集客時に使うSNSはどれがいい?【特徴と使い分けの方法を解説します】

デジタルで集客をするのが当たり前の時代となった今、特にその中でもSNSを使った集客の方法が人気となっており、多くの企業がSNS集客を実践しています。

SNS集客を行えば、SNSの膨大なアクティブユーザーをターゲットにできるだけではなく、リツイートやシェア機能によって投稿が拡散される事で、ターゲット層以外への集客効果も見込めます。

 

低コスト低リスクハイリターンのSNS集客はメリットが多いですが、実際に集客に活かせている企業は一部しかいないことも事実です。

SNSを集客に活かせていない例でいうと、例えば複数のSNSに同じ投稿をしたり、何も考えずにSNSに投稿してしまっているパターンが挙げられます。

SNS集客を行い最大限に効果を発揮するには「とりあえず投稿すれば良い」のではなく、各SNSの特徴をきちんと理解し田植えで、それぞれのSNSに合った運用方法を実践すべきなのです。

 

こちらでは、集客時に使うSNSはどれがいい?について、それぞれのSNSの特徴と使い分けの方法を解説します。

さらに、集客ツールとして最適な業種や業態もご紹介するので、

SNS集客を行っているが効果が出ない」「どのSNSが効果的なのか分からない」という方は、是非参考にしてください。

 

 

集客時に使えるSNSの種類と使い分けの方法

まずは、集客時に使えるSNSの種類と使い分けの方法をご紹介します。

集客に欠かせない主要SNSとしては、以下の4つが挙げられます。

  1. Twitter
  2. Instagram
  3. Facebook
  4. LINE

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

Twitter集客の特徴

Twitterとは

Twitter(ツイッター)は、企業のキャンペーンなどによく活用されているSNSで、20~40代のユーザーが大半のため、比較的若いユーザーが多い印象があります。

また、日本におけるTwitterの月間アクティブユーザー数は4,500万人で、各種SNSの中で、LINEに次ぐ国内第2位のユーザー規模を誇っています。

 

特に10代になると、FacebookよりもTwitter利用者が圧倒的に多く、また、高齢者のユーザー数はかなり少なめです。

ツイッターの利用者の男女比を見てみると、男性ユーザーのほうが女性ユーザーよりやや多くなっています。

 

Twitterの特徴

リツイートという独自の拡散機能で、「バズる」と投稿が爆発的に拡散されることがあります。

また、Twitterではタイムラインフィードに時系列順に投稿並ぶ仕組みとなっています。

 

最新の内容を投稿すれば上位表示が可能となり、その分多くのユーザーに投稿を見てもらえる可能性が高くなると言えます。

ただし、Facebookに比べて気軽に投稿ができるため投稿数もかなり多く、投稿頻度を高めないとツイートをしてもすぐに埋もれてしまうでしょう。

なので、いいね!やコメントなどを稼いでたくさんの「リツイート」をもらい、幅広いユーザー層に自社ツイート(投稿)を見てもらえるような工夫が必要となります。

 

他のSNSと比較する拡散力が高いので、広範囲に集客効果を生み出すことができるのが、Twitterの一番のメリットと言えます。

ただし注意点もあり、拡散されやすい=投稿内容に不備があったり不適切な場合は、あっという間に拡散されて炎上する事があります。

ツイッター集客では投稿頻度が重要だと述べましたが、適当な投稿や焦って作ったツイートはなど、不用意な投稿をするのは避けた方が良さそうです。

 

また、Twitterには「Twitter広告」という広告サービスがあるので、広告を活用する事でユーザーのツイートと関連性の高め、反応率を上げることができます。

比較的低コストで広告運用ができるので、Twitter広告を活用してみるのも手でしょう。

ただ、広告配信のターゲティング精度はFacebookよりも低いため、注意しましょう。

 

Twitter集客に向いている業種

Twitterでの集客に向いている業種としては、「若年層をターゲットとした商品やサービスを提供している企業」や「イベントやキャンペーンを開催し積極的に集客したい企業」が挙げられます。

Twitterは気軽に投稿が可能なために若年層の投稿率・利用率が高くなっています。

なので、上記のような企業が集客として利用すると、そういった層との親和性が高くなるので相性がいいです。

 

また、イベントやキャンペーン投稿にも強いという特徴があるので、話題性の高いイベントやキャンペーンの告知をする事で「リツイート」によって拡散され、参加者を増やすことができます。

Twitter集客ではとにかくいいね!とリツイートを獲得する事を意識して、話題性のあるツイートを心がげると効果的です。

 

Instagram集客の特徴

Instagramとは

Instagram(インスタグラム)は、画像や動画の投稿を主としたSNSで、2012年4月よりFacebookのグループ会社になりました。

近年急激な伸びを見せており、2019年時点のアクティブユーザー数は3,300万人にも上って、Facebookのアクティブユーザー数を超える結果となりました。

利用者の年齢層は20~40代が大半ですが10代のユーザーも多く、男女比は若干女性の方が多くなっています。

 

Instagramの特徴

Instagramは、他のSNSと違い文章だけ投稿する事はできません。

なので、画像や動画を使って投稿する事になりますが、この見せ方が非常に重要となってきます。

 

一時期「インスタ映え」という言葉が流行した際に、映える写真を撮るためだけに出かける女性が止みませんでした。

それだけInstagramでは「話題性の高い写真」「おしゃれな写真」「ユニークな写真」の価値が高く影響力があるのです。

なので、そういった影響力のある写真を使う事で、集客性も高くなると言えるでしょう。

 

ただし、Facebookのグループ会社となったため、投稿フィードのアルゴリズムもFacebookと同様になっています。

新しい投稿が決まって上位表示されるわけではなく、投稿自体のクオリティや関連性によって上位表示されるかが変わるというわけです。

InstagramもFacebookと同様にフォロワーとのにコミュニケーションが重視される傾向にあるため、まずは投稿でユーザーの関心に近づける必要があるでしょう。

 

Instagramは画像と動画投稿のSNSとなっているので適当な写真ではユーザーの興味関心を引く事ができません。

どういった写真であれば興味をもってもらえるか、しっかりと考えたうえで投稿しなければ意味がありません。

 

また、InstagramにはTwitterのようなリツイート機能が用意されていないため、基本的に投稿をシェアできません。

しかし、代わりに「ハッシュタグ」という機能があるので、このハッシュタグを投稿に含める事で、投稿を見てもらえる可能性が上がります。

Instagramのハッシュタグを使えば、ターゲットユーザーを狙った投稿ができるので是非積極的に活用してください。

 

Instagram集客に向いている業種

Instagramでは特に「アパレル商品や雑貨を販売している企業」と相性が良いです。

Instagram集客は女性中心になるイメージがありますが、男性の場合も商品ビジュアルを確認したいという目的でハッシュタグから商品を検索する事があります。

商品を探す1つの手段としてInstagramを使っている方も多いので、こういったユーザーを取り込めるように魅力的な投稿を心がけましょう。

Facebook

Facebookとは

Facebook(フェイスブック)とは、企業の導入比率が高く、また30~40代の利用者が多いSNSです。

国内アクティブユーザー数は2019年時点で約2800万人となっており、一部の高齢の方もFacebookを使っています。

これに対して逆に10代の利用率はかなり低く、女性より男性の利用比率の方が高い傾向にあります。

 

Facebookの特徴

Facebookの投稿フィードは時系列順ではなく、Facebook独自の「エッジランク」というアルゴリズムによって投稿表示順序が決まっています。

エッジランクには投稿の鮮度以外にも、投稿とユーザーと関連性や親密度、投稿の質が関係しています。

なので、定期的に投稿をするだけではなく、投稿の評価が上がるような写真や動画を使う事が重要となります。

 

また、企業がユーザーと親密度を高めたり評価を上げるためにも、いいね!やコメントなどもらえるような共感性の高い投稿を意識すべきです。

特にFacebookの利用者は細かく個人情報を設定しているユーザーなので、ラフな投稿よりも重みのある稿のほうが、反応を多くもらえるでしょう。

なので、投稿中の文章も一言でだけではなく、しっかりと文章を考えて相手に気持ちや内容が伝わるように、詳しく書くようにしましょう。

 

また、Facebookには「Facebook広告」という広告サービスがあり、ターゲットユーザーを細かい項目で絞り込んで配信が行えるという特徴があります。

そのため「Google広告」のような、コンバージョン率が高そうなユーザーだけに広告を流したい場合に最適です。

 

Facebook集客に向いている業種

Facebook集客に向いている業種は、「ターゲットの年齢層が比較的高い商品やサービスを扱う企業」や「信頼性や重み重視している企業」です。

具体的な例でいうと、不動産や保険などの販売するターゲットの年齢層が高い商品やサービスを提供している企業という事ですね。

Facebookで集客を行うことで、ターゲットを絞り込んで効率的に集客が行えるというわけです。

 

LINE集客の特徴

LINEとは

LINEは、2019年時点でアクティブユーザーは7600万人を誇るコミュニケーションアプリです。

通話やチャット機能があり、最近ではプライベートだけではなく仕事のグループを作って利用している企業も多いですね。

男女比はやや女性の方が多いようですがほとんど変わりなく、利用ユーザーの年齢層もかなり幅広いです。

 

また、LINEでは「LINE公式アカウント(旧「LINE@」)」と呼ばれる企業向けのアカウントを作成する事ができます。

なので、このLINE公式アカウントを活用する事であらゆる業種の集客に役立てることができるでしょう。

 

LINE公式アカウントの特徴

LINE公式アカウントでは、キャンペーンやイベントに関するメッセージを送信したり、通常のLINEのトークのように一対一で会話する事ができます。

LINEを受信すると、プッシュと音で通知してくれるので、ユーザーへの注意喚起力が高いのも魅力の一つです。

情報拡散力は低いものの、メールのように情報伝達力に優れており、親密度を高めるという意味でも有効な集客方法だと言えます。

 

ただし、他SNSと違って投稿やメッセージを送りぎると「スパム」のようになってしまい、ユーザーととの信頼度が崩れてしまうので注意ましょう。

セールやキャンペーンなどのタイミングに合わせて、セール情報やクーポンなどをユーザーに直接届ける事ができるので、他のSNSに比べてダイレクトに集客ができます。

ユーザーに確実にメッセージを届けられるというメリットを活用し、新規顧客を優良顧客へと引き上げてリピート集客する際に最適です。

 

LINE集客に向いている業種

SNSの中でもずば抜けてユーザー数が多いLINEは、年齢や性別関係に偏りがなく多くのユーザーが日々利用しています。

特に、「実店舗がありリピーターを増やしたい企業」「新規顧客やファンを増やしたい企業」には最適でしょう。

プッシュ通知でLINEユーザーとの愛着度を上げる事で、商品やサービスの注文数をグンと伸ばすことができるはずです。

 

【まとめ】集客時に使うSNSはどれがいい?

集客時に使うSNSはどれがいいのかについて、主要SNS4つの特徴と使い分けの方法を解説しました。

それぞれのSNSには最適なアプローチ方法、最適な業種があります。

今回の記事を参考にして、是非SNS集客を始めたり、実践されている方は見直してみてください。

SNS集客を活用して、売上アップを狙いましょう。

 

 

関連記事

  1. 楽天で商品が売れない?【売れる商品ページの作り方を解説します】

  2. Twitter集客の活用方法と成功事例【特徴やメリットについても解説し…

  3. ネットショップの開設場所おすすめ比較します【無料・有料別】 

  4. コンバージョン率(CVR)を上げる方法【考え方や対策を解説します】

  5. ネットショップの開業方法と必要な準備【始め方を丁寧に解説します】

  6. インスタ広告の運用方法と活用事例【特徴やポイントを解説します】

  7. SNSマーケティングの効果や活用のコツご紹介します【企業の成功事例に学…

  8. ネットショップのSNS集客の方法【特徴やメリットも解説します】

PAGE TOP