MEO対策の方法をわかりやすく解説【Googleマップ集客は店舗経営者におすすめ】

MEO対策の方法を具体的にわかりやすく解説していきます。

そもそも、「MEO対策って何ですか?」という方も多いかと思いますので、まずはMEO対策の意味を詳しく解説し、その後にMEO対策の方法をまとめていきます。

 

店舗経営者の方は、MEO対策をすることでGoogle内検索で上位表示させることができる可能性があります。

一般的なSEO対策といえばブログ記事を利用して検索上位を狙うため、少しハードルが高くなりますが、MEO対策では通常のSEO対策に比べるとハードルが少し低い印象です。

機械が苦手な店舗経営者の方でも、MEO対策であればオンライン集客を実現できる可能性があるので、ぜひそのやり方を確認してみてください。

MEO対策とは何か?

MEO対策とは、Googleマップに登録されている店舗の情報を、多くの人にみてもらえるようにするように対策することを指します。

そのMEO対策をしっかりとすることで、Googleマップ内だけではなく、Googleの検索エンジンで評価されて検索上位に表示されるようになるため、ネットからの集客がやりやすくなるメリットがあります。

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の頭文字を取った言葉です。

  • Map
  • Engine
  • Optimization

※MEOの読み方は、エムイーオーです。

MEO対策とSEO対策の違い

MEO対策は基本的にグーグルマップを最適化して検索エンジンに上位表示させる方法ですが、SEO対策はグーグルマップに限らず、検索エンジンを最適化することそのものを意味する言葉です。

つまり、MEO対策はSEO対策の中の1つであるとも解釈することができます。

もう少しわかりやすく解説すると、MEO(Map Engine Optimization)は「マップエンジン最適化」のことを指しますが、SEO(Search Engine Optimization)とは、「検索エンジン最適化」のことを指すということになります。

「新宿 飲食店」のように、「場所+業種」でGoogle検索をすると検索結果にGoogleマップ枠が表示されます。

そのグーグルマップ枠に表示される店舗情報は、基本的にMEO対策をしている店舗です。

※グーグルマップ枠には上位3店舗が表示され、それより下位を表示するにはページを移動する必要があります。

MEO対策は特定地域に対するSEO対策でもあるため、ローカルSEOとよばれたりすることも多いです。

 

MEO対策の方法

MEO対策はものすごく簡単にまとめるとGoogleマップに登録された情報を広める対策のことなので、ご自身の店舗情報がGoogleマップ上に表示されていなければ対策することができません。

そのためまずは、ご自身の店舗情報をGoogleマップに登録する必要があります。

店舗を開業して役所に届け出を出すことで、勝手にGoogleマップに登録されるかというとそうではありません。

ご自身が登録していなくてもGoogle独自の情報を基に、Googleが自動的に登録作業を進めている場合もありますがそうでない場合もあります。

ただ、新規開業の店舗や施設ではない限りGoogleマイビジネスに登録されているケースがほとんどですので、まずはご自身の店舗情報が登録されているかどうかを確認することをおすすめします。

個人事業主や中小企業経営者が開店後すぐにGoogleマップに店舗情報を登録するためには、基本的にGoogleマイビジネスに自ら登録する必要があります。

Googleマイビジネスとは何か?

Googleマイビジネスは、無料で登録して利用することができます。

このGoogleマイビジネスを利用することで、Googleの検索エンジンやGoogleマップのユーザーに店舗情報を広めることができます。

Googleマイビジネスは、Google 検索やGoogleマップなど、さまざまな Google サービス上にビジネスや組織などの情報を表示し、管理するための使いやすい無料ツールです。
引用元:Google マイビジネスについて

Googleマイビジネスを利用する際には、店舗の基本情報を入力することになります。

その際に店舗の写真などもを掲載できるため、お客様にお店のイメージを伝えることが可能です。

さらに口コミの管理や返信ができる機能や、Facebookのタイムライン投稿のようにリアルタイムの情報を発信できる機能もあります。

使いこなしている人は少ない印象ですが、その他にも分析や無料のWebサイトを作成できる機能もそなわっているため大変便利です。

MEO対策の具体的なやり方

Googleマイビジネスに店舗情報を登録して、グーグルマップ上に表示されるようになったら、MEO対策を始めていきましょう。

MEO対策の具体的なやり方として、以下の2つがあります。

  • 口コミの数や良い評価を増やす
  • 写真を定期的に投稿する

口コミの数や良い評価を増やす

MEO対策の具体的なやり方で1番わかりやすいのは、Googleマイビジネス上で口コミの数や良い評価を増やすことです。

店舗内でお客様に対してお願いをしたり、購入後のメールやLINE公式アカウントの配信を通して依頼をして、口コミ数や評価を増やすための施策を定期的に行いましょう。

特に常連客などの仲良いお客様に依頼をすると、口コミが増えやすいのでおすすめです。

最近では、FacebookやツイッターなどのSNSで依頼をしている店舗経営者の方も増えている印象です。

いただいた口コミや評価に対して個別で返信することができるので、なるべく丁寧にお返事をすると外部から閲覧したときの印象もよくなり、集客がうまくいきやすくなる可能性が高くなります。

写真を定期的に投稿する

MEO対策の効果的なやり方の1つに、写真を積極的に投稿するという方法があります

店舗の壁紙が変わったり、新しい看板や標識などが増えて店舗の様子が変わったりした際には、その様子がわかるようにGoogleマイビジネス上でも写真を更新していきましょう。

ずっと昔の写真を使用していると、ユーザー目線でみたときにもわかりずらいので結果としてGoogleからの評価も下がり、MEO対策で失敗しやすくなります。

ちなみにGoogleMapに表示される写真についてはこちらでは自由に選ぶことができず、Googleマイビジネスへ投稿した写真の中からランダムで表示されます。

ただ、管理者が投稿した写真が利用される割合が高いため、なるべく定期的に最新の写真をアップし続けることがとても重要なMEO対策の方法の1つなります。

たとえば飲食店の場合には、「外観」「内装」「メニュー」「商品」の写真などは、特にお客様が気になる情報になるので写真を定期的に投稿しておくことがオススメです。

MEO対策を行う上で知っておきたいノウハウ

MEO対策を行う上で知っておきたいノウハウを紹介します。

  • キーワードとの関連性
  • 知名度(サイテーション数)
  • 検索場所との距離

キーワードとの関連性

検索キーワードとGoogleマイビジネスの内容に関連性があるかどうかは、MEO対策で重要な判断基準となります。

タイトルや基本情報だけでなく、上位表示させたいキーワードとの関連性を高めるようにGoogleマイビジネスの内容を記載することで、MEO対策が成功しやすくなる傾向があります。

例えば、「新宿 らーめん」で上位表示させたい場合に、Googleマイビジネスの内容が「池袋のイタリアン」に関する内容であれば、あまり前ですが「新宿 らーめん」というキーワードでは上位表示されることはありません。

Googleの検索エンジンに上位表示させたいキーワードと、ご自身のGoogleマイビジネスの情報の関連性は一致しているのか、ぜひMEO対策を行う際はちゃんと確認をしながら進めるようにしましょう。

 

知名度(サイテーション数)

MEO対策をする上で、どうしても難易度が高い部分があります。

それは、対象の店舗や施設の知名度も、上位表示するにあたって重要な要素となっているということです。

いくら小手先のテクニックを使い、Googleマイビジネスの情報の関連性を高めたり、口コミや評価を増やしたとしても、知名度が高いライバル店舗に勝てないこともよくあります。

そのため、店舗自体の知名度をあげることも、ある意味MEO対策の1つといえるでしょう。

ちなみにMEO対策では、この知名度を高めることを「サイテーション」と呼びます。
※サイテーションの意味は、「引用・言及」です。

この「サイテーション」を増やすには、ブログやSNSで記載してもらえるような商品やサービスの提供を行うだけでなく、サイテーションを設置してもらえる仕組みを作ることがとても重要なMEO対策となります。

店舗や施設の名前や情報がブログやSNSでどれだけ話題になっているか、そういった知名度もグーグルマップを上位表示させるときの評価項目になっていることをぜひ覚えておいてください。

 

検索場所との距離

検索キーワードの地域名とGoogleマイビジネスに登録されている住所との距離も、MEO対策を行う上で意識しなければならない大切な要素となっています。

MEO対策は、SEO対策の種類の1つとも考えることができます。

つまりユーザー目線でみたときに価値のある情報を提供することがとても重要になるので、そういったことを考慮すると検索場所によって表示内容が変更させることにも納得がいくかと思います。

MEO対策の費用

Googleマイビジネスは無料で利用できるため、ご自身でMEO対策する際の費用は無料です。

社員にGoogleマイビジネスの作成や運営を任せる場合は人件費が発生することになりますが、自分1人でやる分には基本的に費用はかかりません。

MEO対策を代行してくれる業者もたくさんあります。

そういった業者にMEO対策を依頼する場合は、だいたい月3万円前後の費用となります。

ただ業者によっても契約内容によっても費用は変動するため、具体的な費用についてそれぞれの業者にお問い合わせしないとわかりません。

MEO対策を代行する業者を選ぶ際に、失敗しないために知っておくべきことがあります。

それは、Googleのガイドラインに従っているかどうかです。

GoogleはGoogleマイビジネスを運用する際のガイドラインを設定しています。

MEO対策の業者を選ぶ際は、このGoogleのガイドラインに準拠した運用をおこなっている業者を選ばないと、費用を無駄にします。

もしGoogleのガイドラインに違反するようなMEO対策をしてしまうと、Googleマイビジネスアカウントが停止されて、グーグルマップからの集客が今後できなくなるデメリットが発生することになります。

 

最後に

MEO対策の方法をまとめました。

ブログやYouTubeを活用したSEO対策を実践する企業も増えていますが、成果がでるまでに時間がかかったり、難易度が高かったりします。

それに比べてMEO対策は、地域によってはまだライバルが弱くすぐに上位表示できる場合もあるため、初心者の方でも検索上位を狙うことができるSEO対策といえるでしょう。

関連記事

  1. SNS広告の種類や費用を徹底比較しました【YouTube,Facebo…

  2. 楽天で効果的なSEO対策と検索上位表示のための3つの施策

  3. LINE公式アカウントの運用方法【機能別で分かりやすく解説します】

  4. Googleサジェストで表示されるキーワードを操作することはできる?

  5. 楽天RPP広告の効果と運用方法【最大限に効果を発揮させるには?】

  6. ネットショップ作成サービスのおすすめ・比較

  7. ネットショップの開設場所おすすめ比較します【無料・有料別】 

  8. Googleサジェストとは何か?どういう仕組みで表示される?【無料ツー…

PAGE TOP