楽天で効果的なSEO対策と検索上位表示のための3つの施策

楽天市場は、この日本で最大級のインターネットショッピングモールです。

最大規模のインターネットショッピングモールにふさわしく、楽天市場そのものにはとても強い集客力があります。

その為、楽天市場にはたくさんのショップが出店されています。

 

では、どうすればそのたくさんのショップの中から、自社の商品を購入されるようになるのでしょうか。

購入してもらうためには、まず商品を見てもらう必要があります。

見てもらうための重要な施策の一つが「楽天SEO対策」と呼ばれるものになります。

楽天市場の強い集客力を生かし、活用することができれば自社の商品が購入されるきっかけになります。

 

この「楽天SEO対策」を行っていけば、楽天の商品検索で自社商品を上位表示されるようになり、購入したいと思う人達の目にとまりやすくなり、商品の認知度が上がります。

認知度が上がれば、商品購入の対象に入るので購入してもらうチャンスをつかむことができるようになります。

今回は、楽天SEO対策として検索上位表示のための3っの施策をご紹介していきます。

 

 

楽天SEOとは?

最初に「楽天SEO対策」についてご紹介していきます。

そもそも「SEO対策」とは何なのでしょうか?

SEO対策とは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の頭文字をとった略称です。

 

優良な外部リンク(外部施策)・ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供し、適正に検索エンジンにページ内容を理解や評価され、技術的にWEBページを最適化(内部施策)することで、

楽天のみならず、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワード検索を行えば、自分のサイトや商品が検索ページの上位に表示されることを意味しています。

 

もっとわかりやすく言えば「たくさんの検索エンジン(楽天やGoogle・Yahoo!など)に商品やサイトが優良と判断され、検索ページの上位に表示されていること」です。

検索ページの上位とは、検索結果のページの1ページ目と考えればいいでしょう。

 

もちろん2ページ目や3ページ目でもかなりの上位ですが、購入したい側からすると3ページ目までページを見に行くことはあるでしょうか?

たとえよく見たとしても、4~6ページくらいまでしか見ないでしょう。

購入したい・商品を見たいと思う人の目に止まりやすくする方法がSEO対策だと思ってもいいでしょう。

 

今回の「楽天SEO対策」でいえば

商品検索ページの1ページ目に表示されるように対策することを言います。

 

楽天市場で上位表示されている商品の特徴

楽天SEO対策も必要ですが、まずは具体的に上位表示されている商品はなぜ上位表示されているのかをご紹介していきます。

  1. 売れている商品(人気商品)
  2. レビューが多い
  3. アクセスされている(クリック率が高い)
  4. キーワードが一致する

 

売れている商品(人気商品)

楽天市場内で良く売れている商品(人気商品)は上位表示されています。

商品がどれくらい売れているのか、その販売力が影響してきます。

レビューが多い

商品に対する評価が高いものは、上位表示されやすい傾向にあるようです。

レビュー内に「ショップの対応」のコメントなどもありますから、このレビュー内容を読んで購入を決める方も多いので、レビューの数も大切になってきます。

ですが、レビューが無くてもSEO対策をしっかり行っていれば上位表示されることは可能です。

アクセスされている(クリック率が高い)

アクセス(クリック)があるということは「商品に興味を持っている人がいる」と判断されます。

このアクセス(クリック)が増えれば、購入者の目に止まる率が多くなり、購入のチャンスも増えてきます。

そのための最も大切な方法は「画像で商品説明」です。

これはまた後にご紹介していきます。

キーワードが一致する

購入者がキーワード検索した時のキーワードと、ショップ側が設定したキーワードが一致した場合、上位表示されます。

この場合、上位表示される商品は人気商品(実際に購入された商品)ですが、キーワードが一致すれば上位はきびしいかもしれませんが検索結果ページの1~2ページ目に食い込むことが可能です。

 

1~2ページ目に表示されることができれば、それだけ人の目に触れやすくクリックされる回数も増えていきます。

そうすれば、自然に上位に表示されていくことも可能です。

このように実績がない新商品でも、SEO対策をしっかりと行っていけば上位表示も可能になってきます。

 

楽天市場が上位表示する商品の傾向がわかったと思います。

そこから楽天市場が重要視していることが見えてきます。

ここからはその「重要視」していることをご紹介していきます。

 

楽天市場が重要視すること

楽天に限らず、ネットショップが重要視することはなんでしょうか?

楽天市場は、たくさんの店舗が出店されている「ショッピングモール」であり、ショッピングモールは「商品を販売する場所=商業施設」ですね。

そして、商業施設の目的は「たくさんのお客さんに来てもらって、商品を購入してもらうこと」です。

 

楽天市場もインターネット上で展開している商業施設ですから、たくさんのお客さんに来てもらう必要があります。

その為にインフォメーション(窓口)でもある「キーワード検索」が必須となってきます。

 

楽天市場としての目的が「売上を伸ばす・上げる」ことであるなら、検索結果の1ページ目に表示するものは何でしょうか?

それは「今売れている商品・人気の商品」を表示させることでしょう。

 

では、検索結果の1ページ目に乗せるためにはどのようにしていけばいいのでしょか。

これから具体的にSEO対策とはどのようにしていくのかをご紹介していきます。

 

楽天で効果的なSEO対策と検索上位表示のための3つの施策

ここからは具体的な「楽天SEO対策」と「検索上位表示のための3つの施策」をご紹介していきます。

  1. 商品キーワード検索の強化
  2. 画像で商品説明をする
  3. 動画で商品説明をする

 

商品キーワード検索の強化

購入者は明確に欲しい商品が決まっている場合は商品名を検索しますが、そうでない場合は自分の欲しい商品に関連するキーワードを商品名の後に続けて検索します。

検索して、いろいろな商品を比較・検討して購入という流れになります。

 

よく検索されるキーワードの探し方①

楽天市場での検索で「検索対象」となる場所があります。

それは「商品名」です。

ですので「商品名(タイトル)」に検索されやすいキーワードを記載する必要があります。

 

楽天市場の内部施策の一つとして「キーワード検索対策」があります。

購入希望の人たちは楽天市場で検索する場合「商品+○○」と検索することが多いです。

今回は「○○」の部分にどのようなキーワードを載せればいいのかの目安をご紹介します。

 

まずは最初に楽天市場で商品を登録する時に「商品名」を載せますね。

商品名を登録する時に、「商品名」に「ミドルワード」と「スモールワード」をプラスしますが、その「ミドルワード」と「スモールワード」を決める方法をご紹介していきます。

 

まずは楽天市場に行き、検索窓に商品名を入れてみてください。

こちらでは、例として「マウス」と入れてみますね。

その時に、検索窓の下に「マウス+○○」とたくさんの表示が出ると思います。

この「○○」の部分が「マウス」と一緒によく検索されているキーワードたちです。

 

この機能を「キーワードサジェスト機能」といいます。

購入者に「他の購入者はこんな機能を持ったマウスを検索していますよ」と知らせているのです。

逆を言えば「購入者はこんな機能のマウスを探していますよ」と店舗側に教えてくれているのです。

もしも、扱う商品の機能に「○○」の部分に該当する機能があれば「商品名+○○」と商品名に入力するといいでしょう。

 

よく検索されるキーワードの探し方②

 

こちらは「レディースファッション」の検索画面になります。

レディースファッションにはたくさんのジャンル(種類)がありますが、こちらの「検索ワード」は「今このワードでよく検索されていますよ」と教えてくれています。

販売する商品が、ここに表示されている検索ワードに該当すれば上位表示されやすくなってきます。

 

これらの検索ワードやキーワードサジェスト機能を利用して、商品に関連深く・強くアピールしたい単語を「ミドルワード」と「スモールワード」に設定していきましょう。

 

画像で商品説明

二つ目の施策は「画像で商品の説明をする」です。

こちらは、楽天市場の検索結果ページを見てもらえばわかると思います。

画像を見ただけで、どんな商品かわかるものばかりあす。

もしもこれが「商品だけが写った画像」であればどう思うでしょう。

この場合だと「クリックして商品説明ページに行かないと詳細がわからない」というデメリットがあります。

 

購入者は検索結果ページの中のたくさんの商品を見ているのですから、詳しい商品説明は画像をクリックして商品の説明ページを見に行けばわかりますが、視覚的にも情報が欲しいのです。

ぱっと見の情報で「見てみようかな」と思うのです。

検索結果ページの1ページ目といえども、たくさんの商品が紹介されています。

 

キーワードが一致して上位表示されたとしても、クリックして商品紹介ページを見てもらわないと購入には至りません。

商品を撮影するだけでなく、画像に商品の特徴などを掲載して「商品をアピール」していきましょう。

 

動画で商品説明をする

「動画で商品の説明」をすることが楽天市場において上位表示される条件ではありませんが、上位表示される手段の一つであることは間違いないありません。

ネットショップでは実際に商品を手に取ることはできないため、「店頭で見比べて、値段の比較をしに来た」という場合は別ですが、

購入者はどんなにサイズが数字で表記されていても、目測でしかサイズが分からないわけです。(そばに定規などがあれば別です)

 

商品の質も柔らかさも実際に手に取るまでわかりません。

これは「ネットショップのデメリット」ですから仕方のないことです。

そのデメリットを少しでも解消する方法が、紹介ページに「商品の動画」を載せることです。

 

一番紹介しやすい商品の例で例えると「テント」でしょうか。

近年、アウトドアが人気ですし購入を検討されている人も多いと思います。

「テントを張った・畳んだ画像」よりも「動画でテントの張り方・畳み方を見る」ほうが、購入者にとってはわかりやすいという利点があります。

 

テントを張ったことのない初心者やややこしいことが苦手な人は、実際にテントを張っている動画を見て「自分にできそうか」を判断します。

動画の中で作業する人の身長などを動画内で紹介すれば、具体的なサイズも想像しやすいというメリットもあります。

 

購入者側から見れば「テントの張り方・畳み方」を動画で教えてくれる親切なショップだと思われるでしょう。

たとえ購入に繋がらなくても、クリックされているので少しずつ上位表示されていく可能性も出てくるわけです。

 

まとめ

楽天で効果的なSEO対策と検索上位表示のための3つの施策について解説しました。

楽天市場に限らず、インターネットで店舗運営をしている人にとっては「SEO」は必須の対策になってきます。

どんなに良い商品でも、購入者に見てもらわないと購入にはつながりません。

 

ましてや楽天市場は、たくさんの店が出店している「巨大なインターネットショッピングモール」です。

実際の店舗で運営するよりも「見てもらう」という点ではネットショップの方が至難の業でしょう。

ですが、検索されやすいキーワードを選ぶことができていれば、購入者の目に止まりやすくなります。

そこからクリックを増やし、購入者にとってわかりやすい紹介ページを作っていけば、購入も増え結果的に上位表示されていくことに繋がっていきますね。

 

検索されやすいキーワードはその時の状況などによって日々変化しています。

購入者の目線で「自分ならどう検索するか」を考えていけば、少しずつSEO対策のコツもつかめるはずです。

楽天市場に出店する人たちのお役に立てれば幸いです。

 

関連記事

  1. 楽天RPP広告の効果と運用方法【最大限に効果を発揮させるには?】

  2. 令和の時代を生き抜くD2Cマーケティングの手法について解説

  3. ネットショップのSEO対策の方法

  4. SNSマーケティングの効果や活用のコツご紹介します【企業の成功事例に学…

  5. Web集客の種類と優先順位【効果が高いのはどれ?いち早く成果を出すには…

  6. ネットショップの開設場所おすすめ比較します【無料・有料別】 

  7. Yahoo!ショッピングに効果的なSEO対策【検索上位表示の為の6つの…

  8. 楽天で売上を伸ばすための集客方法とは?【仕組みやポイントを詳しく解説し…

PAGE TOP