Instagramの「ショッピング機能」とは?【設定・活用方法を詳しく解説します】

近年Instagramのユーザーは増え続けており、SNSの中でもLINE、Twitterに次ぐ第三位の利用率となっています。(2020年現在)

インタグラムのは写真や動画の投稿をシェアするものだと思っている方が多いですが、それだけではありません。

 

日本人の多くはInstagramを見て商品やサービスを購入していると言われており、買うものを決める為にインスタグラムを使っているといっても過言ではないでしょう。

Instagramは景色や食事などの素敵な写真をシェアする場としてだけではなく、今や製品やサービスを発見する場としても利用されているのです。

また、Instagramの投稿は大きな影響を与え購入意思を刺激する場となっています。

 

 

インスタグラムではこういったユーザーの動き促進するため、2018年に「ショッピング機能」をリリースしました。

この機能により、インスタグラムの投稿に値段や商品名をタグ付けできるようになったのです。

リンクされた商品詳細ページにそのままとぶ事もでき、ネットショップ集客には欠かせない機能となりました。

 

2019年にはショッピング機能を広告配信する事も可能になり、ますますInstagramが製品やサービスを発見する場として利用されるようになっています。

 

 

現代において、大きな影響力を持つInstagramでの集客は欠かせません。

こちらでは、Instagramのショッピング機能とは?について、また、設定・活用方法を詳しく解説します。

 

 

Instagramの「ショッピング機能」とは?

インスタグラムのショッピング機能(Shop Now)とは、Instagramの投稿のタグ付けと同じように、投稿に商品名や値段をつける事が出来る機能です。

ショッピング機能を利用していると、フィードやビジネスプロフィール上の写真の左下に、ショッピングバッグのアイコンが表示されます。

投稿のタグをタップすると、そのまま商品ページに遷移する事ができます。

 

ショッピング機能が登場する前は投稿毎にURLリンクの設置する事ができなかったため、Instagramで商品を紹介するだけでしたが、

機能がリリースされてからは直接ECサイトにリンクできる「製品タグ付け」が可能になった事で、

ユーザーが高い興味を持った状態で購入画面へ誘導する事ができるようになりました。

 

さらに、

  • アカウント内にショップが表示される
    (製品タグを付けた投稿が9個以上ある場合に、ショップにまとめて投稿が掲載される。)
  • 複数の商品をまとめて紹介できる
    (一画像につき5点まで製品タグを付けられる。複数画像の場合は20点まで。)
  • Instagram経由で売上を可視化できる
    (投稿を通じて購入者数を把握する事が可能。)

など、どんどんショッピング機能が追加され性能が上がっています。

 

Instagramの「ショッピング機能」のメリット

インスタグラムでショッピング機能を活用するメリットとしては、以下が挙げられます。

 

  • Instagramの利用者が多い
  • 購入ページまでがスムーズ

 

Instagramの利用者が多い

日本国内のInstagramユーザーは月間で3,300万人にも上り、特にほかのSNSに比べて年齢層の若いユーザーが多いです。

男女の利用者率は男性が43%、女性が57%と若干女性が多い傾向にありますが、だんだんとその差はなくなり男女ともに利用されている人気SNSとなっています。

 

世界的にもInstagramのユーザー数は5億人を突破しており、どんどん増え続けていると言えます。

他のSNSと比較しても、近年圧倒的な成長を見せているのがインスタグラムです。

 

これだけ利用者が多いSNSですから、その影響力はとても大きいです。

利用者が多い=投稿を見てもらえる機会も増えるので、ショッピング機能を活用すればたくさんの人に商品をみてもらうことが出来るでしょう。

結果として売上が上がるのは間違いありません。

 

購入ページまでがスムーズ

インスタグラムのショッピング機能では製品名や値段をタグ付けする事ができ、ユーザーがタグをクリックすると商品ページに遷移します。

気になった商品があればタッチするだけで直接ECサイトを開けるので、購入までがとてもスムーズです。

 

また、ユーザーの購入意欲が高い状態で商品ページと決済まで誘導できるので、購入率も各段に高いです。

前まではInstagramで欲しいと思った商品があっても自分でECサイトから探さなければならなかったり、投稿者にDMなどで聞く必要がありましたが、

ショッピング機能ができてからはそういった手間が一切なくなりました。

 

ユーザー側も購入までのストレスが大幅に減るため、販売機会の増加に繋がるでしょう。

 

Instagramで「ショッピング機能」を利用するための条件

ショッピング機能は、誰でも使う事ができるわけではありません。

Instagramで「ショッピング機能」を使うためには、下の条件をクリアする必要があります。

 

  1. Instagramビジネスアカウントである事
  2. Facebookページとリンクさせる事
  3. Facebookへ商品登録する事

 

Instagramビジネスアカウントである事

Instagramビジネスアカウントとは、企業がInstagramのアカウントを運用する際に便利なツールを使う事ができるアカウントです。

ビジネスアカウントにするとInstagramのアカウントページに連絡先ボタンを設置出来たり、ショップの位置情報などを掲載する事ができます。

 

企業向けのアカウントになっていますが、個人でも無料でビジネスアカウントに切り替えが可能です。

電話やメール、店舗などへの道案内など、商品やサービスの対応方法を設定し、ユーザーとやり取りがスムーズに行えるようにしておくと良いでしょう。

 

Facebookページとリンクさせる事

Instagramでショッピング機能を使うためには、Facebookページとリンクさせる必要があります。

ビジネスアカウントに切り替える際は、Facebookページとのリンクは任意なのですがショッピング機能を利用したい場合は必須です。

 

Facebookページにリンクさせる方法としては、以下の2つがあります。

  • Facebookにショップセレクションを追加する
  • ビジネスマネージャーでカタログを利用する

 

Facebookへ商品登録する事

Facebookページとのリンクが完了したら、Facebookへ商品を登録します。

商品登録の手順は以下です。

  1. Facebookページに「ショップタグ」を出す。
  2. Facebookページの「ショップセクション」を設定する。
  3. ショップセクション」から商品の写真や情報を登録する。

 

Facebookに商品が登録されると、Instagramでショッピング機能を利用できるかどうかの審査が自動で行われます。

審査の結果は通常数日以内に連絡がきますが、アカウントによっては詳細を確認するために審査が長引く場合もあります。

 

 

Instagramの「ショッピング機能」の設定・投稿方法

ショッピング機能の審査が完了しいよいよ利用できるという状態になったら、積極的にショッピング機能を活用しましょう。

まずは投稿に製品のタグ付けや製品スタンプの追加を行います。

 

下記の手順で製品にタグ付けをしていきましょう。

  1. 投稿する写真を選び、キャプション・エフェクト・フィルターの設定を開く
  2. タグ付けしたい写真の製品をタップする
  3. タグ付けしたい製品の名前を入力し選択する
  4. 「完了」し最後に「シェア」をタップする

 

なお、タグ付けされた製品タグには商品名と値段が表示されます。

新しく投稿する写真だけではなく、過去に投稿した写真にも製品タグが付けられるので、どんどんつけていきましょう。

1枚の写真に付き5個の商品までタグ付けが可能で、複数枚の場合は最大20個の商品をタグ付け出来ます。

 

 

また、製品タグは「ストーリーズ」にも利用可能となっています。

ストーリーズに製品タグを追加する手順は以下です。

 

  1. ストーリーズに載せたい写真や動画を選択する
  2. 「スタンプトレイ」から製品スタンプを選択する
  3. 「カタログ」から製品を選択する
  4. ストーリーズで表示したい位置に製品スタンプを移動させる。
  5. 最後にシェアボタンをクリックして投稿完了

 

なお、ストーリーズに投稿する場合は投稿1件につき製品スタンプ1個までとなっています。

ただし「投稿」とは違って一度アップしたストーリーズを編集する事は出来ないので、注意しましょう。

 

Instagramで「ショッピング機能」を活用する方法

Instagramの投稿やストーリーズに、ただ製品タグやスタンプを付けただけでは売れるようになるとはいえません。

ユーザーが何を求めているのかに注目し、ニーズに合わせた投稿を心がけることが重要となります。

こうする事で、Instagramのショッピング機能を通して多くのユーザーをECサイトへ誘導できるはずです。

 

ユーザーのニーズに合わせた投稿をするためにも、以下の二つのポイントを意識しましょう。

  • ハッシュタグを使い分ける
  • ショッピング機能のインサイトを活用する

 

ハッシュタグを使い分ける

ハッシュタグとは、Instagramに投稿やストーリーを投稿するときにつける「#」のことです。

Instagramでは、商品名や場所、趣味や話題などにハッシュタグを付けて投稿することで、同じ趣味や話題を持つ人を見つけたり探すことが出来ます。

2016年に行われた「ハッシュタグ検索と購買行動の関係性」の調査では、約6割の女性がハッシュタグによる検索を活用しているという結果が出ました。

 

また、その中からさらにハッシュタグによる検索をして商品やサービスを購入した割合は4割にものぼります。

これらの結果から、ハッシュタグがユーザーの購買行動に大きな影響を与えているという事が分かりますね。

 

ハッシュタグを上手く活用する事が、Instagramのショッピング機能を使って集客するときの鍵となります。

 

ショッピング機能のインサイトを活用する

ショッピング機能の「インサイト」とは、instagramが公式に提供している分析ツールの事を指します。

具体的には、フォロワーの年齢属性や男女比、地域などのデータや、投稿ごとのリーチ数、インプレッション数、保存数のデータを観覧できます。

 

また、投稿に製品タグを付けた場合は宣伝のインサイトとなるので、普通の投稿と違うデータが取得できます。

通常取得できるデータに加えて、投稿のタグから開かれた製品ページのビュー数や、製品ページのクリックされた数などを確認できます。

 

Instagramのショッピング機能で「インサイト」を活用すれば、よりユーザーのニーズにあった投稿を目指せるでしょう。

 

最後に

Instagramの「ショッピング機能」とは?について、また、設定・活用方法を詳しく解説しました。

 

今や日本国内の三大SNSとなったInstagramは、ショッピング機能が追加されたことでECサイトの集客に欠かせないものとなりました。

Instagramのショッピング機能を積極的に活用し、ビジネスを促進させていきましょう。

 

関連記事

  1. Amazonで食品や飲料を出品する方法【出品許可申請について解説します…

  2. LINE公式アカウントの運用方法【機能別で分かりやすく解説します】

  3. アマトピア導入支援コンサルティングが2020年IT導入補助金事業の対象…

  4. 越境ECとは?【おすすめのプラットフォーム7選を比較します】

PAGE TOP