツールとなっており、しっかりとSNS集客の方法やコツを学んで活用する事で大きな成果をもたらしてくれます。

 

SNS集客で成果が出ない原因としてよくあるのが、「弊社のSNSアカウントはこちらです!登録してください!」と宣伝を繰り返す、主張が強いパターンです。

SNS集客が上手くいっていない人の多くは、上記のようなイメージで宣伝するのが正解だと思っているでしょう。

 

SNSをきっかけにネットショップや自社サイトに訪れてもらう事が目的になっているかもしれませんが、そういった宣伝はSNS向きではないのです。

このように聞くと誤解されるかもしれませんが、このややこしいSNS集客の仕組みやコツさえつかんでしまえば、SNSを集客に最大限に活かせるはずです。

 

Instagramは若者向けだから主婦層の集客には向かない、Twitterはつぶやくだけだから集客にならない、などとSNSを一括りにして考えている方が多いですが、

それぞれに特徴がありその特徴を理解して活かすことで、最適なSNS集客が行えるようになるでしょう。

 

こちらでは、ネットショップのSNS集客の方法とコツについて詳しく解説します。

SNS集客の方法が分からない、SNSを始めたものの上手く集客に活かせていない、という方は是非参考にしてください。

 

 

SNS集客とは?

SNS集客とは、Twitter、Instagram、LINE、FacebookなどのSNSを活用して、直接的もしくは間接的にアプローチをかける集客の方法です。

 

SNSが普及する前は基本的に、テレビや雑誌、インターネット検索などが情報を入手するためのツールとなっていました。

なので、商品やサービスの売上を伸ばすためにテレビCMやチラシなどの広告を使って、まずは商品やサービスを認知させる方法が主流だったのです。

 

しかし、SNSが普及し多くの情報がSNSから取得できるようになった現代では、若者に限らず幅広い年齢層の人々がSNSを利用し商品やサービスを探すようになりました。

今となってはSNSはかつてのテレビや雑誌の広告と同様に、集客のためのツールとして欠かせない存在と言えるでしょう。

 

ネットショップでSNS集客行うメリット

SNS集客はどうしても運用の手間がかかるため、そもそもSNS集客の必要性に関して疑問を感じている人も多いでしょう。

なので、まずはネットショップでSNS集客行うメリットについて知り、どういった目的でSNSを活用するのかを明確にしましょう。

  • お金をかけずに集客ができる
  • 拡散力・訴求力が高い
  • 別の客層にもアプローチができる
  • キャンペーンやセールの告知が可能
  • 若年層への集客に強い

 

お金をかけずに集客ができる

SNSは基本的に無料で運用することができます。

もちろん、SNSに投稿するための写真などを製作する手間やコストはかかりますが、広告を運用する事を考えれば運用コストはかかりません。

今までのように、テレビや雑誌、インターネットを使って集客をする方法と比較すると、かなりの費用が削減できることがわかります。

 

ネットショップにおけるSNS集客は、新規顧客やリピーターを増やすことができるため、まさに低リスク低コストハイリターンだと言えます。

SNS投稿時はもちろん、自社アカウントの投稿がユーザーニーズにマッチしているかどうかも無料で分析可能なので、そういった面でもコストはかかりません。

 

使い勝手をよくするためにサードパーティーアプリを使う場合には、コストが発生しますがそれでも高額になる事はないでしょう。

特にInstagramのインサイトなど、公式が提供している分析ツールも多く、そういったツールは使用料金がかからいなので、SNS集客の大きなメリットだと言えます。

 

SNS集客はやみくもに行うのではなく、分析を重ねて戦略的に集客を行いう事で、さらに効果の高め集客を加速していくことができるわけです。

特にネットショップを運営するうえで広告にかけるコストを削減できるというのは、一番のメリットになるでしょう。

 

拡散力・訴求力が高い

ネットショップにおけるSNS集客の特徴として、拡散力・訴求力が高い事が挙げられます。

主要SNSの中でも特にTwitterは「リツイート機能」よって誰でも簡単に情報を拡散させることができるので、拡散力は群を抜いて高いと言えます。

Twitter以外にも、InstagramやFacebookではフォロワーに対して投稿をシェアしたり、他のアプリにシェアする事が可能です。

 

今までの広告出稿の方法ではテレビにおいても雑誌においても口コミによる拡散が一般的でしたが、そもそもショップや商品に興味がないユーザーに対しては拡散しづらいというデメリットがありました。

しかし、SNS集客を行うことによって、こうした今までの広告出稿のデメリットを改善し、低コストでありながらも拡散力・訴求力が高い広告配信が可能となったのです。

これこそ、SNS集客の大きなメリットと言えるでしょう。

 

別の客層にもアプローチができる

前述したように、ネットショップ集客においてSNSを活用すれば、今までの広告手法では届かなかった客層に対してアプローチをかけることができます。

まずはショップの存在や商品の認知をしてもらう必要がありますが、SNS集客では簡単にキャンペーンやイベントの開催を告知できるので、それによって新たな客層を獲得できる可能性があるわけです。

今まで知らなかった商品やショップの存在を、簡単に幅広いSNSユーザーに届けることができるでしょう。

 

さらに、SNSで拡散された投稿を見たユーザーが例えその情報に対して関心を持っていなくても、フォロワーが興味を持ちそうだと感じた場合、拡散してくれることがあります。

自分のためではなく、フォロワーに向けて拡散するというわけですね。

今までの広告手法であれば企業から顧客までしか伝わらなかった情報も、SNS集客の活用によって企業→顧客→顧客のフォロワーというように広まっていくでしょう。

 

さらにその顧客のフォロワーからまたそのフォロワーたち、というように、芋づる式で拡散されればどんどん認知が上がります。

特にSNSからお得な情報やキャンペーンの情報を手に入れるユーザーが増えれば、ネットショップに訪れてくれるユーザーも増えるので、そこから顧客になる可能性は十分にあります。

新規顧客を獲得したいという方はもちろん、新しい顧客の獲得が難しくなって行き詰っている場合は、SNS集客を活用する事で大きな変化をもたらすことができるはずです。

キャンペーンやセールの告知が可能

集客したい商品のキャンペーンやショップのイベントなど、集客効果がアップする情報を配信する事は非常に重要です。

特に自社内で運用しているSNSアカウントがあれば、何度でもイベントなどの告知が無料で行えるので非常に効果的でしょう。

曜日や時間帯変えて告知してみたり、数日前からイベント内容を少しずつ告知したりと、いろいろと工夫ができそうです。

 

ただし、SNS集客の場合は投稿回数が多くなり過ぎないように注意しないと、ホーム画面がショップの告知投稿だけで埋まってしまい、ブロックされてしまう可能性があります。

SNSのユーザーは1つの情報だけではなく自分の興味に関する様々な情報を得たいと考えているため、いくら価値がある情報でも情報収集の邪魔と思われてしまうと離れてしまうのです。

SNSを活用し簡単にキャンペーンやイベントの告知ができるというのは大きなメリットですが、告知の頻度には十分注意したいところですね。

 

若年層への集客に強い

今までSNSを利用するユーザ―層の大半は10代~20代と若者が多い印象がありました。

しかし、最近では30代や40代以降でもSNSを使って情報収集を行ったり、自ら情報発信を行う人が増えています。

まだまだInstagramやTwitterを利用している年代層は10代~20代が大半ですが、今後は若年層だけではなく、30代や40代以降のユーザーも増えていくでしょう。

 

SNSの利用者の層と利用頻度について考えた場合、若年層への集客に特に効果が高いと考えられます。

若年層はフットワークも軽いので、ネットショップにも気軽に訪れて購入した商品をSNSに投稿してくれたりします。

その分消費者が増えるので、運営側としても十分な収益を見込めるでしょう。

 

さらにインフルエンサーを起用すれば、より若年層への訴求効果を上げることができます。

SNSを活用して集客を行うだけでも若年層に対する訴求力は高くなりますが、さらに注目を集めるためにはインフルエンサーの活用も欠かせません。

 

ネットショップのSNS集客の方法と特徴

ネットショップのSNS集客では、新しい商品やブログ記事をSNSでシェアし、ファンや潜在顧客に宣伝する方法が有効です。

まずは商品ページにSNSシェアボタンを設置し、いつでも簡単に商品がSNSでシェアできる環境を整えましょう。

各SNSでの集客方法は以下になります。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • LINE

 

Facebook

Facebook利用者の年齢層は40代~50代が最も多いです。

若者のFaceBook離れは顕著となってきているため、40代以上のユーザーをターゲットにする場合に向いているでしょう。

テキスト、画像、ビデオ、どの形態でも投稿できるので、あらゆるニーズに合わせて投稿できます。

 

Instagram

Instagramは、幅広い年齢層のユーザーが利用していますが、大半は10代~20代の若年層のユーザーとなっています。

なので、50代以上がターゲットとなる商品の集客には向いていません。

特に投稿写真の雰囲気が重視され、綺麗な写真やかわいい写真などは反応率が高くなります。

 

Twitter

 

Twitterは主につぶやき(140文字以内)を投稿するSNSですが、画像も貼ることができます。

文字だけではなく、基本的には画像付きで投稿したほうが反応率があがります。

また、ショップや商品の認知のためにも「リツイート」してもらえるような投稿を意識すると良いでしょう。

 

YouTube

YouTubeは、月間アクティブユーザー20億人を誇る世界最大の動画プラットフォームです。

動画発信できる商品であれば、自社チャンネルを作成し商品紹介の動画を投稿したり、ユーチューバーの方に紹介してもらうなどの方法が有効でしょう。

LINE

顧客のフォローやリピート率向上のためなら、LINE公式アカウントの運用が欠かせません。

友達登録を促すことで割引券を発行したり、セールやキャンペーン情報を流すことができます。

ネットショップの分かりやすい場所に、LINE追加ボタンを設置しておきましょう。

 

最後に

ネットショップのSNS集客の方法について、また、各SNSの特徴やメリットも解説しました。

 

現代において、SNSは大きな影響力を持つ1つの広告塔となっています。

ネットショップの新規顧客獲得とリピーターを増やすためには、SNS集客が欠かせないでしょう。

 

 

関連記事

  1. インフルエンサーの選び方のポイントとキャスティング方法

  2. 楽天で商品が売れない?【売れる商品ページの作り方を解説します】

  3. ネットショップの開設場所おすすめ比較します【無料・有料別】 

  4. 初心者向けSEO対策のやり方・基本・ポイント【今すぐ実践できる!】

  5. Yahoo!ショッピングの在庫管理システム11選【徹底比較】

  6. インスタ広告の運用方法と活用事例【特徴やポイントを解説します】

  7. Facebook広告の運用方法と活用事例【効果や種類を解説します】

  8. ネットショップ初心者におすすめの開業先と必要な準備

PAGE TOP