Amazonの売上げを上げる5つの方法【売上を劇的に上げるためにやるべき事】

Amazonで出品しているのに、なかなか売れない、最初は売れていたのに最近売れなくなって来た、と感じている方は多いと思います。

今回はそんな方に向けて、伸び悩んでいるAmazonの売上げを上げる方法についてお話ししていきたいと思います。

 

  1. ショッピングカートを獲得して売り上げを上げる
  2. 価格を見直す
  3. 売れやすい説明文の書き方
  4. 売れるサイクルの作り方
  5. 店舗名を変えて売り上げを伸ばす

5つの手順を踏んで、手堅く売り上げを伸ばしていきましょう。

 

 

ショッピングカートを獲得して売り上げを上げる

Amazonには1商品につき1ページという決まりがあります。

複数のショップが同じ商品を販売していますが、トップページに表示されるのは1つのショップだけなのです。

Amazonの購入者のほとんどはトップページ右側に表示されている「カートに入れる」で購入するので、トップページに表示されるショップの商品だけが購入されることになります。

 

トップページにショップが表示されることを「カートを取る」と言います。

カートを獲得出来ていないショップでは、目立たない場所に表示されるので、カートの獲得がAmazonで売り上げを上げる一番の方法です。

 

カート獲得の条件には

  • 注文不良率
  • 配送スピード等、商品購入時に提供されるショッピング体験全般
  • Amazonに出品している期間や取引数
  • 大口出品であるか
  • その他の出品者のパフォーマンスの指標

などが関わってきます。

また、FBA(フルフィルメント By Amazon)の出品者なら、新たに出品するFBA商品は自動的にショッピングカートボックスの獲得資格を得ることができるので、上手く活用していきましょう。

 

価格を見直す

商品を初めて出品する際には、同商品の価格をリサーチした上で最適な価格を設定しているかと思います。

ですが価格は、需要と供給、激しい価格競争の中、日々動き続けているのです。

遅れを取らず商品が売れ続けるようにするには価格の見直しが必要不可欠です。

 

ここでは価格を見直す2つのポイントをお伝えしていきます。

  • 売れる価格帯を見極める
  • 価格変更のタイミング

 

売れる価格帯を見極める

新品の場合はカートの価格に合わせてついていくのが基本です。

カートを取っている人が少なく在庫も少ない場合は、値段を高く設定しておくことも有効です。

カートを取っている人の在庫が無くなれば、自ずと自分の商品が売れるでしょう。

 

その場合は1人だけ売れ残ることのないように、過去と照らし合わせて価格を設定する必要があります。

中古の場合は新品と違い、最安値の商品が必ず売れるわけではありません

状態付属品の有無によっても左右されます。

 

仕入れの価格が同じでも本体しかない商品と、箱や説明書が揃っている商品では売り値と利益が変わってきます。

中古の場合は出品者の評価の件数によっても購入率が変わるので気をつけるようにしましょう。

 

価格変更のタイミング

価格とは、需要と供給のバランスによって常に動き続ける生き物と言えます

出品者が増えてくると競争原理によって価格は下がります。

また、出品者が減ったとしても、商品に需要さえあれば価格は上がっていくのです。

 

出品したまま放置していると、あっという間に置いていかれてしまいます。

最低でも7日に一度は価格を見直すようにしましょう。

amazon seller centralのアプリでも簡単に価格の変更が行えるようになりました。

週に一度の見直しの日を作り習慣付けるようにしましょう。

 

売れやすい説明文の書き方

商品説明文をうまく使うことで、商品を売れやすくすることができます。

逆に下手な文章になると売れにくくなってしまうので、以下の2つに注意しながら、説明文を書くようにしましょう。

  • 必要な情報とは?
  • アピールポイントをは最初の3行に集約させる

 

必要な情報とは?

ページ内で一番目立つ説明部分は商品の状態や使用の項目です。

ここでは文字制限があるので、簡潔な文章を書くように心掛けましょう。

新品の商品だと、シリアルナンバーを控えていることや、メーカー保証の有無なども書いておきましょう。

 

洋服や靴などのアパレルではサイズクリーニングの必要性も購入の際に知りたい情報です。

具体的な数字や表現を使って伝わりやすい文章で書くようにしましょう。

 

商品の状態やコンディションの説明は、中古品を扱う上では必須の項目なので、慎重に文章を組み立てる必要があります。

返品やクレームにを避けるためにも、商品の状態に関しては良い点も悪い点も正確に伝えるようにしましょう。

箱や説明書の有無や状態についても一緒に書く必要があります。

 

商品紹介コンテンツでは2枚の画像を挿入することが出来ます。

見栄えがかなり良くなり、目にも止まりやすいのでできるだけ設定しておきましょう。

 

アピールポイントは最初の3行に集中させる

長く説明文を書いても、最後まで読んでくれる人はほとんどいません。

特にAmazonの説明欄は「続きを読む」をクリックしないと最後まで読めないようになっています。

わざわざ1クリック挟んでまで説明を読むよりも、そのページ内で欲しい情報を全て補完できるものの方が好まれます。

 

なので、他商品との比較に必要な情報や出品商品のアピールポイントは3行内に入るように書きましょう。

 

売れるサイクルの作り方

新商品の売り上げを伸ばすには、売れるサイクルの仕組みを理解し上手く活用していくことが重要です。

サイクルに入るために必要なのは新着ランキングに掲載されること。

新規出品した商品には、検索結果の上部分に「新着」のマークが一定期間付くようになります。

新着ランキングに掲載されるかは、この期間にどれだけ商品が売れるかかかっています。

 

商品を登録して放置するのではなく、下記の2つの対策で売り上げを伸ばしましょう。

  • 商品ページを最適化する
  • スポンサープロダクト広告を活用する

 

商品ページを最適化する

商品を登録する最初の段階で、商品ページが直接売り上げに繋がるように作られていないと売れません。

購入の決め手が見えなかったり、そもそも検索から商品のページに辿り着けないようでは売れるサイクルには程遠いです。

  • 登録する画像や写真の枚数を増やす
  • 多くのキーワードでヒットするように設定する
  • 商品の魅力が伝わるような文面を入れる

このようにページを最適化することでアクセスされないという悪循環に陥ることはなくなるでしょう。

 

スポンサープロダクト広告を活用する

検索結果やランキングの上位に入っていると購入者への商品の露出はとてつもなく多くなり、当然売り上げも上がります。

販売実績の無い新商品では、対策を打たないまま検索結果やランキングで上位の商品に勝つことは不可能です。

新商品がそんな強者達と戦う為にはスポンサープロダクト広告を活用するのが1番です。

 

スポンサープロダクトは、低予算で広告をかけることができるので、アクセス数を上昇させ一気に売り上げを上げることができます。

ここで気を付けたいのが広告出航後の管理についてです。

スポンサープロダクト広告を出稿すれば終わりではありません。

管理を徹底してこそ、最大の効果を得ることができます。

 

店舗名を変えて売り上げを伸ばす

店舗名を決める時はどのように決めていますか?

個人で出品している場合でも、店舗名次第で売り上げが変わってくるので思いつきで決めるのはやめておきましょう。

ではどのような店舗名がふさわしいのか、店舗名を決めるさいのポイントを見ていきましょう。

 

  1. 店舗のイメージを高める
  2. 実際にありそうな名前にする
  3. 専門性を出す

店舗のイメージを高める

良い店舗名が思い付かないからと名前や誕生日を組み合わせて店舗名にするのはオススメしません。

個人が出品しているように感じられるからです。

もし、あなたが購入者の立場なら、個人で出品している人から購入する場合、商品の品質は大丈夫だろうか?きちんと配送を行ってくれるか?返品への対応は大丈夫か?など、多くの不安が出てくると思います。

 

Amazonの客層が求めているのは信頼感です。

店舗名はお店の顔でもあるので、顧客への信頼にも大きな影響を与えます。

名前を決める際は、どんなイメージを与えるのかよく考えて決めるようにしましょう。

 

実際にありそうな名前にする

良い店舗名にするには、街中を歩いていて見かけそうな名前にすることです。

  • 〇〇屋
  • 〇〇店
  • 〇〇工房
  • 〇〇本舗

などがオススメです。

平凡に感じるかもしれませんが、個人名を使うよりも良いイメージを与えることができます。

また、県名や地域名を加えると、その地域独特のイメージを付け加えることができるのでオススメです。

 

専門性を出す

一部のジャンルに特化した商品を扱っている場合は、

  • 〇〇専門店
  • 〇〇音楽堂
  • 〇〇書房

など、名前を見ただけで何を売っているのかが分かる店舗名にするのも良いでしょう。

 

専門的な名前にすると、「そのジャンルに詳しそう」「他には無い商品が売っていそう」と購入者に思ってもらえます。

専門性を重視している人から購入してもらいやすくなるでしょう。

 

どんな店舗名だと売れやすくなるのかは分かって頂けたと思うので、どのタイミングで店舗名を変更するべきかお伝えしたいと思います。

店舗名が上記のように分かりやすいものになっている場合、後ろに付加価値として付け加えて行くのが良いでしょう。

 

例えば「〇〇屋」の部分は変更せずに、後ろに追加した名前「〇〇屋△△△」に変えていきます。

店舗名の変更は、広告手段としても使うことができるので、

  • セールを開催したい時
  • 実績を追加したい時
  • 古物許可証を取得した時

などの際に変更すると良いでしょう。

 

セールの場合は「〇〇屋 ポイント還元セール!」や、「〇〇屋 夏の大セール中!」などに変更すれば、購入者は一目でセール中だと分かるので、有効な宣伝になります。

 

販売実績をアピールするのも、安心して購入してもらうのにとても有効です。

評価数はサイトから確認することができますが、販売実績は出品者が表示しないと知ることができない情報です。

販売実績のある出品者から買いたいと思うものなので、積極的にアピールすると信用を得ることができるでしょう。

「〇〇屋 年間取引数3000件以上!」「〇〇屋 Amazon評価1000件以上!」と書き加えましょう。

 

古物商許可証を取得ですると「〇〇県公安委員会 第〇〇号」という番号が発行されます。

取得できた方は、店舗名に上記の文言と番号を付け加えると、公式機関から古物取扱の許可を受けた、信頼できるお店だとアピールすることができます。

古物許可証を受けていない人達との差別化を測ることが出来るので、オススメです。

 

まとめ

今回はAmazonでの売り上げを上げる方法について紹介してきました。

Amazonではカートボックスの獲得が商品を販売を上げるには一番重要だと言えるでしょう。

 

また明確な数字が公表されていないので確実な取得方法はありませんが、記事内で挙げた条件を満たしてまずはカートの取得を目指しましょう。

他にも、今回の記事を参考に売り上げUPを実現させてください。

 

 

 

関連記事

  1. Amazonで売れる商品ページの作り方【大事なポイントを解説します】

  2. Amazonに個人で出品する方法【必要な費用や店舗名について解説します…

  3. Amazon広告の種類と特徴【仕組みや運用のコツもご紹介します】

  4. Amazon輸出ツールアマトピアのおすすめの機能

  5. Amazonの販売促進に効果的な集客方法【売上げを伸ばす集客のコツ】

  6. 【Amazon広告】オートターゲティングを効果的に活用する方法

  7. Amazon商品ターゲティング広告の活用方法【向いている商品の特徴は?…

  8. Amazon広告の始め方と設定方法【仕組みを詳しく解説します】

PAGE TOP